stickyimage

Menu

初心者がステップアップしていくには


こんにちは。セラピストの原早苗です。
前回こちらの記事を書かせていただいた時はハロウィーンの時期でしたが、東京は11月も後半になるとあっという間にクリスマスモードですね。
そしてこちらの投稿も3回目になりましたが、1回目の投稿時は販売数「0」だった私も先日お陰様でebayでLimitUp初交渉に挑むことができました。

なんと、早く結果が欲しかったのもあり、ダイレクトにUSのコールセンターへコールしてしまいました。結果、英会話力が乏しい私は聞き取りがうまく出来ず、会話があまり成り立ってなかったのか、あえなく敗退の結果に終わってしまいました。一瞬ヘコみつつも、ここで引き下がっては時間がもったいないので、英語の堪能な海外販売の仲間にすぐさまレスキュー要請をしました。やはり、安心して事が進みます。会話もスムーズに流れ、無事 10品$500 から 25品$1,250にLimitUP成功。友人に感謝です!ちなみに他のプロジェクトメンバーの方々も書いていらっしゃいましたが、質問された内容は皆様とほぼ同様に、これからどんなものをどれくらいいくらで売りたいのかを、聞かれました。数がをもっと欲しかった気持ちはありますが、今の自分のレベルを考えると今までの倍以上なので満足の結果でした。自分のチャレンジは勉強になりましたが、やはり頑張り過ぎず助けを求めるのも大事だと思いました。

リミットアップの前の状況

今日は私が今までやってきたことをまとめて少しお話したいと思います。
私は基本毎日パソコンに向かうことが出来る時間は約3時間くらいしかありません。そのため最初の頃は焦る気持ちが先立ち、しばらく行動が伴いませんでした。結果、前回の記事に関連しますが、最初の10品$500という枠の中で最初の1品すら売れない時期がしばらくありました。リサーチとかそんなことの前に私は勉強不足というのも感じていて、限られた時間で有効的にこの仕事を進めるためにパソコンに向かうことの出来る時間以外の隙間時間のフル活用をしました。まず、マニュアルを持ち歩き暇さえあれば、目を通し、可能であれば持ち歩きのタブレットで出先で実践してみたり、また、ebayに関連する記事を書いているブロガーやメルマガのチェックをしたりして過ごしました。が、なかなかどこがポイントなのかわかなくなり試行錯誤し、利益が出すように料金設定し、出品するも全く売れず、辿りついたのが、先輩方のアドバイスを受け少額出品で絶対売れるもの。そして、軽くて、小さい発送しやすいものを出品しました。だんだん売り方のコツを掴み、利益はありませんでしたが、評価稼ぎと売れる感覚をまずは楽しみました。また、作業の流れを学ぶのには良い時間でした。

高い利益設定へのチャレンジ

リミットUP後は、このまま安売り王になっては今後の評価にも繋がるし、そろそろ利益をしっかり出して出品に挑むと決め、早速、少しずつですが、今までより高額商品で利益を出す料金設定にし出品し始めました。

売れている商品から自分のピンとくるものに絞り、どんなSellerがいくらでどんな方法で出品しているか、タイトルのつけ方とか、とにかく情報は確認できる情報は全てチェックしています。まだたくさんの出品数が無いため、ライバルのセラーがいくらでその後、売れているとかも観察し続けています。特に最近出品で意識しているのは、「description」の内容です。商品の情報は出来るだけたくさん入れ、今まで入れていなかった「About US」や小さなメッセージも増やしました。そして文字の大きさ、フォント、色を工夫し、全体的に目立つようにしました。

そうこうしているうちにそしてその努力あってか今まで出なかった利益をしっかり設定した商品が売れ始めました!各手数料を引いても$20くらい利益が出ています。これがなんとも一度に2品も売れました。引き続きこちらの商品は販売してみるとします。まだまだスローペースではありますが、確実に前進です。

これからの方向性

だんだんSellerとして評価も増えてきて、楽しさが倍増してきました。
始めたばかりは、全体が見えず、不安が多く動きが止まりがちだったのですが、、基本的な作業の流れの全体像はだいぶ見えて、利益を出していくコツも見えてきました。次は、出品数のリミット数を使い切りながら早く数字に繋げていくことを目標に、また経過を報告させていただきます。

ありがとうございました。


6年 ago by in eBay. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved