stickyimage

Menu

ワンクリックで稼ぐナレッジマネジメントとは。


吉田です、おはようございます。

暗黙知って知ってます?
意識しないでやってる仕事や感覚のこと。

例えば、自転車の乗り方について
文書で説明できる人って少ないんじゃないかと。

私は最近、数えるぐらいしか
自転車に乗ったことがありません。

ってよく考えたら、ここ2・3年
自転車に乗った記憶が無い・・。

それでも、目の前で自転車に乗れと言われれば
すぐに乗りこなすことはできます。

小さい頃に練習して、それが感覚として
体に残っているからですね。

ビジネスも同じで、慣れてくると感覚に頼って
行動することが多くなってきます。

最初は型通りにリサーチしていても、
目利きが出来るようになってくると
「あ、これは売れそうだ!」
「絶対イケる!」
っていう感覚が芽生えてくる。

長年の勘を見える化する

目利きバイヤーほどこの傾向が多いんですが、
じゃ、なぜこれなんですか?と質問して
最も多い答えが「長年の勘ってやつです」
っていう回答です。

最も大事な買い付けは自分で行い、
それ以外の部分は人に任せる。

こういう形で会社を任せてる人も多いです。

これは自転車に乗るのと同じで
暗黙知に支配されてる状態ですね。

これを「天賦の才」とか
「この人にしか出来ない仕事」
っていう人がいます。

これはプライドをくすぐる言葉だけど、
野放しにしていると、どんどん個人プレーに
走っていくことに繋がります。

なぜ、あなたはこれが売れると考えたのか。

「勘」っていう暗黙知を言葉にして
その情報を組織全体で共有することを
ナレッジマネジメント(知識管理)と言います。

私は「ワンクリックで簡単に稼ぐ」を
最終目標にしてます。

現在はリサーチ一括大量出品ツールや
発送ツールが完成したので
数クリックレベルで稼げるようになった。

そこに至るまでに、今でも泥臭い
実践を繰り返しています。

見える化する手順

最初は暗黙知から始まっています。
1日1000個売れて死ぬほど忙しい状況で
マニュアルなんか作ってるヒマないので
その時は気合でなんとかします。

暗黙知は「慣れ」ですから、
無理だと思っていても、
慣れることでなんとか回るようになってくる。

じゃあそれがなんで上手く行ったのか。
その原因をしっかりと貯めておくってことです。

1人の場合は理由をノートに書き溜める。
複数の人がかかわる場合は情報を
一箇所に集まるようにしておく。

「慣れる」ということは、言葉にはなってないけど
パターン化されたということです。

この時点でマニュアルを作成して
角度の高い情報をシェアするということ。

これが知識共有の理論です。

分かりやすく言うと
暗黙知=インプット
マニュアル=アウトプット。

記事にしてまとめるのも
アウトプットの1つですね。

知識共有ができたら、それを人の手でやるのか
システムにさせるのかを決めていきます。

改訂がほとんどない安定したマニュアルは
システムの仕様そのものなので
そのまま知識をシステムに落としこむことが出来る。

これを完成させれば、
誰でも稼げる仕組みができる。

あなたがワンクリックで
稼げるようになるということです。

この暗黙知のカケラを集めて
形にするのが私は上手いから
いまこのステージにいるんだろうなって思います。

暗黙知をマニュアル化するには
徹底した取材が必要になります。

マニュアル化に必要な取材力

現場に入って自分も一緒に作業してみたり、
どうやってやってるのかをヒヤリングしたり、
そうやって見えないものを図やマニュアルにして
「見える化」していきます。

多言語のビジネスであっても
言葉の意味を説明できる深い理解力が必要です。

だから、この作業は全部日本語で行います。
世界にはいろんな言語がありますが、
テンプレートは1ヶ国語で作成して
それを翻訳してローカライズしてく。

だから、コアメンバーは全員日本人。
他の言語は補助的で良かったんですね。
今までは。

ところが、最近は現地にもコアメンバーが
生まれ始めました。

活用してるツールやアプリも
海外のものが多くなってきたので
取材をする時に私以外は英語を使って
いるケースも増えてきました。

いよいよ、英語しなきゃいけないなあと
思案してる今日このごろです。

【あとがき1】

ナレッジマネジメントを私なりに解釈すると
それは「誰でも出来るようにシンプルにする」
ってことなんですよね。

虫眼鏡に太陽光を集めて、
焦点を定めて紙を燃やす的な。

暗黙知を広げるだけ広げて、
その後は無理無駄ムラを
削ぎ落とさなきゃいけない。

なのにまた、ツールのツールを作ったり、
オプションのオプションを作ったり、
マニュアルのマニュアルを作ったり
どんどん複雑怪奇にしてくケースが後を絶たない。

全体の焦点を合わせていくために
ブレないために。

最後はやっぱ情熱ですね。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

6年 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved