stickyimage

Menu

これが私の、アナザースカイ


「ここが私の、アナザースカイ。」

タクシーを降りていつもの場所に、
スタスタ歩いていって外から一瞥する。

半笑いで見上げた先にはコンドミニアム。
そういえば、こっちに引っ越してきてから
見に来るのは初めてだった。

あれ?こんなに小さかったっけ?
当時時価総額5億円とも言われた
私にとって始まりの場所は、
いまは案外、こじんまりとして見えた。

夜の22時過ぎ。帰ってきてリビングに座るなり
その客人は私に向かってとうとうとグチをこぼした。

今まで上手くやってた仲間が持ち逃げしちゃって。
お店をやってたんだけど今は無店舗型で卸してて。
はじめは良かったけど仲があんまり良くなくて。

初日ならまだしも、2日目にもなって
そんな話しを延々と聞かされてたらたまらない。

「あのさあ、もっと前向きな話ししません?」

ちょっと気分転換に外出たほうが良さそうだな。
せっかくここまで来てくれたんだから、
何かもっと夢心地になれるような場所へ。

それで、私が脱サラして海外販売始めて、
お客様にご招待されたコンドミニアムに
連れて行ってあげたのでした。

あの時、インターネットビジネスの
可能性と私の幸運に胸が張り裂けそうだった。

タダで3週間も泊めてくれた足長おじさんは、
その別宅にたまにやってきて食事に連れ出してくれた。

どうして招待してくれたんですか?と聞く私に
「良い商品を売ってくれたから」と答えてくれた。

ふと玄関のクロックスもどきのサンダルを見て
「良い靴を履きなさい」とアドバイスをくれた。

この出来事はもうずっと昔にリアルタイムで
記事にしてるんだけど、当時を知ってる読者は
多分もういないかもしれない。

全部は覚えてないけど、ところどころ
書いたことを覚えてる。

居る間に、友人が日本からやってきた。
私はeBayの突然のリミットアップ制度の始まりで
対策を講じるのにてんてこまいで、
友人は著書の出版当日を迎えて締切り間際だった。

シンガポールまで来て、朝まで仕事。
事態がどんどん動いてることが楽しくて、
観光にも行かず、ずっと仕事ばっかしてた。

足長おじさんには、せっかく来たのに
ずっと仕事してるなんてcrazyねと言われた。
しかし私達はずっとハイテンションだった。

その時、何か約束を交わしたわけでもないし、
誓いを立てたわけでもない。

ただただ、選択肢が増えた。
可能性がゼロでないことを知った。
だから多分私はここに住んでる。

その後は近くに飲みに連れてって
女の子への声の掛け方を教えてあげた。

hi
where r u from
whats ur name
how old are u
when did u come

最初に掛ける言葉なんて、
これぐらいしかないから簡単だよ。

当時所在なく、ビールを持ってないと
手をどこに置いたら良いかわからないぐらい
所在なかった自分を思い出す。

「じゃあ帰りますか。」

一通り辺りを案内してあげてタクシーを呼ぶ。
何回か断られて道順を知ってるタクシーに乗った。
それすら客人には新鮮だったようだ。

最初から出来たワケじゃない。

でも逆の立場になったことは感じたかったし、
それと恩送りはしてあげたい。
私の見た世界、感じた世界を。

「何か、感じましたか?」

タクシーの中で
彼はまだ、ボーッとしてる。

パソコンも持たずにうちにやってきて、
旅行が好きだなんだと言っている。

ねえ稼ごうよ、そこに何の生産性があるの?

今、構築してるショッピングカートシステムは
いよいよPayPal連携にたどり着いてて
sandboxを直接イジるところまで来ている。

プログラミングを自在に操れるようになる。
いまはへっぽこだけど、書いたことは
全部現実になっている。未来が楽しみでしょうがない。

こんな話しで時間を浪費するぐらいなら、
一刻も早く目が潰れるまで勉強がしたい。

じゃあもう面倒だから詰めてやろう。
言いたいことを言うことにした。

「じゃあなんでお店もう1回やらないんですか?」
「リーダー向いてないんですよ。」

そう返事が来た。ダメダコリャ。
しかし次に言われた言葉で目が覚めた。

「週2日の店番で月利200万とかありました」

次同じことやれば儲かることは分かってるけど、
それはもう分かってることだから・・。

んーー、あれ?
やっぱ只者じゃなかったわ。。
まだトラウマの傷が癒えてないのね。

私達は当時より、複雑になっている。
ただガムシャラに稼ぐことが出来なくなってる。

目の前のチャンスになぜか飛びつけない。
しゃぶり尽くすまでやり切れない。

そんな時は・・そうだ

「とにかく忙しくしてるといいですよ。」

身になっても身にならなくても、
行動してればやる気は後から湧いてくる。
スポーツ選手が身体を温めるように。

アンスピ!にはそんな人が多い。
っていうとまた引き寄せちゃいそうだけど。

起業家 x 英会話。

仕事人間と言われようが
無我夢中の人は、時間の流れ方が早い。
パソコン開いて座ってたら
あっという間に夕方になる。

どんだけ稼いでたとしても、
働かなくても良くなったとしても、
ぼけーっとしてる人と話しててもつまんない。

私は熱中して生きたい。
何でもいいから。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2か月 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved