stickyimage

Menu

一流アスリートに学ぶ、稼ぐモチベーションを維持する方法


とにかく、自分の集中力のなさに愕然としてました。
色んな事が気になって、夜どうしても眠れない。

チャットやメールが気になって何度もチェックしてしまう。
頭のなかが堂々巡りになって、何も始められない。

感動することは少なく、タスクばかりが積もってく。
一体誰のために、何のために働いてるんだろう。

つい最近までそんな風になって焦ってました。
良いことばかりじゃないですね。

目標はあらかた達成したし、スタートアップの時代と違って
ベースとなるヒト、モノ、カネはあらかた揃ってる。

特に趣味といった趣味があるワケでもないし、
どうしてもやりたいことがあるワケでもない。

このままダラダラ過ごしていることを、
一度リセットしたいと考えることもしばしば。

どうやったらこの状態から抜け出すことが出来るだろう?
そんな時に参考にしたのが、一流アスリートの習慣です。

中国の話しばっかしてても飽きるので、
今日は少し息抜きに話題を変えてお届けしますね。

一流アスリートには長く現役を続けるために
独特の習慣を作っています。

オリンピックやワールドカップなど、
国民全員が注目するような試合に出る選手は
物凄く大きなストレスと日々戦っています。

その中で、一流の選手が大事にしてるのが、
ルーティンワークと呼ばれる習慣。

ラグビーの五郎丸選手がボールを
蹴る前にする独特のしぐさ。

イチロー選手がバッターボックスに立つ前にする
袖を捲り上げる一連の動作。

毎日毎回同じ動作を繰り返すことで、
少しの小さな体調や精神面での変化に気づき、
すぐに修正することが可能になります。

モチベーションについて深く考える時に、
自分はこれから何がしたいのかをずっと考えてました。

野球の打率が一定でないのと同じ、
自分が体調が悪いのにピッチャーのミスで
ヒットになることもあれば、逆に体調が良くても
バットが折れてゴロになることもあります。

ビジネスも同じで、時流に乗ってたまたま
上手く行くこともあれば、思うように
売上が伸びなくなることもあります。

そんな時、何も困ってないのに自信を失ったり、
コントロール不能になることが私にもあります。

特に、右肩上がりに伸びてるうちは何事も上手くいっても、
踊り場に立ってみると途端に崩れそうになることがある。

一流のアスリートはスランプになった時、
だからといってすぐに諦めてしまうでしょうか?
もしくはコロコロとやり方を変えるでしょうか?

試合前、選手がインタビューで
こんな言葉を言ってるのをよく耳にします。

「普段通りの試合をしたい」

本番だからこそ、ベストな自分で挑みたいのは当然です。
でも大舞台になればなるほど、ベストな自分どころか
極度の緊張や興奮で普段の自分すら出すのが難しくなります。

そんな時、何が普段通りかって言うと
体が勝手に動く状態を作ってるということ。

球に反応して、無意識にボールを拾うような
そんな自然体の自分を出したいということです。

つまり、一流アスリートはベストな結果ではなく、
普段の反復練習の成果を信じてるんですよね。

例えば一時期ノマドというライフスタイルが流行りました。
カフェでもホテルでも、ネットとスマホさえあれば
世界中どこでもビジネスが出来るのが今の時代です。

ところが、慣れない場所で作業をすると
バッテリーが無かったり、Wifiが繋がらなかったり
気が散ったり時間が必要以上にかかります。

でも、毎日の通勤で同じ場所に向かうと
自然と駅で正しいホームに足が向かったり、
無意識の内にエレベーターの階を押してたりします。

そういう、普段のルーティンを繰り返し実行することで、
自信というものは付いてくるものなのだなと。

売上が高い低いということばかりに気を取られすぎると
短期では結果を出すことが出来ても続けられなくなります。

一流アスリートというのは、
いつも淡々とルーティンワークを
自分のスタイルで続けられる人であると。

本当の自信というのは、
積み上がったメダルの数ではなく、
ましてや稼いだ金額の多寡でもなく、
習慣こそが、自信になると改めて実感しました。

自信は人から評価されるものじゃなくて、
自分の中から湧き出るものなんですよね。

私もそろそろ起業して10年が見えてきました。
10年といえば長い感じもするけれど、
1日として同じ日はないし、これからも
それ以上に長く続けていかなきゃいけないでしょう。

晴れの日もあれば、雨の日もあります。

晴れだからといって浮かれすぎてもいけないし、
雨だからといって悲しんでてもしょうがない。

毎日のルーティンワークをしっかりこなすことで、
その継続を、深い意味での自分の自信に繋げていこうと。

そういう指針となるルーティンを
しっかり固めておきたいと思います。

リズムが壊れる時は、限りなく多くあります。
朝はあまり予定を入れたくないけど
急なミーティングに呼び出されたり。

夜リラックスしようと寝床に就いた瞬間に、
LINEの通知で飛び起きる時もあります。

そんな時は「あるべき自分」に戻るために
常にルーティンからどのくらい距離が離れたのか、
意識的に元に戻る場所を用意し、誤差を計測しましょう。

そうすることで、あなたのゾーンに入りやすくなります。
ゾーンとは、あなたがもっとも真価を発揮しやすくなる場所。

ゾーンを見つけ、その状態を長く継続する努力を辞めないこと。
それが、ビジネスの第一線で長くいられる秘訣だと思います。

稼ぎ続けましょう。それはあなたが
せっかく作った、道なんだから。

16241388115_fec39f427a_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved