stickyimage

Menu

海外Amazon・eBay 発送時にかかる関税とは?


■海外Amazon・eBay 発送時にかかる関税とは?

こんにちは、朝岡です。そろそろ本格的にドイツ語を学んでみようと思ってます。最近、僕のことを「Jasuo」と呼ぶドイツ人のお客さんがいるのですが、何度も「Yasuoより」って返事をしているのに、毎回「Hey Jasuo!」で返してくるので「え?もしかして、ドイツならではジョークで、実はツッコミ待ち??」なんてずーっと思ってたんですが、謎が解けました。「J」はドイツでは「ヤ行」らしいです。

さて、約1年のテスト運用が終わり、今年4月に巨大倉庫を拠点とし本格始動したHasso Japanですが、多くの方から「伝票記載額って何?」というご質問をいただきました。

Hasso Japanでは「発送先の住所」「商品情報」を入力して発送代行依頼を登録するのですが、そこに「伝票記載額 ($)」という項目があります。これは「税関申告額」のことです。海外販売歴が長い方はよくご存じだと思いますが、海外へ荷物を発送(輸出)する場合は、その商品の価値(金額)を申告する必要があります。海外旅行で税関に所持物品(特に高級なもの)の金額を申告するのも同じようなものです。

■どうして申告しなきゃいけないの?

その昔、国境を超える際は、通過する「人」そして「荷馬車に積んでいる荷物」に対して「通行料」がかかりました。ざっくり言うと、それの現代版が関税です。国を超えて物が移動するときには関税(通行料)が発生する、ということです。徴収された税金の使途は国によって様々で、国や商品によっても税率が変わる場合があるので「申告額を安く書いて!」という人もいれば、何も言ってこない人もいます。海外販売では日常茶飯事ですよね。また現在は「従価税方式(価格に比例して関税額が上がる)」を採用する国がほとんどなので、申告額が高ければ高いほど、支払う関税額は自ずと高くなります。これは日本の「消費税」で考えると分かりやすいですね。100円の商品なら消費税として5円を支払いますが、100万円なら5万円ですね。条約によって様々な取り決めもありますが、ざっくり言うとこんな感じです。

■まとめ

つまり税関申告額には「商品の金額(価値)」を記載するということになります。eBayやAmazonで販売した金額(利益や手数料を含めた金額)で申告されている方もいらっしゃいますが、その場合お客様は余分に税金を支払っている、ということになります。かと言って、商品の仕入代金を1円単位で申告しなければいけない、というほどシビアでもないんですよね。100万円のロレックスを100円で記載していればさすがに虚偽申告として書類の提示等を求められると思いますが、あくまで「商品に見合った金額」と見なされれば、スッと税関を通過します。手続きを行う「人」の判断に委ねられる部分でもあるので、あまりガチガチに考えすぎるのもしんどくなるだけです。押さえるところはしっかりと押さえて、深く考える必要がないものはサラッと流す。メリハリが大事とは良く言いますが、稼ぎ続ける人はこれが出来る人が多いですよね。北斗の拳なら「トキ」ですね。

■さいごに

# – World Map

ちなみに各国の関税率をチェックするときは「WorldTariff」が便利です。大きな取引をするときは必ずチェックしたほうがいいですね。JETROというサイトから登録すれば無料でデータの閲覧ができるので、気になる方は要チェックです!

www.9-4.jp/main/1jkn…

それでは。朝岡でした。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

4年 ago by in HASSO JAPAN , 便利ツール. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved