stickyimage

Menu

ヘッドハントされました


「空いてるので、どうぞこちらへ。」

重鎮たちに囲まれ、エレベーターに乗り込む。
扉が開いた先は静寂に包まれた特別室へ向かう長い廊下。

え?こんな場所があったんだ。
なんだか映画のワンシーンみたい。

都内の某高級ホテルでアポイント。
軽く銀座で前泊して2時間前には待ち合わせ場所に到着。

大事な話しをする時に困る時がある。
それは「どこで話すのか」。

お金の話しや条件面の話しになった時に
その辺のカフェでは中々話しづらい。

かと言って、都会のど真ん中は人が大勢いて
なかなか静寂な個室というのが確保できない。

そんな時、格の違いを感じるのが
隠れ家のごときVIP御用達のラウンジを
知っているかどうかということ。

気まずい話しも堂々と出来る、
限られた人間しか入場できない場所。

先頭を切ってロマンスグレーの紳士が
腕に抱えたコートの裾をカーペットに
引きずりながら、スキだらけで廊下を歩く。

半笑いで私はその様子を目で追いかけた。

身なりがちゃんとしてて、こういう場所だから
だらしなくても上品に見えるんだな。
このギャップは確信犯なんだろうか。

ヘッドハンティングのお誘いがありました。

2時間前に到着し、
ロビーラウンジで紅茶を飲みつつ
スマホ開いて淡々と報告事項をチェック。

周りは上品な方たちばかりだけど
混んでいるため少し騒がしい。

阿吽の呼吸で1時間前には
エージェントが私のもとに到着する。

ここで初めて、私は相手の情報をもらう。
どんな趣旨なのかも、ここで知る。

私は別に前のめりではないので、
一体、なぜ私なのかをまず彼に聞く。

私を欲しがる理由は、それは
とても意外な部分だった。

「あなたと、あなたのチームが欲しい」

今、私はプロジェクト単位でビジネスをしてます。
独立採算制を取ってて、横の連携は取らず
縦のチームごとに運営を任せています。

業績が直角に伸びていた時期は利益も相当出てたので
そりゃみんな欲しがるでしょうという感じ。
この時は不思議とこういうお声掛けは無かったですね。

しかし安定期に差し掛かってくると
業績はトントンでも人材が育ってくるのを
実感してくる時期があります。

何も指示をしなくても率先して行動してくれたり、
オフィス什器やオペレーションが出来上がってるので
持ち場をしっかり守ってくれたりするのです。

ただし業績は一時期ほどの伸びしろはない。
だけどこのチームがあれば、なんだって出来るだろうな。
このまま停滞させとくのはもったいないなと。
どうしよっかなと考えてたタイミングでもありました。

お金=結果、なので利益が出てる企業が欲しいはず。
そういう固定観念を持ってたけれど、業績ではなく
3年がかりで作り上げたチームそのものに
バリューを付けてくれたのが新鮮で、嬉しかった。

死地に自ら飛び込んで、みんなを鼓舞して
与えるだけ与えて育てたこのチーム。

見返りが欲しくてやってたワケじゃないけど、
チームビルディングにバリューがついて、
私自身の功績が初めて認められた気がした。

分かりました、会いましょうと言って
それで相手の簡単なプロファイルをもらって
アポイント時間にエージェントが取り次ぎに走り、
合意が取れたら私が遅れて待ち合わせ場所に行くという流れ。

面白いでしょ?

他はどうか知らないけど私の場合はこのパターン。
ちなみに気に入らなければ帰ることもできます。

ま、そこはエージェントもプロなので、
会いたいと思わせるオファーしかくれません。

条件としては、まず一般企業で言うところの
定年退職金ぐらいの額を先に受け取ります。

細かい話はそこから、みたいな。
具体的なことはまだ知りません。

話しの中身は、ほとんど雑談ですね。
人となりを知ることに終始します。

もちろん、その人のところに行くなら
私は100%コミットすべきなので、
この記事の更新とか続けられなくなるかも。

あなたが寂しく感じて読み続けてくれるなら
私はあなたのために続けるでしょうし。
どっちに転ぶかは知らないし、わからない。

だけど求められた場所で全力を尽くす。
不器用なんでね、それしかできない。

できれば私はあなたに選ばれたい。
面白い話したくさんするから、ね?

ずっと側に居させて。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved