stickyimage

Menu

真の成功とはお金や所有ではなく◯◯で決まる。


経営者として「全体を俯瞰して見る」ってことを
考えるようになってから、お金ってなんだろうって
改めてゼロベースで考えなおすことにしました。

そもそも私はもう、お金のために働いていません。
ただし、大半の人はお金のために働いています。

お金のために働かないということは、
無報酬で年中無休で働けるということ。
しかも私の場合は自発的にどんどん行動します。

これを普通の人に当てはめても誰もついてきません。
やったらやった分だけのお金が欲しい。
これが一般的な考え方ではないでしょうか。

タダで働き続ける。

これは一見、相手に凄く大きなメリットを
与えているように見えますけれど、
実は何も生み出していません。

タダで働いて、何も使わなければ
今ある貯金だけ残って何も動かない。

これは特需で稼いだ人によくあるパターンですけど
勝ち逃げで得しているように見えて、
実は物凄く損をしているんです。

なんでだろう。なんなんだろうこの気持ち。
お金は持っているのに、なんか淀んでる気がする。
銀行でお金が腐って溶けてく感じがする。

いや、実際は預けてあるお金が
意味なく無くなるはずはないんだけど、
そういう風に私の脳みそが訴えてるんですよね。

一番儲かった時って、どんなだったかな。

それを考えたら、とにかく「交換」をしてた。
リサーチをして、商品とお金の交換。
人と会って、情報の交換。

交換を繰り返す速度が最も早かった頃は、
とてつもない利益とトラブルで洪水のようだった。

もうダメだと思ったこともあった。
しかしまだ私はこうやって生きている。

あれは一体、なんだったんだろう。

グーグルで検索してみたら
たまたま変なサイトに辿り着きました。

金は天下の回り物 – 構造経済への道
lisdhugs
http://quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/w6nt

なにこれ、すっごく古い。
しかも多分これ、ホームページビルダーで
素人の手作りサイトだ。

出典も不明だし、一番下のコピーライトみたら
2009年とかってなってる。

だけど、最初の一文を読んで、
なんとなく只者じゃないなと感じた。

> 金は天下の回りものと言われる。
> 貨幣は、循環することでその機能を発揮する。
> 貨幣経済にとって貨幣の流れが重要なのである。

> 金が血溜まりのようにどこかに溜まり、
> 血の巡りが悪くなる様に金が循環しないのが問題なのである。
> お金が滞留したり、偏ったりして循環しなくなると
> 貨幣は、その効力を発揮できなくなる。
> なぜならば、貨幣は、循環運動をすることによって
> 効力を発揮するからである。

持ってると凄いイメージがあるけれど、
お金そのものは食べる事も、着る事も、住む事もできない。

結局、それをモノと交換することで実体化する。
ということを、これ書いてる人は言ってる。

実際のお金の流れで考えてみる。

例えば、あなたが1万円を持っていたとして、
私がその1万円を欲しいと考える。

私はあなたのために、あなたが欲しいものを販売する。
それは1万円以上の価値のある万年筆かもしれない。

万年筆を受け取ったあなたは私に1万円払う。
次は私が1万円を欲しいと考える。
あなたは私のためにステキなワイングラスを販売する。

私とあなたの間で1万円が往復しているだけだけど、
往復する度に新しい商品やサービスが生まれてる。
交換の速度が早くなればなるほど、豊かになる。

1万円を2回交換しただけで、
万年筆とワイングラスという実物が、増えた。

もしも1万円を持ったまま、
何も買わず、何も使わず。

いや、もっと言うなら何も失敗せず、
何も行動しなかったらどうだろう。

たくさん交換する人と比べると、
その価値は2分の1、3分の1、と
どんどん目減りしていくじゃないか!

そしてこのサイトでは、お金は電化製品と一緒で
流れるからこそ価値になると言っている。

それがキャッシュフローなんだと。
お金をエネルギーに例えてる所がいい。
概念的だけど、突き詰めると物事は概念的になる。

お金がエネルギーに見えたり、
言葉が言霊になって宙を漂ったり。

そのエネルギーの流れを、
政治や経済、為替の動きに当てはめて
どんどん解釈を広げていっている。

おおお。なんだこのオッサン(失礼)
ただものじゃないぞ・・。

学者だったら嫌だな。

大学のセンセーだったら
経済学を論ずることもあるだろうけど、
ハッキリ言って自分で稼いでないのに
キャッシュフローや経済を語る人は薄っぺらい。

でもこの文章は絶対、骨身に沁みて
経営をやってる人じゃないと書けないはず。

一体、どんな人なんだろう・・。

本人の自己紹介もないので
人物像は不明。

でも、フッターに書いてあった
名前で検索をしてみると。

静岡県にある、富士ツバメ株式会社という
会社の代表取締役の名前に辿り着いた。

あっ、会社のサイトにさっきのサイトの
リンクが貼ってあるし!本人確定。

会社概要を見ると、
設立は昭和30年。

資本金4800万円、
従業員数120名、
売上高43億円。

がーーーーーーーん!(°Σ°)

これでようやく、胸のつかえが取れた。
私の何が正しくて、何が間違ってたかに気づいた。

「貨幣の速度は、回転数として表現される。」

そうだ、決算書でもよく在庫回転率とか書いてある。

大事なのは、お金の絶対数でもなく、
どれだけ豪華な車や家を所有しているかでもない。

何回勝負したかだ。何回交換したかだ。
銀行の残高やコレクションの数に固執してはいけない。
それは常に回していれば、いつでも手に入れられるから。

難しくはない。
途中で負けても失敗しても問題ない。

回数が多いヤツが勝つんだ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved