stickyimage

Menu

紹介を受けてビジネスを成功させるためには?


140710

「ご紹介したい人がいるんですが。」

日頃からたくさんのご紹介をいただく機会があります。

これも情報交換という形であれば
実のあるものになるでしょうし、
お互いにメリットがあんじゃないかと
ワクワクすることもあるでしょう。

起死回生の一発を狙っているなら
喉から手が出るほど欲しいものかもしれません。

私の場合は間口は広く、
人の話しはキチンと聞いて
それから判断するタイプです。

ただ、世の中の9割の人が
「誰かがなんとかしてくれる」
と思っているということは否めません。

結構な肩書がある人が提携話を持ってきます。
一見して有望そうな話しだったり
スケールの大きい話しを持ちかけてきます。

気持ちが揺らぐことも多いし、
実際に乗っかってみたこともあります。

そういう時に限って、全然うまく行きません。
ダマされた・・となります。

でも、ダマされた。と感じるのは
誰かがなんとかしてくれるって
私自身が思っていたからに他なりません。

納得しないまま、ビジネスの進行を相手に
委ねてしまったことが原因なんですよね。

もちろん、ビジネスの進行を相手に委ねること
そのものは別に問題ありません。

全部自分で操作しようと思ってたら
手が足りなくなって全部疎かになりますから。

だけど、相手がYESを引き出す提案を
してこなかった場合にはこちらで
納得するまで確認をする必要があります。

ではそんな時に、私がいつも使ってる
おまじないの言葉をお話しします。

それは「それって儲かりますか?」
という一言です。

なかなか言い出し辛い一言ですけど、
試してみると一発で分かります。

あと、直接的でなく間接的にお話しを
持ってきてくれる人もいたりするので
「この人の紹介なら大丈夫」と鵜呑みにしないで
決済権のある人に対して聞いてみることです。

そこで儲かります、なぜならば・・
と根拠を明確に続けてくれる場合は
納得できる提案をもらことができるでしょう。

「紹介」で成功できる鍵は
人がもたらすものではなく、
自分の能力値に比例するということですね。

人は自分の鏡だから。

つまり、自分の能力値が高ければ
素晴らしい提案を見分ける能力もあるので
提携した後成功する確率も高いでしょう。

だけど自分の能力が低いまま
「良さそうな話し」に乗っかると
結局失敗してしまうことも多いんです。

まずは人に頼らず自分の実績を
積み重ねることから始めましょう。

紹介を受けるのは、その後です。

【あとがき1】

ビジネスは横に展開する場合と
縦に展開する場合があります。

一個ギアを上げて、縦に伸ばしましたが、
人の教育が追いついていない部分があります。

優秀な人材の獲得によって
会社は成長すると思ってる人が多いですけど
ビジネスは一番処理能力の低い人の
能力値で平準化されます。

一部だけ最新鋭の設備を導入しても
サプライチェーン(ビジネスの鎖)を見ると
途中でボトルネックになってる処理が遅い人が
作業を止めてしまうという事が起こりますね。

だから、いつだって私の照準は
「出来ない人をいかに出来るようにするか」
です。

優秀すぎる人はいらない。

最低限の基礎力がある人を
どれだけ早く成長させるかが
成功の鍵を握っています。

共に頑張りましょうということですね。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved