stickyimage

Menu

本日で募集終了。シンガポールに移住します。


モバイルゲドン。

そのウルトラマンの怪獣で出てきそうな、
いかにも弱そうな名前の存在に
気付いた時には、もう遅かった。

今期、初めて史上最大の赤字を出しました。
それはコツコツ貯めてた内部留保の
大半を吹き飛ばす、大変なものだったのです。

若干業績が傾き出したと感じ始めたのは
2年弱前のこと。

一部のスタッフが急に体調不良を訴えだしたり、
不安げな声を時折漏らすようになってました。

それを受けて、じゃあこの1年は攻めようと。
余裕があるうちに、業態を拡大しようとしました。

輸出だけでなく、輸入もやったり、
色々なものに手を出していきました。

在庫を積む場合はすぐに結果は現れないだろうし、
現場で考えてやってくれるだろうと見ないようにしてた。

全体ではプラスだからまあ余力はあると。

経理には、各部門ごとの危険信号だけは
見逃さないでくれと口を酸っぱくして言ってました。

ただ、やっぱりトップの考え方が
その会社の空気を作ってしまうもんだなと。

余力があるというのは私が許容してる範囲のことで、
各部門に関しては赤字に対して危機感を持ってほしかった。
そして自分達で自発的に解決をして欲しかった。

そうして、メスを入れないまま時が過ぎて。

さすがの私が危機感を感じるほどの
出せる限りの赤字を今回出したのです。

オフィススペースが増えればモノが増える。
お金はあるだけ使ってしまう。

なぜなんでしょうね。
自分がしなくても誰かがする。

その直後から私は原因究明に動きました。
私のただならぬ雰囲気を察知したみんなが
急に青ざめて動き出す。

3日3晩、あらゆる部門でミーティングを重ね、
たどり着いた結論が「モバイルゲドン」

それは、モバイルフレンドリー対策でした。

モバイルフレンドリーとアルマゲドンを組み合わせた
海外らしく、日本語に直すとちょっとマヌケな
ネーミングセンスのこのGoogleのアルゴリズムの改変は
小さな私の会社1つを吹き飛ばすには十分すぎる威力でした。

私ってeBay輸出とかお客様へのフォローアップが
上手なイメージがありません?

私もそう思ってました。
屋台骨になってるのはこの考え方だと。

セールや顧客へのメールで以前よりも
売上が伸びないのは私が直接書いてないから、
もっと工夫すればきっと伸びるはずだと。

もしくは本を出したのでAmazon輸出の
イメージを持ってる方がいるかもしれない。

Amazonやプラットフォーム関係は
在庫を持ち、徹底的に仕入値を下げれば
利益が追いついてくるはずだと。

物作りにも取り組もうと、
中国にも足繁く通いました。

しかし、それって全然意味なかった。

なぜなら、私の会社で一番売上が大きく
利益率が高いのは「自社サイト群」だったからです。
盲点過ぎて、まったくの意外でした。

しかも、作ってからずっと放置してるだけで売れてました。
どんどん売上が伸びてたので気づかなかったのです。

変なテクニックも使ってなかったので、
いわゆるパンダアップデート、ペンギンアップデートも
影響ないどころか追い風が吹いてました。

しかし、ちょうど去年の3月に始まった
モバイルフレンドリー対策では、
大きく影響を受けて、新規の流入が激減してたのです。

今月アクセス解析を「初めて」触って確認したときには
新規の流入はもう、100分の1まで下がってました。
驚くことに、全サイトの売上の減少とピタっと一致してます。

しかもその最高水準の時のままの人件費で
そのまま2年近くも運営を続けてたことになります。

アルゴリズムと人件費。

これが今回、赤字を出した大きな原因だと私は特定しました。

幸いにも、というかリピート率が高すぎて、
アクセスが激減してるにも関わらず
2年もの間、ズルズルと持ちこたえていたのです。

戻るまでには何ヶ月掛かるかわからない
給料下がってでもやるつもりあるかと聞いた。
「もちろんですよ」と頼もしい声が響いた。

2日間、ほとんど寝ずに出来得る限りの
状況証拠を揃え、私はエンジニアに声を掛けた。

モバイルフレンドリー対策をしてほしいと。
その答えは意外なものだった。

「それって、本当にそれが原因なの?」

がくり。首をうなだれ心が折れる音がした。
そうか、そこからの説得か。

そもそも私の自社サイト群は特殊な
商品を扱ってるので、そもそもモバイルで
ポチポチ決済するものではない。

なぜ、モバイルの画面を作る必要があるのか。
無骨なバックエンド系エンジニアらしい一言。

彼らの特徴は、ガラケーしか持たないこと。
スマホをそもそも扱わないのだ。
スマホの裏側の仕組みを、知ってるから。

それだけじゃない、残ってた正社員スタッフも
辞めますという返事が帰ってきた。

高額商品を扱うネットショップのスタッフは
「もう、旬が過ぎたのかも」と悔しそうに言う。

い・・いやいや。そうじゃないし。
それに今更悔しがる?なぜ?
当然知ってただろうに。

必死で周囲を説得し、原因が特定できた所で
次なるは「覚悟」の問題。

誰もが、沈みゆく船には乗りたくない。
傾いたと感じるだけで、弱気になる。
そこに抗うのは、いつだって船長ただ1人。

私は必死で動き回った。なぜ?
大きな疑問が私の中で芽生えました。

「なぜ、私は稼ぐんだろう。誰のために?」

3日目に私は、決断をしました。
辞めようと。

だってこの2年間一所懸命働いたのに、
ゼロどころかマイナス。

じゃあ遊んでた方が良かったじゃんと。
遊んでも使い切れなかったぐらいの額じゃんよと。

責任の多くに私があることも痛感してます。

色んな所でモバイルフレンドリーの話しは出てたし、
エグゼクティブ会員の月1コンテンツやメルマガでも
特集をして警告を出していたはずです。

なのに、そこに対応できなかったのは、
1回見直しをする時は、相当の気合と体力が
要ることを知っていたからで、それから逃げてました。

誰かが危機感感じて対応してくれるだろうと。
甘えてたのかなあ。まだ心の整理つきません。

eBayにしてもAmazonにしても同じです。
1つに集中して取り組めば打開策を生み出すのも早い。
ルールの変更にも柔軟に対応できたことでしょう。

0から1を生み出すことと爆発の快感に溺れ、
1から100にする段階でのメンテナンスを怠った。

毎日やってる人が一番詳しいはずだから、
すぐに対処してくれるだろうと、人任せにしてたのです。

人の説得や交渉は本当に命を削るほど疲労が溜まります。

アメリカの大統領選挙を見ていて、
あの老人たちのどこにそんな体力があるのだろうと。
3日3晩しゃべり倒すだけで疲労困憊なのに。

リアルで借りているオフィスは、
ほぼ閉鎖することにしました。

人が居なくなって閑散としたオフィスを見て、
アルゴリズムがまるで実体化したかのような
錯覚を覚えました。

アルゴリズムって人を消すほどの威力が、ある。

対策は今からでも遅くないのかもしれないし、
早めに手を打っていればもっと伸びたかもしれない。
でも、もう・・私の気力が持たない。

ということで、あなたは私と同じ過ちを
繰り返さないように気をつけてください。

「貯金、あるんでしょ?」

税理士さんに言われました。
そうですね、自分が食べて行く分ぐらいは。

「もう、いいんじゃないんですか?頑張らなくても。」

それで私は、ふっと体の気が抜けた。
そして次の目標もハッキリと決まった。

イギリスのユーロ離脱、トランプ大統領の誕生。
世界はオープンな経済からクローズドな経済へと移ってる。

私自身も、今まではお客様やスタッフ、
パートナーのみんなのために働いてたけど、
自分のために働くスタイルに転換しようと。

自分を大事にしようと決めたんです。

0から起業し1の結果を出すのは得意です。
しかし今の時代は1を100に育てる時代。
成熟期ではないけれど黎明期でもありません。

1から100に大きく広げる時、
そんな時、何が必要かと言えば
「好き」だという感情が一番大事です。

イヤイヤやってる人と、
時間を忘れて取り組む人との差が
ここに現れてくるのです。

会社経営者は、本当にたくさんの人と
毎日話す必要があります。

付き合い上手、話し上手、説得上手、
あんま寝ないでよく遊んでよく働く人が多い(笑)

私は元々そんなに社交的な方ではありません。
考えたり空想にふけったり、1人の時間が好きです。
家に知り合い呼んでパーティするタイプでもありません。

だから、そもそも無理があったのかなと。
よくぞここまでやったなと。

私はただの侍です。
稼いで贅沢したいワケでもないです。
ただ自分の実力を試したいだけ。

ならば、次やることは決まってる。

・本当に自分が良いと思ったもので、
・本当に自分が好きなことしかやらない。
・本当にオススメできるものしか紹介しない。

私が今回失った代わりに獲得した権利はこれだと。
だって別に、お金が欲しいワケじゃない。
共感し、分かち合いたいだけなのです。

パソコン一台で仕事ができる環境になり、
もうオフィスも無くなったので
日本にいる理由が無くなりました。

来年、私はシンガポールに移住します。
真のエグゼクティブになるために。

ということで、会員募集の間つらつらと
話しをしてきましたが、いかがでしたか?

ま、クドいですよね。知ってます。

メッセージもたくさん頂きましたが、
今回ばかりはお返事をする気になれず、
そっとしといてください。

エグゼクティブクラブは続けます。

これから残った貯金を何に使おうかと
この数日間、色々考えました。

家?車?そもそも消費に興味はありません。
株かFXか。結果が見えないものにも興味がありません。

自己投資。

私にはこれが一番しっくり来ました
勉強したい、と心から思います。
実際、大人がする勉強はとても贅沢です。

移住に向けて、英語の勉強も毎日してます。
この話しが多分今後、多くなるでしょう。

エグゼクティブ会員は、私を始めとした
実践者たちの過去10年間の叡智の結晶が
詰まった海外販売を体系的に学べる会です。

他では出来ない勉強が、
あなたはできるでしょう。

もう、二度と私の過去の話はしないし、
年2回程度の募集頻度も、もっと下がるかもしれません。
お申込みは、お早めに。

本日最終日。
最後までお読み頂きありがとうございました。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/ayxn…

【あとがき】

エグゼクティブ会員の実践分野は多岐にわたります。
代表の私ですら、見落とすほどです。

自分に合ったもの、自分の好きなテーマを選んで
実践してください。

結局このビジネスは「個人輸出」なんだなと。
大企業や上場モデルではありません。

人を採用したら、人件費の重みを知ってください。
「良い人コスト」は非常に高い。

叱れない人、首を切れない人は
誰かの代わりに借金を背負うことになるでしょう。

部屋の片付けが出来ない人は、
ビジネスの片付けもできません。

そんな人はまず、会員になる前に
身の回りの断捨離からはじめてください。

そもそも、我々のビジネスは人を
雇う必要がないビジネスです。
自由な時間に、自由に働けるビジネスです。

逆に個人の範疇では成功している人の中には、
安定的に稼いでいる人がたくさん居ます。

例えばAirbnbなら自宅の一室を貸し出してる
スーパーホストがマニュアルを作成してますが、
非常に手堅くに収入を得ています。
(結構、田舎に住んでます)

あなたもすぐに会費分ぐらいの元は取れるでしょう。
そこは断言させてください。
ただしあなたが真剣に取り組めば、です。

年商2億以上に広げると、色々問題が出てくるので
オススメは月収100万円前後で堅実にやることです。

私からあなたへの、アドバイスです。

mobilegeddon


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3年 ago by in エグゼクティブ会員. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved