stickyimage

Menu

本日より無料公開!働かずに稼ぐノウハウとは!?


yoshidalogo2

今日は一本の無料動画を公開します。

クラウドソーシング大活用対談
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/lobv…

対談相手は昨年11月30日に私が主催した
500名を動員し個人輸出の業界では
最大級のイベント「世界物販カンファレンス」
の人気投票で第1位になり注目を浴びた君嶋氏。

その後東京・大阪でセミナーを開催しましたが、
150名もの人が集まり大盛況でした。

その後、どうしても後日映像公開
して欲しいという要望がたくさんあったので
今回、悩みながらも公開することにしました。

悩んだ理由は後で説明します。

若干25歳、学生時代から起業し、
卒業後就職すること無く
そのまま海外販売を継続させ、
月収100万円を達成。

成功した若手起業家の1人です。

クラウドソーシングという概念が
定着したのはつい最近のことですが、
私が初めてこれらのサイトに触れたのは
もう10年以上も前の事になります。

まだ海外販売を始めるずっと前。
リサーチをしてもらおうと募集したら
100名以上の人が無名の個人だった
私の元に大量に応募があり驚きました。

何が何だか分からず趣味半分だったので
大したこともお願いできず解散。
当時はその程度のものでした。

ところがこれだけ働き方が多様化した
現在では、クラウドソーシングの活用は
無くてはならない存在になりつつあります。

お仕事をお願いする立場から見ると
月給単位・時給単位ではなく
分単位、1件成約単位で報酬を支払えます。

知名度もない副業から個人事業主まで
誰でも人材募集をすることができる
クラウドソーシングは大学生の個人が
出した求人ですら応募が殺到します。

ヤフオクやeBayやAmazonが看板の無い
個人でも商品を売れる時代がやってきて、
対になる採用戦略に欠かせない存在。

ビジネスの手離れには人の協力が欠かせません。
また、クラウドソーシングを活用して
優秀な人材をいかにあなたの元に
囲い込むのかも重要な要素の1つです。

ビジネスは主に3つの
ステージを超えた到達点に辿り着きます。

1.ビジネスを作り、
2.手離れして
3.配当(余剰利益)で暮らす。

まず自分で手を動かして、
商品を売り、利益を出す。

1つ商品が売れて、利益が3000円なら
100倍で30万円になり、
1000倍で300万円の利益が残ります。

レバレッジをかけ手離れするためには
ツールか人手が必要です。

無論、レバレッジは自分やビジネスの
器に応じて少しずつかけていきましょう。

たくさんの人に作業手順をイチから
説明するためにはマニュアルが必要です。

分かってくれてる「だろう」
やってくれる「だろう」では
人は思うとおりに動いてくれません。

経営者の頭の中にあるものを
紙に書き出すことによって具体化し、
人を動かし想いが伝わると、
事業はまるで生き物のように意思を持つ。

法人の「人格」の意味が分かるようになります。

ルールを決めることはある意味数学的。
君嶋さんは大学で数学を専攻してたので
手順をまとめるのは元々得意だったようです。

対談して初めて知ったのは
数学には「文章力」が必要だってこと。
無機質な公式だけじゃないんですね。

ビジネスにも通ずる考え方なので
是非、対談で私達の話しを聞いてくださいね。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/lobv…

集客と採用はステップがまるで同じ。

これについての内容も対談で話してますが、
いずれにせよ私はライフタイムバリューを
考えて集客もしくは採用をしています。

お客様には10年でも20年でも
リピートするために努力を続けるし、
採用では10年でも20年でも
勤めていただけるよう努力します。

本人にやる気がある間は任せるし、
失敗させた私が悪いと思って
マニュアルやフローをブラッシュアップさせます。

学生時代、印刷工場でバイトしたことがあるけど
日雇いの手ぶらでラインに入って
紙の束を流すだけで日給がもらえて
ミスもほとんどしなかった。

そこまで考えつくされた機械や
オペレーションだったから
ずぶの素人でも成果を出せたんですよね。

そこまで「簡単」でなければ
人はついてこれないもんだと。

マニュアルの照準は出来る人ではなく、
頑張る気持ちはあるけど出来ない人に
合わせるべきだというのが私の持論です。

なので、1人の脱落者も出さないのが
私の究極の目標でもあります。

脱落者が出なければ、
延々と採用して同じ説明を
何度もする必要がなくなるし、
阿吽の呼吸で物事が進むようになります。

それは後になればなるほど
絶大な威力を発揮していきます。

ここまでは君嶋さんも同じように
非常に能力が高いです。

仕事をもらう側じゃなくて
与える側という前提でお話ししますね。

大変小さな私ですが、
彼にビジネスを教えた師匠として
2つの格言を捧げたいと思います。

私の答えは新約聖書にある、
「与えよ、さらば与えられん」です。

または山本五十六の名言、
「やっている、姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず」です。

この対談の公開を迷った理由は、
まだ彼の中にこの感覚が芽生えて
いないかもしれないと思ったから。

ノウハウについては自信を持って
あなたにオススメできます。

月収100万円にたどり着くために
必要かつ重要なノウハウです。

しかし一過性のノウハウだけじゃなく、
魂を込めるのはあなた次第です。
そこの部分をこの場で伝えきりたい。

彼が絶体絶命のピンチになった時。
初めて組織の「硬さ」に気づくはず。

組織というダルマに筆を入れ(目入れ)
開眼させて欲しいと願っています。

そうすれば、もっと高く伸びれる。

いまは盲滅法(めくらめっぽう)
頑張っている状態ではないか。

これについては私の誤解かもしれないし、
彼の言い分、持論ももちろんあるでしょう。

あなたも無料対談を見た後で、
是非、君嶋さんの言い分を聞いてみてください。

君嶋さんのブログはこちら
ossblog.jp/…

公開討論しよう。

【あとがき1】

月に1回程度だったのが週に1回になって、
気付いたら自宅を離れてる期間が多くなった。

パソコン閉じて、ハッと気付いたら
なんか手持ち無沙汰でしょうがない。

外に行こうか、ご飯食べようか。
マッサージもいいし、近場にジムあるかな。

なんとなく億劫で、物足りない感じ。
何を求めてるんだろうって考えた。

そしたら、すっごい当たり前すぎて
あまりにも拍子抜けすんだけど
「触れ合い」がないなと。

パートナーやスタッフとか
飲みに行こうが打ち合わせしようが、
まさか手を握るなんてことは絶対ない。

それが出来るのって、
家族だけなんだなあと。

仕事もいいけど、
一時期一所懸命頑張って、
そんで早めに人に任せてさ。

家族との時間、大事にしようよ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved