stickyimage

Menu

ビジネスを作るのは個人名で手紙を書くようなもんだ。


私は上場したことはないけれど、
現在は複数のビジネスオーナーです。

今は新しいビジネスを自ら生み出すというより、
実務を経験したスタッフや身近な人が
その経験を活かして新規事業を始める時の
アドバイスをすることがなぜか多くなりました。

新規事業、やりたいですよねー。

新しいことはワクワクするし、
アイディアを持ってる人は
それが形になると思うだけで楽しくなります。

でも、アイディアって思いつくのは一瞬でも
準備をするのには途方も無い時間がかかります。

アイディアを100個思いつくよりも、
1個実行に移す方がとてもとても難しい。

だから「これがやりたいんです!」と
目を輝かせて提案をしてきたとしても、
簡単に首を縦に振るわけにはいきません。

でも、時間を掛けて一緒に考えて結論を出します。
見もしないでスルーすることもありません。

1つ1つに目を通し、その上でダメだと言う。
これが優しさだと気付く人はどのくらいいるだろうか。
まあ普通はショックを受ける方が多いだろうね。

なぜですか!と喰い付かれることもしばしば。
でもね、失敗したらもっと悲惨なんだよね。

だから辛抱辛抱。

そういう心苦しさもありながら、
プランと向き合って回答しています。

私がビジネスを次々と作り上げてた時、
実は意外にもこうやって記事を
書き続けてたことが役に立っていたりします。

例えばコピーライティングに関する決まり事。

文章を書く時のルールとして、
「みなさん」じゃなくて「あなた」を
使いましょうと言う決め事があります。

私はだから、常日頃から文字を書く時は、
たくさんの人に向かって書く時も
手紙を書くように「あなた」に向かって書きます。

ブログやメルマガで記事を書く時に
あなたって書くのは最初ものすごく違和感があります。
みなさんって言いたくなる。

だけど、あなたっていう言葉を使うことで
誰か1人を意識して書くようになるんですよね。
あと、視点が相手目線になります。

ちなみに今書いてるこの記事も、
今日のテーマをリクエストしてくれた
具体的な人がいて彼だけに向かって書いてます。

そうやって具体的な人物がいると、
実は「同じことを考えている別の人」の
胸に突き刺さる文章が書けるようになるんです。

これはコピーライティングの良さだなと。
そういった意味ではお手本通りやってます。

ビジネスを考える場合もこれと同じで、
「誰かが使ってくれる凄いビジネス」から
スタートすると全体像がモヤっとします。

そこにちょっと工夫して個人名を入れます。
例えば私の母親が必ず買う石鹸とか。

母に欲しいと言わせることができたら、
その他の60代の女性のターゲットも
欲しいと思わせることが出来るはず。

つまり、1人しかいない私の母親に
心の底から買いたい!と思わせることに
集中すれば、500万人いる60代女性の
何%かには確実にリーチするワケです。

そういう具体的な人物像っていうのは
リアルな個人しかいないワケで、
フィクションでは作り上げられません。

ビジネスモデルを考える時も同じで、
スマホの時代だからみんなが使うだろうとか、
そういうシェア感だとか規模感から
入らないようにしています。

たった1人使うと断言してくれたなら、
それはユーザー1人はもう確定してるワケで、
リリース前から売上が約束されます。

それに、身内にヘタな物は勧められないので
自ずと細部にもこだわりを持てます。

モニター期間を用意して同じように
共感してくれる人が増えれば、
それはまた少人数でも利用者数は確定します。

誰かが使ってくれるだろうという
目論見でスタートするビジネスよりも
よっぽど説得力があると私は感じてます。

つまり、ビジネスをゼロからスタートする場合は
特定の人、つまり「あなた」が使うものを
用意した方が作りやすいってことですね。

身近でリアルな人物が使うと断言するもの。
その人が、ごくごく普通の人なら
大人数に使ってもらう可能性が高いでしょう。

私の母が使うレベルの値段のモノやサービスなら、
誰だって使えるようになるはずです。

逆に「イチローが使うグローブ」であれば
限られた一部の野球選手までしかリーチしない。
でも、濃く長い付き合いになるでしょうねえ。

画期的なビジネスの前に、まず「モデルとなる人」を
1人用意する方がよっぽど大事かなと。

成功するビジネスモデルを作るのは、
あなたに向かって書く手紙みたいなもんだ。

まあそういうクサいこと言っちゃって、
今日はおーしまい!

5867736346_0c52d676bc_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved