stickyimage

Menu

eBayの大幅リミットアップに必要な3つのポイント


はじめまして!eBayリミットアップ交渉の代行をやっている山本です。交渉代行は昨年末から始めて、すでに230人以上の方の交渉を担当しました。eBayとのコンタクト回数は延べ500回は超えていると思います。日々、交渉現場に身を置くことでしか分からないeBayの対応変化、ポリシー変更等の生情報をいち早くお伝えします。またeBay交渉の代行を始めた経緯、これまでコンスタントに依頼者を獲得できてきた理由なども明らかにします。

今回は大幅リミットアップを達成するためのポイントを紹介します。もちろん、『魔法の杖』なんてありませんが、少しでも交渉を有利に進めアップ幅を大きくして頂ければ幸いです!

■ リミットアップに必要な条件

まず、リミットアップに最低限必要な条件を確認します。eBayの公式サイトには以下のように記載されています。

1. eBay登録後90日が経過していること。(You’ve been a registered seller for at least 90 days.)

初回のリミットアップに適用される要件ですが、実際には30日経過していれば大丈夫です。30日以下ではアップ不可もしくは小幅なアップに留まります。2回目以降のリミットアップでも、リミップアップ達成から30日待たなければなりません。

2. 未解決のバイヤープロテクションケースがないこと。(You don’t have any unresolved eBay Buyer Protection cases.)

初回のリミットアップ交渉でケースがオープンされていると大きなマイナス材料になります。でも、取引数が多くなってくると少数のケースがオープンされていても大丈夫です。但し、オープンされて日が浅く、解決に向けて努力していることをが必要です。立て続けにケースがオープンされている場合は、落ち着くまで交渉を先延ばしにしましょう。

3. セラー詳細評価の各項目が4.8以上であること。(Your detailed seller ratings are at least 4.8 in all areas.)

セラー詳細評価(Detailed seller ratings)はフィードバック・プロフィールページ(あるいはセラーダッシュボード)で確認できます。商品説明、コミュニケーション、発送までの所要日数、配送梱包料の4項目あり、各項目10個以上の評価が集まると表示されます。

公式には各項目とも5点満点中4.8以上必要としていますが、eBayシンガポールでは4.6点を最低ラインとしていて、かなり厳密に適用しています。1項目でも4.6を下回るとアップ不可になる可能性が高いです。eBayアメリカでは1つの項目で4.4だった場合でもリミットアップできたことがありますが、やはり最低4.6程度は確保したいところです。

■ 大幅リミットアップ達成の3つのポイント

上で紹介した3条件を満たしても、リミットアップする「資格」を獲得しただけです。大幅なリミットアップを達成するにはセラーとしての実績を積み上げる必要があります。セラーとしての実績を上げると言っても、漠然として雲を掴むような感じかもしれませんね。重要なのは次の3つのポイントに絞られます。

1. 出品数、出品額

当たり前のことですが、リミットに余裕があるとeBayとしてもリミットを上げる必要性を認めることができません。初期リミット(10品、500ドル)ですと出品単価の平均が50ドルでしたら、金額、品数共にリミット一杯になりますが、金額と品数のバランスが取れるのは稀だと思います。金額、品数のどちらか片方がリミットに達していればOKです。

リミットは毎月1日に先月販売分がリセットされますので、月初に交渉する場合は、先月末の時点でリミット一杯であれば大丈夫です。でも、交渉までに出来るだけ出品を増やすようお勧めします。

2. セラーとしてのフィードバック

リミットアップ交渉では過去1ヶ月間に獲得したセラーとしてのフィードバックが評価対象になります。獲得数は勿論ですが、評価内容、販売品なども確認します。ですので、1ドル未満の廉価なテーバックやポストカードでのフィードバック集めはあまり印象が良くありません。

フィードバック獲得率、つまり販売数に対するフィードバック獲得数も評価の対象です。フィードバックが戻ってくる率が高い = バイヤーの満足度が高いと判断されます。

バイヤーとしてのフィードバックはリミットアップと無関係です。安い商材を購入してフィードバック稼ぎをしてもリミットアップのためには意味がありません。もっとも、フィードバック数が多いと他のバイヤーに対して安心感を与える効果はあるかもしれません。

3. コンバージョン率(販売率)

コンバージョン率ってウェブサイト訪問者が実際に物、サービスを購入する確率ですが、ここでは現行リミットに対する販売率と考えてください。現行リミット ÷ 過去1ヶ月または先月の販売実績で計算してください。

少し前まではセラーフィードバックがリミットアップにとって一番のキーポイントでしたが、今はこのコンバージョン率を最も重要視している感があります。いくらリミットまで出品していても、販売が伴っていなければ評価されず、大幅なリミットアップはできません。

初期リミットのようにリミットが小さい場合は、コンバージョン率がほぼ100%になることも珍しくないですが、リミットが大きくなるにつれ低下していきます。2回目以降の交渉ではコンバージョン率に注意を払うべきです。

リミットアップ交渉で評価される最低ラインが10%、できれば20~30%は欲しいところです。50,000ドル、1,000品等のように大きなリミットの場合は20%超でしたらかなりよい評価になります。

■ まとめ

以上、リミットアップに最も重要な3つのポイントを紹介しました。重要度は3、2、1の順です。写真、商品説明、発送までの所要日数、仕入先等も評価対象には違いありませんが、これらでeBayのポリシー違反をしていなければ、リミットアップの大勢には影響を及ぼしません。

リミットアップ交渉でeBayが評価するのは直近1ヶ月の販売実績です。1ヶ月頑張ったご褒美がリミットという形で戻ってくる訳です。交渉当日にいくら頑張っても結果に繋がりません。日々の努力を怠らないでください。

補足ですが、交渉がスムースにいくのと、言葉の問題や交渉に不慣れなために暗礁に乗り上げるのでは、交渉結果に大きな差がでる可能性があります。リミットアップに自らチャレンジされることに賛同しますが、担当者の話が殆ど聞き取れないというような状況でしたら、信頼のおける通訳者、代行者を使ってみることをお勧めします。

eBay交渉代行サービスについて

eBayとの交渉(リミットアップ、サスペンド解除など)の代行サービスを有償にて提供しています。

代行サービスをご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

※ 山本が提供するサービスであり、サービス内容等に吉田ゆうすけさんは責任を負いません。

ご質問はこちらのフォームから受け付けています。


The following two tabs change content below.
3年 ago by in eBay. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved