stickyimage

Menu

日本と世界の文化や好みの違いとは?


ミクシィの第1四半期の連結決算発表で、
売上高が500億円で前年同月比3.9倍、
営業利益が243億円で5.2倍という
結果を見て、密かにショックを受けてます(笑)

さて、今後の予定として海外展開を
見据えてることが伺えます。

台湾、香港、マカオは絶好調に推移。
国内で成功した企業がこぞって
海外進出を海外進出を目指すのにはワケがあります。

まず第一に、国内市場の頭打ちですね。

sdguhssss

利用者の推移を見ていくと、
国内の成長カーブが緩やかに
なっていっているのが見て取れます。

逆に香港・マカオはブースト期というか
一気に伸びています。

会社って、始めた瞬間から
成長が義務付けられてると
つくづく実感してるんですよね最近。

人間は生まれてから最期まで、
退化したいと考える人はいないでしょう。
そういった意味では死ぬまで勉強ですよね。

この世界を覆ってる資本主義経済もそうです。
資本主義は経済成長が義務付けられてます。
これが人間の生き方にハマって受け入れられました。

いくらでも給料は上がるほうが嬉しいけど、
下がって喜ぶ人はいない。

いくらでも欲しくなるけど、
少しでも下がれば大きく失望して
壊れやすい社会なんですよね。

国内市場を十分にカバーしたからと言って
会社は急に止まれない。

だからいつだってトップは
大きな目標を掲げ、戦わなきゃいけません。

では、日本発祥のサービスやゲームが
どこまで世界で受け入れられるかといえば、
海外販売をしてる私の視点で言えば、
「親和性」を重視して考えた方がいいよねと。

例えばゲームや映画のキャラクターの好み。

アメリカがクシャミしたら
日本が風邪をひくってぐらい
そりゃもうでっかい世界一の北米市場。

例えば映画ハルクの主人公の体は緑色。
スパイダーマンの体は赤色と青色です。

日本ではあまり見られない
カラーバランスですよね。

USJや飛行機の中でよく見かける
最近イチオシのミニオンズも
一体なにが可愛いのかさっぱり分かりません。

ウェブサイトはこの問題が大きいです。
見た目の違いでコンバージョンは変化します。

日本のテンプレが海外で
受け入れられないケースは多いです。
どうやって動かして良いか分からないみたい。

ということで、デザインの地域特性もそうだけど、
一番大きいのが趣味や信条の差かなと。

北米では力強くマッチョなヒーローが好まれます。
あと血の匂いがする表現もよく使われます。
でも、日本のゲームはリズムと音で戦ってる。

間違っても女子高生が蛇矛を持って
呂布と名乗るアニメは流行りません。

世界で売れてる商品の特性を見てみると、
ものすごく大きく分けて3つかなと。

北米、欧米、アジアです。

日本はアジアの中の一国なので、
文化の海外進出はアジアが一番簡単で、
親和性があるので成功事例も見受けられます。

ちなみにアジア地域は世界では
Asia‐Pacific(APAC)と呼ばれてて、
グローバルな企業はこの半径にある
どこかの国に拠点を構えています。

日本であることがほとんど無いので、
アジアの中心が日本じゃないことを自覚して、
別の国でアジア全域を網羅する
サービスやプロダクトを開発すべきかなと。

各国の好みの違いはリサーチしてるとよく見えます。
日本から世界へ売れてる商品だけでなく、
世界で売れ筋の商品を検索してみるのも面白いですよ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved