stickyimage

Menu

どちらが効率的なのか?そして明日遂に・・ 吉田の海外販売ノウハウ!


同じ作業を自分がやるのと、誰かに任せるのと
どちらが効率的でしょうか。
いや、どちらが安くできるでしょうか?

毎日電卓を叩いて入力をしている人と
計算をするのが初めての人。

当然、毎日電卓を叩いている人のほうが早いですよね。
ただし、「何を計算させれば良いのか」という問題は
先に用意しておいてあげる必要があります。

「10桁の掛け算100個」という問題を出せば
答えを出すまでにかかる時間は明確に差が出てくるでしょう。

問題用紙を見ながら電卓を見ずに入力してく人と、
電卓を人差し指で1つ1つ入力していく人とでは
1問20秒として、100問で2000秒の差が生まれます。

2000秒ということは30分、派遣さんの時給が
1200円だとすると、600円の差が生まれることになります。

仮に1時間で100問回答できるとすれば、
その差は1日4800円、1ヶ月22日とすれば
なんと約10万円の差が発生します。

ビジネスを加速させるためには、定型的な作業を洗い出し、
それを毎日同じ事をやっている人に任せることが必要です。

今の私は、作業の速度は人並み以下。
毎日作業をしている人と比べれば一目瞭然、
つまり私がこの作業をすると会社に10万円の
損失をもたらすということですね。

では、結果として報酬が高いのはどちらでしょうか。
もちろん、作業レベルの低い私の方です。

一見当たり前に感じるかもしれません。
世の中の多くがこうなっているから不思議ですよね。

では、なぜ私のほうが報酬が高いのでしょうか。
1.プラスのビジネスを生み出したこと
2.そのビジネスを人に任せた
という2の要因がありました。

まず私の場合は、海外販売で
プラスのビジネスを生み出しました。

例えば商品をeBayやAmazonで販売し、
900円の利益が発生したとします。

粗利が900円なので、1個当たりの経費は
最大900円まで使える。かかる経費が
900円以内ならそれはプラスのビジネスです。

eBayにはリミット制度があったり、
ネットショップなら最初は少ししか売れなかったり。

しかし週に1度しか売れなくても、月に1度しか売れなくても
それはプラスのビジネスであることが分かります。

更に、損益分岐点という尺度があります。
プラスのビジネスは続けている限りプラスを維持し続ける。

プラスのビジネスの中で、マイナスの要素(非効率)を
どれだけ圧縮していくかが勝負の分かれ目。

損益分岐点を超えればぐっと成長速度は急上昇します。
ということは、しゃがむ(経費を先付で投資する)ということも
必要なのですが、最初私はかなり遠回りしたことがあります。

例えば私が自分で発送作業を行なっていた頃は、
商品が1個売れるごとに、ダンボールを買いに行ってました。
郵便局で購入したり、ホームセンターに買いに行ったり。

ダンボールは小さなものでも100円、
大きなサイズで360円。

利益の範囲で賄ったとしても1売上につき1往復していたので、
今考えるととんでもないコスト高でしたね。
その他の緩衝材やテープ類を揃えるコストも発生します。

まとめて購入したておくと、
3分の1以下で調達できることが分かりました。

そう考えると、「粗利の範囲内でコストを賄う」ということが
必ずしも正しいことではないということが分かります。
私は当時あまりにも、あまりにも幼いビジネスをしていました。

むしろ、その作業をまるごと外に出したほうが良い。
プラスのビジネスは1倍でも100倍でもプラスです。

ということは今現在利益を回収できなくても、
損益分岐点の突破速度を早めることに注目し、
どれだけ攻めて行けるかに着目することが必要です。

それが本物の起業家ビジネスマインド。
2分の1の労力で2倍稼いで
4倍速でこの差を埋めることに注目し続けます。

ライバルを4倍速で追い超すのは爽快ですね。

後はどこまでも飛躍し続ける。
天竜のように、舞い上がる。

1個900円の利益のところに、1個300円の梱包資材を
30枚1万円分購入しておいたとするなら、当面の計算上は赤字。

しかし、30個発送すれば黒字になる。
1個売れるのが最初は1週間かも知れないし、毎日かもしれない。
どちらでも良いのですが、「仕組みを変えずに任せきる」こと。

1日1個売れても、100個売れても
同じ仕組みで回せることが肝なんです。

月収30万円と、月収300万円が一緒になるんですよね。
これに月収5万円の時期から取り組めるあなたは、
私よりも早く稼げる見込みがあるでしょう。

私は最初1個売れるごとに資材を購入しに1往復してました。
3日に1個のペースの時はこれで良かった。
1日に1個のペースの時はしんどくなった。
1日に10個になったら売り場に8枚しか資材がなかった。

パターンも変えなければいけなかったし、
経費の原価も高かった。

最も非生産的で儲からないのは
毎回ステージが変わる度にパターンを変え続けたこと。

まず、最初のステージとして、
リサーチをしっかりして儲かる商品を見つけること。
商品1個単位でです。売れる頻度は関係ありません。

利益が取れるなら、経費の計算は自由自在です。
ビジネスの一番上の風上を制覇したことになります。

そしたらすぐに、1つの変わらないパターンで
外注化を完了させてしまうということです。

私は多くの失敗を経験しながらも、
初動から4倍速でブーストする仕組みを遂に完成させました。

世の中になかったから、自分で作り、シェアして広げる。
規模のメリットを生かして全員で上昇気流を生み出す!

私が海外販売で稼いだ全財産を投入した
このシステムを遂に明日、公開します。

賢明なあなたはもうお分かりでしょう。
明日を楽しみにお待ちくださいね。

【あとがき1】

あー言ってしまった。
短い春だった。

リリースっていうのは遠足と同じ。
遠足に行くまでが一番楽しいんです。

企画をした時、やると決めて、
準備や工程表を作るので一苦労。

2日前には準備を終えて、忘れ物が無いなら
後はワクワクして当日を待つだけ。
この時が一番楽しいんじゃないかと。

始まったら始まったで色々あるはず。
人事を尽くして天命を待つんだから、
現時点で私はやりきった。

さあて、後はぶちかましますか。
革命を。

【あとがき2】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/rfe4…

【あとがき3】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/5i86…

【あとがき4】

エグゼクティブクラブのご紹介制度はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/v3ca…

【あとがき5】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方がかなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を主に利用しております。
そのため、PayPalの本人確認を終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にもたくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は必ず完了させておくようにしてくださいね。
よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
6年 ago by in HASSO JAPAN , ビジネスマインド , 便利ツール. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved