stickyimage

Menu

これからは世界が日本にやってくる。


140827

「ずっとアメリカンスクールに通ってて。」

日本在住なのに両親の教育方針で
アメリカンスクールに通ってた人がいる。

見た目は日本人なんだけど、
心は二面性を持っている。

「言葉がそうさせるんです。」

似たようなことを次アポの人が言った。

2人の共通点はバイリンガルだというところ。

言葉を覚えると、その起源となる
思想の影響を受けるんだそうだ。

例えば、日本語にはyouを指す言葉も
「あなた」「お前」「てめえ」「あんた」
などたくさんの呼称がある。

本を読んでも女性がしゃべってるのか
親がしゃべってるのか、先輩が
しゃべってるのか一目瞭然。

でも、英語であなたを指す言葉は
「you」しかないので、前後を
読み進めてみないと判読できない。

そこには、日本語を話す人はみんな
日本人だという無意識の意識というか
日本語の中に「分かってるでしょ」という
ニュアンスが含まれていたりする。

対して英語の中には1歩外にでると
肌の色も文化も違う「相手」がいる。

言語の意味を遡って行くと
起源はyou=あなた、じゃなくて、
農耕民族と狩猟民族の違いみたいな
そういう感性の違いにたどり着く。

だから喋る言葉によって性格も
変わるというか二面性が出るんだそうだ。

Who did he marry with?の話しをすると、
英語を知ってる人はその背景というか
意味の深い所を突っ込んでくる。

それも含めて、言語が好きなんだなーと
ちょっとうらやましくなった。
ちなみに私は全く理解が出来ません。

ビジネスにおける英語のポジションは、
そもそも売上と仕入れの差額が利益で、
利益の範囲で必要な物を賄うという発想。

自分が優秀なら自分がやればいいし、
自分より優秀な人がいれば、
その人に任せてしまう方が良い。

専門的な単なる語学力を磨くだけでは
グローバル化した市場の中で
担い手の単価はどんどん下がっていく。

だから、英語以外の能力を私は磨いた。

しかしこれからは、だからといって
英語が不必要だということではなくて、
英語が空気のような存在になってくる。

今までは日本から世界へ行くしか
方法がなかったけれど、
これからは世界が日本へやってくる。

そうなってくると、さすがに不自由だ。

「人は、どこで人種を判断すると思います?」

そう聞かれたので、
肌の色じゃないの?って答えた。

彼は首を横に振る。

「日本育ちで日本語しゃべる黒人は?」

それは、日本人だ。

なるほど。私はまだ、
何もわかっちゃいない。

【あとがき1】

言葉の違いや文化の違いで
戸惑うことが多いという
相談を最近はよく受けます。

私の会社は、そういう
マイノリティの人達ばかりだから。

私から見ると、そんなの
簡単じゃんって言い放つ。

だってさ、ウチなんて今、
言葉も宗教も国も文化も
ぐっちゃぐちゃの多国籍企業なので。

グローバル企業なんて
みんなそんなもんだよね。
普通じゃん。

だけどなんでそんな人達が
一緒に仕事できるかっていうと、
やっぱり、その仕事が好きだから。

ひいては、目標を達成したいし、
お客様に喜んでもらうことを
みんなが目指してるから。

だから1つになれるんじゃないかなと。

そこにベクトル合わせていけば
違いなんてそもそも無いと、
私は少々声を荒らげてしまう。

だからなんだよ。

金髪も黒人も、友達だ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved