stickyimage

Menu

永遠の0読破!もしもゾンビに遭ったら・・


eiennozero

「永遠の0」あれから一気に読んでしまった。
小説って長いんであんま読まないんだけど
久しぶりに読破した一冊。

感想は・・、うーん。
ハッピーエンドが良いですね。
号泣したけど。

これだけのモノを書こうとすると
相当な下調べがいったはずで、
さらに文章の中には作家の想いが
たくさん込められていたりする。

映画化もされて文庫歴代1位の
350万部も売れた本らしいけれど、
作家の百田尚樹さんは意外とひょうきんな人でした。

っていうのも探偵ナイトスクープの
構成作家をされてるからですね。
本のイメージと全然ちゃうし。

関西人らしい、切り返しの上手い人でした。
というのもその後、百田さんのTwitterで
こんなYouTubeの動画を見たから。

ナウルとバヌアツを貧乏長屋にたとえた冗談
t.co/0uDdzEJJGL…

こんな動画が物議をかもしてました。

世界で軍隊のない国は26カ国しかなくて
モナコやバチカンのような国は
大砲撃ったら反動で隣に
逝っちゃうぐらいの小国。

ナウルやバヌアツは家で言ったら
貧乏長屋みたいなもんで、
泥棒が入っても何もないから
小遣いでも置いて帰ろうと
思うくらいの国だということ。

日本は大国だよね。
戦いたくないのは当然だけど
自己防衛はしとかないといけないよ。

簡単に言うとそういうことを
言ってるワケです。

もし、街中にゾンビが溢れてたら
私も家に鍵を掛けるだろうし、
町内会長さんが、みんなに回覧板で
ゾンビを追い払おう!って声かけたら
私も外へ出て戦うだろう。超嫌だけど。

戦争もビジネスも組織という意味では
同じということを以前言いましたが、
国や会社の目標はやはり
「自分の国を守ること」
「もっと豊かにすること」
だったりするワケです。

そのためにみんな努力してるんだけど
成功すればみんなヒーローだし、
失敗すれば責任を追求される。

特に失敗した場合は
これからどうするべきかという議論より
自分に近い人への非難が集まりがち。

いかにベクトルを本来の目的である
「勝つ」ということにフォーカスするか。

そうでなければなすり合いになっちゃう。
そういうことって往々としてあります。
あんま生産的じゃないよね。

ゾンビに追いやられたら、
町内会長さんに任せてらんないとか
武器が足りなかったとか色んな意見が
出るだろうけど、これは
本来の目的を見誤っています。

街の平和を取り戻すためにどうするべきか。
家族を守るため、ビジネスであれば
売上を上げるために、自分ができることはなにか。

それを考え、実行できる人が
成功する人だと私は思います。

国防に関して私に出来る事は何もないけれど、
本社を日本に置いて税金をしっかり払い、
外貨を稼ぎ、ビジネスを継続させて
想いを共にする人達を豊かにしたいなと。

敵はゾンビっていう誰もが認める
悪者ばかりではありません。

ゾンビは至る所にいて、
昔仲良かった人がゾンビに
なることだってあります。

曇りなき眼で見定める。

あなたの中にある正義が、
あなた自身を創り出すのです。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved