stickyimage

Menu

創業3年目から考える、モチベーションを維持する方法とは?


昨日テレビを見ていたら、
とっても薄い繊維で出来ていて、
ミラノコレクションやパリで使われてる
日本の繊維の紹介がされていた。

今は明治時代ほどの勢いはないけれど、
日本の繊維産業は自動車と並ぶ
主力産業だった時代があった。

ファッションデザイナーさんがこう言ってた。

アメリカのデパートに行くと、
地下に日本製の洋服が置いてあって、
1ドルだと書いてあった。

階が高くなるほど値段も上がっていて、
最上階はパリ製のオートクチュールの洋服が、
物凄く高い値段で置いてあったそうだ。

それを見て「くやしい、いつか絶対。」と
奮起して、有名デザイナーに上り詰めた。

成功するためには、一時的な感情だけでなく、
長くそのモチベーションを保つことが必要になる。

最初は強烈に燃えてる炎も、いつしか小さくなってく。
練炭のように種火が残った状態になってるのがベストで、
紙のように燃え尽きてしまうのは良くない状態です。

3290970519_2d6de72989_z

人にはそれぞれ節目というのがあって、
ビジネスの場合は創業期、成長期、安定期という風に
次々とステージが変わっていくので落ち着きません。

それにともなって収入が増えたり、
別の問題が発生したりするので、
最初のキッカケである「くやしい、いつか絶対」を
維持するのがとても難しくなってきます。

モニタリングという番組で、
加藤茶さんが1億円当たったというドッキリで、
欲しいのはバナナ10本と答えました。

仕事辞めて移住しようよという妻の言葉に
加藤さんは一生バカやってたいから
仕事はずっと続けるということを言ってました。

海外販売は私のライフワーク。
日本から世界へ向けて、ビジネスしたい。
つまり、外貨を稼ぐビジネスを続けるということ。

周りから凄いことしてるねって褒められたかったし、
従業員雇ってんの?年商いくらだよ?って
元同僚から軽口を言われることもあったので、
見返してやりたいという気持ちは確かにあった。

従兄弟がとても優秀で、有名大学を卒業して
医者や裁判官になったりしてて叔父さんは鼻高々。
両親のために、自慢できる息子でもありたかった。

それはもう、ずっと昔の話しで、
悔しさをバネにする原動力はもう無くなったみたい。

あなたは私の自慢話には興味が無いだろうし、
それよりもあなた自身の幸せのことばかり考えてるはず。

他人を巻き込んでいくと、いつか自分の幸せよりも
他者の幸せに合わせることが多くなります。
起業家は大抵そうやって、自分を見失っていく。

みんなが反対しても、絶対に諦めない。
やろうよって積極的に声を掛けて、
自分が一番最初に行動する。

気持ちで攻めて行ける期間を終えると、
自分と向き合う時が、きっとやってきます。

同じことをずっと繰り返し続けていると、
人は誰でも「悟り」の境地に達する。

野球のイチロー選手が常に
同じ動作で打席に立つのと同じ。

瞑想の境地にたどり着くのはとても難しくて、
余計な煩悩が常に頭の中に付きまといます。

迷ったら、同じことを繰り返す。
それが長期的にモチベーションを維持する方法。

意識して気持ちを一箇所に留め続けること。
それがやっぱり、大事なんだよね。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved