部下の夢を叶える幹部候補合宿の内容とは


PDCAを高速で回すって言ってる人を見ると、
うーん分かってないなあと思う。

PDCAとはPlan、Do、Check、Action
の略で、マネジメント用語です。

計画を立て、実行し、確認して改善する。
全てのビジネスはこれに帰結します。

目標必達制度とも言われていて、
つまりそれは、願えば必ず叶う最強の仕組み。

でも、事業のPlanを作れない人が大半です。
それにビジネスでたまたま一発大当たりしても
次が続かないのはこのPlanの策定が甘いからです。

私はこの12年間で10発以上は当ててきました。
最近はお金と時間がかかることしかやってないけど、
どんどんと自分のステージを上げていっています。

ところが、大半の人が消えていったり、
ステージが変わらないままです。

今回は、幹部候補研修でも採用する予定の
正しいPlanの作り方をあなたにシェアします。

会社という広義のPDCAにおいて、
指示通りに仕事ができる、というのは
Do(行動する)にあたります。

しかし、プログラミングができても、
英語が話せても、東大卒業してても、
これだけでは給料が上がることはありません。

なぜなら、世の中にできる人がたくさんいるからです。
これからダンピング(安売り競争)は加速するでしょう。
割に合わない仕事がどんどん増えていきます。

そこで大切になってくるのがPlanです。
Planとはアイディアを形にすること。

どんな会社を作りたいですか?と質問しても
たいていの人がポカーンとしてしまうけど、
PDCAは科学なので必ず答えを出せます。

Planの公式、それは
定性的かつ定量的に測定すること。

定性的っていうのはエモい目標です。
「ジムに通ってゴツい体になる」

定量的に考えると
「日本のフィジーク大会で1位になる」

こんな感じですね。
定量的なPlanには数字が入っています。

さて、それで近々公開する人物の自己紹介で
最近いいなと思った定性的なPlanが
「フェラーリに乗るためにはどうしたらいいか」
というものでした。

そういえば知り合いのVC投資家も、
ビジョンは大きければ大きい方がいいって
言ってたなあと。

大は小を兼ねるじゃないけど、
夢は大きい方が成功しやすい。

まずはここからです。
しかし、普通の人は最初から
大風呂敷を広げられません。

どうしても現実的かつ小さくまとめがち。
「そんなこと言ったらバカにされる」とセーブするのです。
大人になると、頭にすら思い浮かばなくなります。

この思考を開放するのが、数稽古。
書き出しワークで、書けるだけ書きまくる。

何がしたいのか、どんな人生を歩みたいのか。
やりたいことを100個書けと言います。

普通の人でも10個ぐらいはすぐ出ますが、
20個ぐらいでストックが底をつく。
しかし、100個という数字が人間を変えます。

深層心理の奥底に眠っていた獅子が目覚めるような
常識ナナメ上のアイディアが最後に出るのです。

ビジネスを成功させる上で、このナナメ上の
発想というのは欠かせません。

いかにこの発想力を鍛えるのかが、
現代社会を生き残るカギとなるのです。

これをせずして、ただ作業をしている人や
残業ばかりしている人は仕事をしていないということ。

漠然と「どうしたらいいかなあ。」ではなく、
紙に書いて何個あるかが数えられるところも
アイディアの成果を測る上で重要なポイントです。

フェラーリに乗るために、今度紹介する人物が
何を実行に移して稼いだのか気になりませんか?
公開までもう少しだけお待ち下さい。

つまり、Planとは脳ミソに汗をかいて、
振り絞らないといけないものなのです。

これを現状分析と言って、
次に評価、点数付けへと進みます。

順番を正しく理解して実行すれば、
天才じゃなくても夢は必ず叶う。

私がシンガポールに移住できたように。
その考え方そのものを、幹部候補生に伝授します。
そんで、自分の夢を実現してもらう。

これが上手く回ったら、私は考えるのを辞めれる。
良いアイディアがあったら採用するだけ。

新しい趣味を旅行にして
色んなところに行って、美味しいもん食べて。

バスに乗るように飛行機に乗って、
できるだけ都会から離れよう。
ダイビングのライセンスをアップグレードしよう。

楽しみだなあ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。