stickyimage

Menu

インターネットの課税ルールの見直しが始まります。


個人が国境をまたいでビジネスするようになって
まだまだ日が浅いです。

特にインターネットの登場によって
国境をまたいだ取引は活性化しています。

なので、全然法律面の整備が追いついて
いないということが言われてますね。

例えばアマゾンが日本で税金を納めていないのは
有名だけど、アマゾンはFBAの代金をアメリカで
受け取って税金を納めているので
日本で支払う義務はないという見解です。

日本は「日本で倉庫業の実態があるから課税する」と
2009年に追徴課税処分を下したけれど、
結果としてこの追徴課税は取り消されました。

アマゾン側から見ると、アメリカで税金を納めてて
日本でも税金を納めるということになると
単純計算で倍払うことになってしまいます。

こういうのを避けるために租税条約というのがあって
両国間の片方で税金を払っていれば片方は免除
という形で条約が結ばれているんですね。

現行の課税ルールでは、これまでは進出先で
「恒久的施設(PE)」を持たなければ
原則として本社が置かれている組んで法人税を
納めることになります。

PEは管理期間、出先機関、工場、作業現場を指します。
ただし、アマゾンの配送センターはPEに当たらないので
日本では税金が取れないということでした。

どこの国で税金を支払うべきかという問題は
常に二重課税の問題がつきまとうので、
国家間の大きな問題にもなっています。

その課税ルールを経済開発協力機構(OECD)で
見直しを検討することになりました。

グローバルな取引をしていく中で、
これからは国同士が意識をして
ルールの改変に乗り出していくでしょう。

まだまだ、決まりきってないですね。

テッペンがこんな状況で、
突っついたり取り下げたりしてるので、
もし何かあってもうろたえずに
専門の税理士さんに相談するようにしてくださいね。

6812407093_fbf34b4ef4_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved