stickyimage

Menu

失言を取り戻す方法


さて今から資料をコンビニでスキャンしてアップして、
服を着替えて成田まで行って飛行機に乗らなきゃなのに、
うーん、かなりセンシティブな事が多すぎて書けない。。

こうやって話す機会ことが多いからこそ、
言っちゃいけないことや秘密は守ってます。

そのぐらい情報はおかげさまで入ってくるけど
口が裂けても言えないことが多くなりました。

現在進行形で今日はこんなんでしたーって
あっけらかんと話すのが一番楽なんですけどね。
まあそこは、キチンとわきまえないと。

そうは言いながらも失言ってありますよね。

チャットワークなら言葉を間違えたら
編集や修正は簡単に出来るけど、
Facebookメッセンジャーの場合は
こっちが消しても相手側には残ったまんま。
(確かそうだったよね?違ったっけ)

特にメールの場合は送信したら差し戻せないワケだし、
一度送ってしまった後に後悔することも、よくあります。

1日の中でも調子が良い時ばかりではなくて、
私の場合は朝起きた時のほうが調子が良くて、
夜寝る前は同じ文章でも暗くなりがちです(笑)

私の場合は普段オンラインで
コミュニケーションを取ることが多い。

だから同じことを言うのでも、
大勢に向かって話すパブリックトークなのか、
それともグループチャットで話す専門分野のトークなのか、
それとも1対1で話すココだけの話題なのか。

色々と考えながら話すことも多いです。

そうやって慎重に慎重に事を運ぶようになってくると、
人前で話しをするのが億劫になってきます。

メールなんて1人に送っても1万人に一斉送信しても
やることはボタン1つ押すだけの行為です。

送金だって1000円も1000万円もボタン1つ。
実にあっけないなーと思いますよね。

ただ全く同じ動作でも、アメリカに送るつもりが
ラベル貼り間違えてアルゼンチンに送っちゃったり。

同じように、他愛もない一言で人を
傷つけちゃったりしてしまうワケです。

失った信用は取り戻せないワケだし、
そう考えると失敗や失言は誰だってしたくない。

一番、失言したなと私が感じるのは、
誰かに注意をしたり、怒ったりした時。

会って言う分にはまだ全然いいんですけど
メールやチャットの場合は取り返しのつかない
ことをしたなあとそりゃもう後悔します。

そんな時どうするかっていうと、
もう答えは1つしかありません。

しゃべるのを辞めないってことだけ。

自分が納得する角度に到達するまで
言い過ぎたと思ったら次はなだめるし、
間違えたと思ったら訂正するということ。

決して萎縮しちゃったり、
諦めちゃいけないよってことなんです。

言い換えれば、取り返すチャンスは
いくらでもあるってこと。

薄い青色のドリンク保冷カバーの忘れ物が、
今、目の前に置いてあります。

打ち合わせの余韻と残像の感触が残ってる。
ようやく呼吸が合ってきて、頼もしく
感じることが多くなってきた。

数日前に中谷さんとセミナーのリハーサルを
したんだけど完璧で、さすがだった。

私がこっち側に集中してる間も
頼もしくビジネスを守ってくれてる人達がいる。
ここ数日が大一番なのに任せきりで申し訳ない。
本当にスタッフのみんなには感謝の言葉しか無い。

そして、私のつたない記事を
いつも読んでくれて本当にありがとう。

今日は感謝の気持ちを伝えたくて。
それだけなのでした。

5496629643_12af54ba7e_o


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved