stickyimage

Menu

イーベイ輸出主婦が挑んだ初リミットアップ


イーベイ輸出主婦が挑んだ初リミットアップ

こんにちは。現在イーベイ歴3ヶ月目で特別プロジェクトに参加させて頂いている専業主婦の石田です。第1回目に投稿させていただいた『イーベイ初心者が狙われるナイジェリア詐欺の対処法』(http://quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/?p=3315)では、ほとんど自己紹介をしていませんでしたので、この場を借りて簡単に自己紹介させて頂きます。
私は1歳の男の子と5歳の女の子を育児しながら、今年の7月まで派遣社員として働いていました。少しでも家計の足しになればと、朝から晩まで仕事と家事の両立で働き詰めでした。疲れ果てて体調を崩し、医師から入院を勧められるほどになった時、気づきました。無理して働いても子供には寂しい思いをさせ、主人との会話は減り、お給料の殆どは保育料に消え、残ったのはただの疲労と虚しさだけだという事に。
そんな時吉田さんのメルマガに出会い、毎日読んでいくうちに『主婦だって立派に稼げるんだ!私が代表になって私と同じ境遇の主婦を救ってみせる』と、心に決め今日の私があります。

2013年7月20日の初出品以降、平均落札価格$60位の商品を週に1品ペースで完了させており、出品以外にも2品落札していた事も相乗してか、8月末に自動でリミットアップされ、20品・$1000になっていました。リミットアップはされたものの、相変わらず週に1~2品しか売れず・・。こんなにのんびりやっていたら夢の代表になる頃には孫ができてるわ!!と思い、リスト商品の見直しをしていた矢先、奇跡的に特別プロジェクトに選出され、2~3週間に1度この場で情報発信していく事になりました。そんな私が経験し学んだ事を投稿していきます。

拍子抜けの初リミットアップ交渉

こののんびりペースでは誰にも何も伝えられないと思い、まずは私にとっての大きな壁である英語によるリミットアップ交渉をし、壁を打ち砕く事にしました。
英語を苦手とする私が最初にとった行動は、米国イーベイへのメールでの交渉でした。まず、これが大きな間違いでした。審査に7~10営業日必要と返信があったのですが、12日待っても音沙汰なし・・。と言うより待ちすぎですよね。(笑)我慢の限界だったのでメールで催促すると、『審査中なのでもう数日待って』と返事がきました。以前の私ならお利口さんで待っていたかもしれませんが、プロジェクトの一員となった今、立ち止まってる暇はない!!という気持ちで、次に選んだ方法は『アジア人に聞き取りやすい英語』『時差が少ない』という魅力から、シンガポールイーベイへの電話でした。
本拠地である米国イーベイから12日間も審査されて返事が来なかったんだからダメだろうな・・と、諦め半分、期待半分で電話してみました。すると・・あっさり『50品・$1200ならいいよ~♪』って!オイッ!!ひたすら待ち続けた12日間は何だったんだ?と思いながら、調子にのって『100品はダメ?』と聞いてみたが、これまでの実績が少なすぎるという事で玉砕でした。
結果30品・$200増加止まりでしたが、小さくても私にとっては交渉への自信がついた大きな一歩になりました。今リミットアップ交渉を躊躇っているあなたに言いたい!1に電話、2に電話、3、4が無くて、5にメールです。とにもかくにも電話が早い!自慢じゃないけど、高校中退で中学生レベルの英語力の私にできたのだから、あなたに出来ないわけがない!頑張れ。

リミット増加幅が小さかった理由

私と同じ特別プロジェクトメンバーの一員でリミットアップ交渉代行をされている山本さんの記事(http://quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/2013/10/page/23/)を思い出し読み返してみました。
最低限必要な条件は・・
1. eBay登録後90日が経過していること。
2. 未解決のバイヤープロテクションケースがないこと。
3. セラー詳細評価(5つ星)の各項目が4.8以上であること。
私の場合『3.セラー詳細評価の各項目が4.8以上であること』が足りていませんでした。シンガポールへ電話した段階でポジティブフィードバックが合計9件しか無く、5つ星の数は0でした。ちなみにポジティブフィードバックを10件以上受けるとDSR(Detailed Seller Ratings)、所謂5つ星が表示されます。私はDSR表示の一歩手前で交渉していた事になります。その他の考えられる要因としては、出品総額が出品可能額を下回っていたこと、$0.99出品が多く評価稼ぎだと思われた(かもしれない)事、とにかく英語でのコミュニケーションが取れなかった事だと思います。

2回目のリミットアップ交渉に向けて

初回より2回目の交渉の方が何かと駆け引きが難しいと聞いた事があったので、まずは英語を習う!!!ではなく、自分のリストと私の少し前を行くポジティブフィードバック50前後の皆様のリストを比較してみました。あまりの違いに愕然としました。どの方も2~3種類のジャンルでまとめていたんです。例えば、アニメというカテゴリのなかでも、本・フィギュア・抱き枕の3つに焦点を絞ったり、美容のカテゴリのなかでも、化粧品・ヘアケア・サプリメントに焦点を絞ったり。私のリストはゲームや化粧品や食品や雑貨と多種多彩!?全く統一性の無い何でも屋の陳列になっていました。リストの見栄えも最悪で見ていて疲れるんです。
これまで沢山の先輩方から『的をしぼりなさい』と言われてきたにも関わらず、どうしても粗利が大きそうな物ばかりランダムにリストしてしまっていました。でも、やっと先輩方が言っている『的を絞る』の意味がわかりました!
私はこれまでヤフオク出品を5年以上やっていたんですが、1人の落札者が同じ出品者のリストから2品まとめて落札(同梱)することは殆どありませんでした。ところがイーベイでは1人のバイヤーは同じセラーのリストから2品同時に落札する事が珍しくないんです!どうせ落札するならついでに・・と他の商品を見てくれているんですね。コンビニにジュースを買いに行ったのに何故かレジ前にある饅頭も買ってしまう様な、『ついで買い』的な感覚でしょうか。なんで今まで気付かなかったのか(泣)せっかくアニメ好きな方が自分のリストを覗いてくれたのに、アニメグッズが1品しかなければ、『ついで買い』は無いわけです。だからこそ同系カテゴリに的を絞る必要があるわけですね。

まとめ

前回の投稿から18日間。リミットアップへの挑戦を第一目標にやってきましたが、リミットアップ交渉をした結果、自分のリストの何がダメなのかに気付く事ができました。結果からするとリミットが上がった事より、『的をしぼる』意味を自分なりに納得して理解できた事の方が大きな収穫になりました。吉田さんから教わった『行動する事の大切さ』を身をもって感じたと同時に、これから踏み出そうとするあなたの背中を少しでも押せれば、という気持ちがふつふつと湧いてきました。その為には今後たくさんぶつかるであろう壁を打ち砕き、失敗も成功も余すことなく公開していきますので、私が作る小さな轍を活用していただければと思います。


6年 ago by in eBay. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved