stickyimage

Menu

あなたにお金が還流する仕組みとは?


yoshidalogo2

「絶対に幸せにするから!」

しーん。

あ、やべ。TL止まった(°Σ°)
TLってのはタイムラインのことね。

うーん、こういう書き出しだとまた
暑苦しいこと言ってしまうので注意せねば。

ビジネスの利益って
どうやって反映されてくんだろ?

世の中の仕組みと同じなので
物販に取り組んでるあなたにも
分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

例えばあなたに軍資金が10万円あったとします。
今回は在庫売りの考え方で説明しますね。

在庫売りのメリット、それは
無在庫よりも競争が激化するスピードが遅いのと、
仕入れ数によりスケールメリットを得られるところ。

利益率30%の商品を10万円分仕入れて
1週間で全部が売れたとすると13万円になります。

その商品を1週間毎に10万円ずつ仕入れて
販売すると1ヶ月で22万円になりますよね。

考え方はさまざまですけど、
同じ商品が月に4回転したということは
もっと大きく賭ければもっと稼げるということ。

もしくは別の商品でも「同じ考え方」で
仕入れを行えば確実に利益が出るということです。

そうすると次に起こす行動はただ1つ。
22万円を全額仕入れ金として投入する。
すると来月は46万4000円になります。

結構ペース早いですよね、2ヶ月で利益は
26万円ほどに膨らみました。
しかしそれは全額次の仕入れに投入します。

いつまで経っても自分の懐にお金は入らない。
これが勢い良く伸びているビジネスの状況です。

例えば1ヶ月目で利益が12万円出て
ひゃほほほほーいと使うとどうでしょう?
2ヶ月目以降の差は2倍、4倍と膨らみます。

差がつくと悔しいじゃないですか。
売れると嬉しいじゃないですか。

だから、生活費は最低限度に留めながら
ビジネスの拡大に全力を注ぎます。

軍資金が1000万円になるとどうでしょう?
利益は2200万円、じゃなくて
3000万円とかになってきます。

スケールメリットが出てくるからですね。
こんなお金扱うの怖くないですか?
もし、何かミスやトラブルがあったら
全部消し飛んでしまうかもしれません。

だから、内部留保という大体売上と
同額ぐらいの貯金を持つことになります。

このタイミングで降りたいのは山々ですけど
伸びてるうちは伸ばしきるという文化が
私の所には染み付いています。

利益は出ているけれど、計算上は
常に仕入れを行っているので
ン千万円とか赤字のまんま。

最近は全部の事業でこんな感じなので
なんとなく私の気苦労を察してくれると
嬉しいです(笑)

失敗もするだろうけど減っても増えても
成長する市場に全額投入するスタンスは同じ。

それでも、もちろんいつか終わりは来ます。
市場のパイを穫りきった時です。

それ以上の金額を賭ける場所がなくなったら
その時初めて莫大なお金が還流し始めます。

インターネットはご存知の通り、
市場が驚くべきスピードで拡大してるので
まだまだ飽和状態にはなりません。

戦国時代と同じように、活気があって
やりがいに満ちてるこの感覚に震えてる。

最後はあなたに楽をさせてあげたい。
そういう意味で、絶対に幸せにするからって
声を掛けてしまうんです。

と言うと、みんなキョトーンて。

あ。やっぱり暑苦しいこと書いちゃった。
そんなこと置いといて、当面は
今できる限りのこと頑張ろっと。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved