stickyimage

Menu

eBayリミットアップ交渉代行実況中継


おはようございます!eBayリミットアップ交渉代行の山本です。

今回はeBayのリミットアップ交渉代行の様子を再現してみます。リミットアップ交渉の流れを掴んで頂くと同時に雰囲気も味わってください。また、ご自身でリミットアップ交渉に挑戦する際にも大いに参考になる内容になってます。日本語で再現していますが、英語版をこちらにアップしました。興味のある方はご覧ください。

ここで紹介するのは交渉の流れを分かりやすくするために作成したモデルケースです。ご依頼者名、eBay担当者名、出品内容、リミット等の記載内容は架空のものです。交渉代行の実際のケースはこちらのブログで再現しています。

リミットアップご希望のセラーさん紹介

今回のモデルケースに登場してもらうセラーさん(架空)と彼のeBayでの販売状況を紹介します。

・ セラーさん: 大阪在住の「鈴木 ゆうすけ」さん
・ 現行リミット:15,000ドル、 500アイテム
・ 取扱商品: フィギャー、家電品、ゲームソフト
・ ご希望リミット: 30,000ドル、700アイテム

鈴木さんは6ヶ月ほど前からeBayで出品をされています。直近1ヶ月の販売実績は約1,200ドル、20品で、現行リミットに対して金額は8%、品数は5%程度です。過去1ヶ月のセラーとしてのポジティブフィードバックは12個獲得してます。

現在は金額リミット一杯まで出品していますが、品数はリミットの半分程度に留まっています。このため、今回は金額アップを重視した交渉になります。平均出品単価は約60ドルです。

(ここに記載しているような情報はアンケートを通して、申込者から事前に入手しています。)

交渉前に確認すべき事項

まずリミットに対する販売率を確認します。金額、品数はそれぞれ8%、5%で、ともに低めです。金額の大幅アップを狙っているのでしたら、金額リミットに対する販売率は最低でも10%は欲しいところです。セラーとしてのポジティブフィードバック数も、もう少し欲しいですが販売数量からするとOKです。

ご希望は30,000ドル、700アイテムですが出品平均単価は60ドルですので、30,000ドルを達成したとしても品数は500個程度でも間に合います。この辺の数字を把握しておくと、提示されたリミットを微調整してもらうのに役にたちます。

現在のリミットがすでに15,000ドルとやや大きめであること、販売実績があまり振るわないことから金額リミットは1.4~1.7倍位のアップが妥当と考えます。品数はアップなしの可能性もあります。

このようにわたしの場合、交渉に備えて妥当なアップ率と出品平均単価を確認するようにしています。

リミットアップ交渉代行を再現!

ご依頼者の鈴木さんとスカイプで簡単に打ち合わせした後、eBayをスカイプに追加して三者通話を開始です。ガイダンスに従いパスコードを入力すると待ち時間のアナウンスが流れます。eBayアメリカの場合は、やたらにうるさい音楽が流れますが、この音楽が切れると担当者に繋がり、いよいよ交渉開始です。

eBay: 「お電話ありがとうございます。担当のクリスティです。お名前をフルネームで教えてください」

私: 「私はタカアキ・ヤマモトです。ユウスケ・スズキさんの代理でコンタクトしています。」

eBay: 「了解です。本人確認を取りたいのですが、ユウスケさんはご一緒ですか?」

私: 「はい、一緒です。少々、お待ちください」

鈴木さん: 「ハロー」

eBay: 「ハロー、eBayカスタマーサービスのクリスティです。ハウアーユー?」

鈴木さん: 「アイムファイン・サンキュー」

eBay: 「グッド… セキュリティ上、いくつか質問します。まず登録住所を教えてください」

鈴木さん: 「大阪府大阪市○○○です」

eBay: 「パーフェクト。郵便番号も教えてください」

鈴木さん: 「543- XXXXです」

eBay: 「ご本人の確認が取れました。ユウスケさんのアカウントに関して、私がミスターヤマモトと話し合うことに同意して頂けますか?」

鈴木さん: 「イエス」

eBay: 「ありがとうございます。では、本日のご用件をお知らせください」

私: 「リミットアップを希望しています」

eBay: 「了解しました。前回のアップは1ヶ月前ですから、はい、お役に立てると思います。eBayがリミットを設けている理由とリミットの仕組みについて既に説明を受けてますか?」

私: 「はい、前回の交渉時に聞いています」

eBay: 「パーフェクト。では、現在の出品内容を教えてください」

私: 「フィギャー、家電品、ゲームソフトをメインに出品していいます」

eBay: 「仕入先を教えてください」

私: 「主に地元の小売店で購入しています。一部商品はインターネットショップから購入しています」

eBay: 「了解です。写真はご自身で撮影していますか?」

私: 「自分で撮影しているものと他のサイトから持ってきているものが半々といった感じです」

eBay: 「そうですか、問題ありません。支払いの受け取りはPayPalですね?」

私: 「そうです」

eBay: 「発送までの所要日数を教えてください」

私: 「通常は1~3日以内に発送しています」

eBay: 「パーフェクト。アカウントを詳細に確認して、新しいリミットを決めますので、少々、お待ち頂けますか?」

私: 「はい。よろしくお願いいたします」

eBay: 「お待たせいたしました。アカウントの内容は素晴らしいと思います。フィードバックは100パーセントポジティブ、DSRも5段階評価で5と4.9、未解決のケースもありません。品数より金額がひっ迫しているようですから金額を少し大目にアップして、新しいリミットは26,000ドル、650品とします」

私: 「了解です。ユウスケさんと相談しますので、少し、お待ちいただけますか?」

    ※ 金額は約70%アップで悪くないと思いました。ただ現在の平均出品単価の60ドルから判断すると金額と品数を調整した方がよいです。鈴木さんに品数を下げて、金額を上げる作戦を伝え、交渉を再開しました。

私: 「お待たせ致しました。ユウスケさんも新リミットにとても感謝していますが、できればもう少し、金額を上乗せして頂けないでしょうか?」

eBay: 「残念ながら現在の販売実績でアップできる最大は26,000ドルです」

私: 「そうですか。現在の平均出品単価が約60ドルですので、品数と金額のバランスが取れていません。品数と金額のトレードはできませんか?品数は減っても構いませんので、金額を少しアップして欲しいです」

eBay: 「リミットの調整なら可能です。少々お待ちください… 品数を550に下げると、金額は27500ドルまでアップできます」

私: 「そうですか。500品まで下げると、金額リミットはさらに上がりますか?」

eBay: 「500品ですと、えーと…28,300ドルにします」

私: 「ありがとうございます。ユウスケさんのニーズに合ったリミットに近づいたと思います。ユウスケさんに確認しますので、少々、お待ちください」

    ※ 鈴木さんに A.Y.さんに550品、27,500ドルと500品、28,300ドルの選択肢があることを伝えました。鈴木さんは後者を希望でした。

私: 「お待たせしました。ユウスケさんは500品、28,300ドルを希望しています。新しいリミットにとても満足してます。どうもありがとうございます」

eBay: 「ご満足頂けて嬉しいです。再度リミットアップをご希望の場合は30日後以降にご連絡ください。販売実績に応じて善処いたします。何かご質問等はありませんか?」

私: 「いえ、特にありません」

eBay: 「了解です。新しいリミットはアカウントに数分で反映されます。このあと確認のメールも送信します。本日はeBayにお電話頂き、ありがとうございました。ハヴァナイスデー」

私: 「サンキューソーマッチ。ユーツー、ハヴァナイスデー!」

まとめ

先ほども書きましたが、わたしは交渉に備えて妥当なアップ率と出品平均単価を事前に確認しています。妥当なアップ率を自分なりに把握していなければ、提示された新規リミットにどう対応すべきか判断ができません。どのようなリミットを提示されても「とにかく粘って粘って追加アップを要求すべし」とアドバイスしているブログもありますが、感心しません。

eBayのリミットアップポリシーの基本は、販売実績に応じて適切なリミットにアップするものです。妥当あるいは妥当以上と判断するアップを提示された時は、ありがたく受け入れ、十分にお礼を述べて交渉を終了すべきです。闇雲にしつこく追加アップを要求するのは礼儀に欠きますし、eBayにとっては迷惑で、ゴロツキとしか映りません。とことん粘れば担当者が根負けしてアップしてくれるなんてこともありません。

十分に妥当なアップを提示してもらった場合でも、金額と品数のバランスが取れていなければ調整してもらいましょう。このためには平均出品単価を把握している必要があります。担当者に「金額と品数のバランスが取れていませんので、品数を減らして金額を上げてください(もしくは金額を下げて品数を上げてください)」とお願いすることになります。闇雲に追加アップを求めると「ゴロツキ」になりますが、リミットの調整を打診すると快諾してもらえることが多いです。

消費ニーズが増大する年末が近づいてきているせいか、少し前から寛大なリミットアップが続出しています。大きなアップを狙うには今はチャンスです。「リミットの調整」あるいは「金額と品数のトレード」という手法はわたしが実践を通して見つけました。あまり知られていませんが、今の時点では非常に有効です。eBayの対応が寛大なこの機会に、今回の記事を参考にし、是非、リミットアップに挑戦してください!


6年 ago by in eBay , ネットショップ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved