stickyimage

Menu

レアなアンドラ広告に出してみた。


私「アンドラ広告?なんの話し?」

なんかこう、お疲れ~とオフィスに入る瞬間に
雰囲気で忙しそうだなって気付くことがある。

あんまり話しかけないようにしてると、
彼はなんだか目まぐるしく動いてる。

どこかに電話しながらWebサイト開いて
あーだこーだしてるので気になって話を聞いてみると、
アンドラ広告がどうのこうの言ってる。

そんな代理店あったっけな?ハテ?

彼「違いますよ!アンドラ公国ですよ。」

アンドラ公国とは、フランスとスペインの間に挟まれた
超山奥にあるミニ国家のことでした。

どうやらタックスヘイブンらしく税金が非常に
安い国らしいんですけど飛行機が飛んでないので
入国手段は陸路のみという変わった国。

これはかなりレアケースなパターンのやつ。
海外販売してるとこういう国にも発送があります。

で、この国の送達条件を調べていたら、
どこの条件に属するのかが分からず
日本郵便に直接電話で聞いていたようです。

それで話を聞いてみたらフランスと同様の扱いらしい。
たまーに海のど真ん中に浮かぶ島に送ることも
米軍施設に送ることもあるけれど、面倒だなと。

というのも、商品の扱いが国ごとに異なるから。
eBay輸出の場合は特にそういった手間がかかります。

eBayはアメリカ以外にもフランスやイギリスなど
色んなサイトがあるけれど、Amazonと違って
.comに出しておけば世界中に売れていきます。

商圏が広くなるのは良いことだと思ってたけど、
こうやって1つ1つ調べる手間が掛かったり、
商品も細かく全世界に出すのは実は大変なことで。

ラベル間違うと地球の裏側まで間違うしね。
Amazonの場合はアメリカに出せばアメリカにしか
売れないのでそういう意味では楽です。

同一国向けの同一出荷がビジネスモデル的には一番楽。
裏を返せばそれが一番コスト削減できるワケですね。

妻「バンコク郵便連合には加盟してないんだね。」

wikiで調べた妻が途中で口を挟んできた。
アンドラ公国、調べてみると面白い国。

でもバンコクの郵便連合に加盟してないって
どういうことだろ?郵便物がタイを経由するから?

妻「違うよ、万国郵便連合だよ!」

あ、万国か。。バンコクに行ってきたばかりだから
ついつい・・。

ということで、だいぶトボけた
会話になっちゃいました(苦笑)

さて、ネットの国境は言語にあると私は考えてます。

英語というのは世界の共通言語なので、
話せる人口も非常に多く、第二言語として
採用している国も多いです。

同一国向けの同一出荷がビジネスモデル的には
一番楽だと言いました。

では、送る国を絞るためには何が良いかというと、
言語を選べば国も選べるということになります。

例えばアジアの。

Location_Andorra_Europe


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in eBay. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved