stickyimage

Menu

電子書籍市場の裏側にあるもの


インターネットはリアルを食って成長してる。

その中の1つに電子書籍市場があります。
市場規模は2013年で936億円、
2014年は1266億円となっていて、
わずか1年で35.3%も伸びています。

書籍として出版するならKindle、
最近よく話しに出るのはnoteです。
note.mu/…

noteの有料コンテンツが面白いとかなんとか。
私もちょくちょく見に行ってます。

気軽に投稿できるブログなどと違って、
出版というと電子書籍でもハードルが高そうだけど、
Kindleだと個人でも簡単に出版できるし、
初期費用もかからず、ロイヤリティも高いですね。

あと、なんだか難しいフォーマットを
使わなきゃいけないのかなと思ってたら
Wordで書いた現行でもKindleにアップできるらしい。

ロイヤリティ(印税)は
70%と35%の2つが存在します。

70%の方だとアマゾン以外で販売できなくて
35%の方はアマゾン以外でも販売可能だという
違いがあったりします。

販売価格が99円のKindle本は
大抵ロイヤリティが35%の方。

ちょっとした販促本として出すのも面白そうです。

それに引き換え書籍の売上は1996年を境に
キレイな右肩下がりを見せています。

本と比べて、雑誌の売上の減少はかなり大きい。
とはいえ、人が活字を読まなくなった
ワケではありません。

読む場所が変わっただけの話です。

noteを立ち上げた加藤 貞顕さんという人は
ベストセラーになった「もしドラ」の
編集者だった人だけど、その後独立して
cakesやnoteを立ち上げました。

ネタバレすると糸井重里さんとの対談もここで読んで、
それでチャットワークの山本さんとかとの
対談を書き起こしすることを思いついたワケだけど。
cakes.mu/posts/4153…

やっぱりきちんと整理整頓されたコンテンツは
雑多なブログやTwitterの投稿と違って
読み応えがあって面白いんですよね。

そういう意味で、編集というスキルは
紙の時代でも電子の時代でも変わらず
本質的に求められているんだろうなと。

変わらないものが好きです。
普遍的なもの。

そういうのは、ブームの裏側にあると思うんだよね。

16457122799_27110f54eb_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved