stickyimage

Menu

日本の主な貿易相手国


map_world_export

comment_logo 中国が1番だけど、鍵を握るのは中国じゃないというところがポイント。このデータはあまり参考にならない。

日本の主な貿易相手国

3. 日本の主な貿易相手国 – 日本はどのような国々と貿易しているのかな?

日本は、〝海外から必要な燃料資源・原料を輸入(ゆにゅう)し、高い技術で作った製品(せいひん)を海外に輸出する〟というスタイルで経済成長(けいざいせいちょう)してきました。
このページでは、日本はどのような国々とたくさん貿易をしているのか。その相手国は時代によってどのように変わってきているのか。1990年から2012年までの輸出入額が多い国々の移り変わり(各年の上位10カ国)を見てみましょう。

輸出相手国の上位は、経済成長が著(いちじる)しいアジア諸国(しょこく)が多くを占(し)め、中国が2009年よりアメリカを抜いてトップになっています。
輸入相手国では、2002年にアメリカから中国にトップの座(ざ)が変わりました。このころ、製品の国際価格競争力を高めるために、日本の企業が労働賃金(ろうどうちんぎん)の安い中国に工場を建てて現地で製造し、日本に輸入するという新しい経済・貿易の体制ができてきたことが理由の一つです。
輸入相手国の3位以下は、2005年をさかいに、それまでアジアの国々の順位が高かったのですが、中近東の国々やオーストラリアなどの資源やエネルギーを産出・輸出する国々が、資源・エネルギー価格上昇にともない上位になっています。

日本の輸出相手国の上位に登場する国を見てみましょう。

map_world_export

日本の輸出相手国上位10カ国の移り変わり

2008年までの50年余りはアメリカがだんぜん1位でしたが、この年にアメリカで金融危機が起こり、アメリカをはじめ世界中の景気が急激(きゅうげき)に悪くなり需要が落ち込みました。しかし、中国経済は、中国政府のいろいろな経済対策により景気の落ち込みが少なく、引き続き高い経済成長を遂(と)げたことから、2009年から日本の最大輸出相手国になっています。

3位以下の輸出相手国の上位は、韓国、台湾、香港、タイなどの経済成長の著しいアジア諸国(しょこく)や地域が多くを占(し)めています。アメリカ向けでは自動車が多いのに比べて、アジア向けの輸出品は半導体(はんどうたい)などの先端技術を活かした機械類や部品、電気製品などと、鉄鋼・銅などの非鉄金属などが多くを占(し)めています。これはアジア各国が半導体などを使用した製品を組み立てる産業が多いことと、国の成長にともないビルや工場、道路などのインフラ(産業基盤と生活関連の社会資本)設備のために非鉄金属を必要としているからです。

147

記事を読む


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
6年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved