stickyimage

Menu

【eBay輸出】モバイルフレンドリーに対応した商品ページの作成方法


オンラインショッピングが普及し始めた頃はパソコンからの購入が主流でしたが、最近ではスマホの急速な普及によってモバイル端末からの購入者が増えています。

あなたも実は気づいているのではないでしょうか?

eBayではモバイルからの購入が総取引額の59%を占めるそうで、この数字を見ればモバイル対策は急務だということがわかるでしょう。

本日は、どのデバイスからでも効果的な商品ページを作成するための方法についてお話していきます

 

目次

●eBayの機能を活用する
 ・商品コード
 ・画像アップローダー
 ・商品詳細
 ・Listing Frame
 ・適切な出品方法
 ・Promotions Manager
●商品ページの最適化
 ・viewportメタタグを使用する
 ・記述要素を最適化する
 ・フォント設定を確認する
●まとめ

 

eBayの機能を活用する

eBayにはセラーにとって便利な機能がたくさん用意されていますが、これらは効果的な商品ページを作成できるように設計されています。

つまりセラーがまずやるべきことは、eBayの機能を正しく利用することです。

eBayの機能を利用すれば、これだけでもかなりバイヤーが見やすい効果的な商品ページを作成できます。

●商品コード
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
商品コード(UPC、EAN、ISBNなど)が存在するカテゴリーの場合、セラーは商品コードを指定する必要があります。

商品コードをしていすることにより、eBayカタログ内の製品と一致するものを探し出してくれます。

そして見つかった場合には商品タイトル、商品説明、商品特性、商品画像(新規商品の場合のみ)を自動的に入力してくれ、最適なカテゴリーに分類されます。

●画像アップローダー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
画像アップローダーを使うことで、最大12枚の写真を無料でアップロードできます。(モータースの場合は24枚)

これを使わず画像を埋め込むと、モバイル端末で閲覧した際に画像が正常表示されない場合があるので、アップローダーの使用をオススメします。

●商品詳細
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先述の通り、商品コードが存在するカテゴリーについては、eBayカタログ内に該当する商品が見つかった場合に商品詳細が自動入力されますが、eBayもこれには細心の注意を払っているようです。

商品コードが存在しない場合は、セラーが手動で商品詳細を入力必要があります。

商品詳細はカテゴリーによって大きく異なりますが、効果的な商品詳細の書き方については「商品詳細提供」のヘルプトピックを参照して下さい。

●Listing Frame
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Listing Frame機能を使用することで、バイヤーは商品ページからストア検索ができるようになります。

機能を有効にするための手順は以下のとおりです。

1.ページ上部の『My eBay』をクリック
2.『Account』タブを選択し、『Marketing Tools』をクリック
3.ページ左側の『Listing Frame』をクリック
4.カスタムリスティングフレームの表示方法をする
5.『Apply』ボタンをクリック

※Listing Frameとは

ストアヘッダーのカスタマイズ、左ナビゲーションバーの追加などができる機能です。

ヘッダーにはお気に入り登録、ニュースレータ購読登録などのリンクを含めることができます。

左ナビゲーションバーには、ストア内の最初の30カテゴリーのリンクを含めることができます。

どちらか一方のみ、もしくは両方ともの使用を選択することが可能です。

●適切な出品方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
適切な出品方法(SYIフォームやAPI)を使用して、利用可能な支払い方法、配送オプション、返品ポリシーなどをバイヤーにわかるようにします。

ウィジェットやアクティブ・コンテンツを使って商品ページ内の情報をまとめようとするよりもはるかに効果的です。

※SYIフォームとは

SYIとはSell Your Itemの略です。

要するに出品用フォームのことであり、これを使用することで商品説明を記載したり、画像を掲載したり、発送先や価格の設定などができます。

SYIフォームはこちら

●Promotions Manager
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
eBayストア購読者であれば、Promotions Managerツールを利用することで販売イベントや割引オファーの設定、コードレスクーポンの作成、配送割引やグレードアップを提供することができます。

Promotions Managerの詳細や活用方法についてはこちらをご覧ください。

【eBay輸出】Promotions Managerでモバイルユーザーを獲得して売上を拡大しよう!

 

商品ページの最適化

アクティブ・コンテンツが商品ページ内で使用されている場合、モバイル端末での表示を最適化するには以下の3つの方法があります。

●viewportメタタグを使用する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
viewportメタタグを使用することで、商品説明の寸法を調節する方法がモバイルブラウザに通知され、モバイル端末でのレンダリングが適切にされるようになります。

eBayはセラーが独自に大きさを調整するのではなく、viewportで幅を設定することを推奨しています。

viewportを設定するためには

<head></head>

内に以下のソースを追加します。

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

これを追加するだけでOKです。

viewportを設定する時は、固定幅を使用すると商品説明の一部がモバイル端末で正しくレンダリングされなくなる可能性があるので絶対にやめましょう。

●記述要素を最適化する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
商品ページ内のすべての記述がデバイスごとに適切なサイズになっていることを確認しましょう。

CSSに絶対値は設定せず、埋め込んだ画像が全体表示時に十分な大きさで表示されているかチェックします。

モバイルブラウザの場合、スクロールバーを使用することで回避することは可能ではありますが、これはモバイルフレンドリーではありません。

●フォント設定を確認する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
eBayではCSSピクセルを16に設定、そして1~2のフォントサイズを使用することを推奨しています。

適切なフォントサイズを設定すれば、バイヤーはピンチでズームをして読む必要がなくなるため、ユーザビリティが向上します。

 

まとめ

効果的な商品ページを作成方法についてお話してきましたが、一番確実なのはeBayの機能を正しく使用することです。

2017年春期セラーアップデートからアクティブ・コンテンツの使用が制限され、基本的にレンダリングが正常にされなくなります。

さらに2017年秋期セラー・アップデートでは、アクティブ・コンテンツを使用した商品ページが削除、もしくはブロックされる予定になっています。

eBayもこのアクティブ・コンテンツの段階的な廃止のために、セラーには使用を控えるよう促しています。

アクティブ・コンテンツの代替案についてはこちらの記事を参考にして下さい。

【eBay輸出】アクティブコンテンツ禁止に対する12の準備

eBayの機能を使用すればページロード時間の短縮にもなるので、バイヤーにとっても買い物が快適にできるようになります。

もしアクティブ・コンテンツを使用する場合は、eBay以外のサーバーからロードされたコンテンツが素早く読み込みができているかどうかテストをしっかり行って下さい。

最後に必ず、eBayのモバイルフレンドリーチェッカーを使ってチェックを行いましょう。

モバイルフレンドリーチェッカーはこちら


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
2年 ago by in eBay. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved