stickyimage

Menu

越境ECはどのくらい盛り上がっているのか?


越境ECの市場規模。

最近はネットビジネスも低年齢化して、
高校生でもメルカリを使って、
売ったり買ったりするようになりました。

越境ECとは最近出てきた造語で、
海外販売、つまり日本語ではなく、
外国語のサイトを使って販売することを指します。

メルカリみたいなフリマアプリを使って
海外に出品するのは実はとても簡単で、
慣れれば比較的簡単に始めることは可能です。

日本の市場が縮小することを、
女子高生が考えるかどうかは謎ですけど、
2020年には世帯数も減少すると言われてます。

消費者庁の調査によると、日本の消費者の1割程度が
海外から直接商品を買った経験があると答えています。
www.caa.go.jp/information/hakusyo/2015/honbun_1_1_1_1.html…

内訳はアメリカからの購入が1736億円。
中国からは179億円。

逆に販売するという意味で越境ECの市場規模は
2020年までに4倍以上の4兆円になるという試算があります。
www.meti.go.jp/press/2014/08/20140826001/20140826001-4.pdf…

ということで、じゃあどのくらいの人が
越境ECに取り組むようになるだろうか。

ってことを、昨日は飲みながら徹底的に話しをしてました。
学生でも社会人でも気軽に出品できるようになればいいよね。

海外販売、越境EC、クロスボーダーとか
いろんな言葉はあるけれど、仕掛ける側は盛り上がってても
どうも2020年にそういう未来が描けるイメージが沸かない。

やっぱりまだ、ニッチだと言わざるを得ないかなと。

なんで越境ECに取り組む人がまだ少ないかというと、
言葉の壁が大きいのと、手応えを感じるまでに
かなり時間がかかりそうだというイメージがあるからです。

ニッチ好きはチャレンジしてみたいと思うけど、
メジャーになるにはまだまだ時間がかかりそう。

気軽に取り組んでもらうためにはどうしたらいいか。

「こうやってやるんですよ」って画面見せながら
目の前で説明するのが一番早いんだけど。

新しい取り組み、始まります。

10371083306_d4d7659227_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in コンサルティング. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved