stickyimage

Menu

アジア圏の海外販売で成功するためのポイントとは?


140916

昨日、楽天海外販売について
フォームを作ったところ、
実践者さんからたくさんのお話しを
聞くことが出来ました。

突然お電話させてもらったにも関わらず
快く応じて頂きありがとうございました。
m(_ _)m

ということで、私が持っていた予備知識と
合わせて複数の方からお話しを伺った結果、
なんとなくパーツが合わさって
ラインが見えてきた感じがします。

eBayとAmazonが巨人として君臨してる
海外販売の分野において、
楽天はそのスキマを狙わざるを得ない
状況については昨日お話しをしました。

彼らが手を付けていないアジア方面について
楽天はその存在感を増しているのは
確かですが、どうしてアジア戦略は
ガラ空きなのかという点について
今日はお話していきたいと思います。

まず、やはり日本を除くアジアの地域は
平均年収がそもそも低いということです。

世界でも平均年収の高い国の
トップ10を挙げてみると

1位 スイス
2位 ノルウェー
3位 オーストラリア
4位 ルクセンブルグ
5位 デンマーク
6位 アイルランド
7位 カナダ
8位 ベルギー
9位 アメリカ
10位 スウェーデン

という形になっていてほとんど
北米か欧米が独占してる形になってます。
ちなみに日本は14位。

いろんなモノサシがあるので
一概には言えませんが、
今回はOECDのデータを参考にしました。

余談ですけど、ざっと眺めてて
寒い国って強いなあと感じますね。

当然これらの国に進出した方が
日本企業としては売上が伸びるわけです。

で、アジアに向けてみると
シンガポール、香港、韓国、台湾以外は
がくっと収入が落ちて日本の収入の
5分の1以下になります。

ということで、アジアの他国は
おしなべてお金がないので
行儀が悪いんですよね。

つまり、お客様を選んで
売らなければならないということです。

それは実際に販売した決済状況を
見るとよーく分かるんですよね。

つまり、返品・返金・チャージバックが
起こる確率が高いということ。

どうやって選別するかというと
最初はしょうがないので返品覚悟で
売ってから絞り込んでいく感じです。

私も最初は苦労しましたが、
アジア圏はほとんどリピーターさん
ばっかりなので今は楽です。

ということで、アジアを攻める場合は
少し慣れるまで工夫が少し必要ですね。
私の場合は一見さんお断り作戦です。

ただ、色々お話しを聞いていると
楽天海外販売で上手く利益を出してる方は
少しエッジの効いたやり方をしてました。

それは私も初耳だったので
とても興味深くお話しが聞けました。

いつかこの辺りについて
語ることがあるかもしれない。

ということで、今日はこのへんで。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved