stickyimage

Menu

アマゾン輸出とebay輸出どちらがいいか選ぶ方法


■アマゾン輸出とebay輸出のどちらがいいのか?

二回目の登場となります、輸出ビジネス修行者の上村です。
今回からは、輸出ビジネスを始めたばかりの私が体験したこと、感じたことを素直にお伝えしていきます。

まず、輸出ビジネスをスタートする前、スタートした直後に必ず考えること。
それが、【アマゾン輸出とebay輸出のどちらがいいのか?】です。

うん~。と考えこんで進まない方もいると思います。

ズバリ、答えは・・・、

【わかりません】(笑)

ふざけるな! と思わないでください。

答えは、【すべてやってみる】⇒ 【あなたにベストな方法が見つかる!】です。

私自身、半年前から現在に至るまで、すべてやってみました。
吉田さんを知り、まずは、エグゼクティブクラブの教材どおりにすべて実践しました。
米国アマゾン・欧州アマゾン・ebay・ネットショップ・海外SOHOなどなど。

だからこそ、現在の自分にベストな方法が見つかりました!

初めて輸出ビジネスに興味を持った時、「すごい!」と思いました。
だって、資本金いらないんです。無在庫販売をすれば、リスクがないんです。

【リスクがない】なんてすごいと思いませんか?

脱サラをして、屋台で“たこ焼き屋”するとしても、数百万掛ります。
失敗したら?と考えると怖いですよね。

でも、米国アマゾン・欧州アマゾン・ebay・ネットショップ・海外SOHOなど、すべてを経験しても掛るお金は、諸費用の数万円です。(私は売り上げですべてペイできました。)

その中で、あなたにベストな方法が必ず見つかります!

自分に合わない方法はやめたらいいんです!!

■アマゾンの長所・短所

すべて、自分自身で試した個人的見解です。

米アマゾンの長所
・すぐに何万点でも出品が可能(出品数の制限がない)
・出品が簡単にできる

米アマゾンの短所
・ライバルが多い
・入金に少しのタイムラグがある。

欧州アマゾンの長所
・すぐに何万点でも出品が可能(出品数の制限がない)
・米アマゾンに比べて、ライバルが少ない

欧州アマゾンの短所
・欧州各国の言語のやり取りが必要
・米アマゾンに比べて、発送の工夫が必要

■ebayの長所と短所

ebayの長所
・お客様との直接の連絡が可能
・ペイパルの利用で、入金のタイムラグがない(初めはタイムラグあり)
・全世界との取引が可能

ebayの短所
・出品数・出品額にリミットがある
・アマゾンに比べて、出品が面倒

アマゾン・ebay共に、その他にも多くの見解はありますが、直観的な感想です。

■最後に

実際に【やってみないとわからない】が答えです。

私は実際にすべてを行い、それぞれの販売を経験し、現在の自分の状況・将来的なビジョンを総合的に考えて、現在はebayに注力しています。
(アマゾンは少し休んでいます。今後、改めてアマゾンに注力するタイミングがくるかもしれません。)

私のやり方が正しいわけではありません。

アマゾン・ebay・ネットショップ等、すべてで成功している先輩方もいます。
又、私と同じ時期に参入し、アマゾンのみで行っている人もいます。

現在のあなたに合っている方法を見つけてください。

そのためのには、まずは【やってみる】【行動する】ことです。

【百聞は一見にしかず】です。
だってリスクはほぼゼロですから。

経営の神様と呼ばれるあの方も言っています。

やってみることである。
失敗すればやり直せばいい。

必ず、あなた自身の道が見つかります!


6年 ago by in eBay , ネットショップ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved