stickyimage

Menu

サービス業はオンリーワン?物販との稼ぎ方の違いとは?


yoshidalogo2

「体がいくつあっても足りないんです・・」

毎日夜遅くまで働いて、終電で帰れるかどうか。
体はボロボロ、家族とも時間が取れない。

実務は好きなので続けたいけれど、
やり方を変えないといけないとモヤモヤしてる。

こんな相談を受けてました。
私は物販だけじゃなくてサービスや情報も提供しています。

モノという形のあるものを
提供する場合は大した説明はいりません。

特に私達がよく販売してるブランド商品は
そのネームバリューをいかして販売するので
商品の魅力はメーカーによって説明し尽くされてます。

その時必要になってくるのは商品点数、つまり品揃え。
ヤフーショッピングが無料化したのも
大きく見ればモール自体の商品点数を増やすのが目的。

個人の場合はNijuyonなどのツールを活用して、
露出を増やすことに着目します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/6dhe…

サービスは元々形がないもの。
同じカテゴリには属しますが、
それぞれ同じものは1つとしてありません。

士業や旅行業、事務代行業やデザイン業がそうです。
そもそも形がないものなので、コンセプトが崩れやすい。

「よくわからないし、近いからちょっと来て」
「至急の用事です、これだけやってよ」
「ちょっとトイレ行きたいから降ろして。」
「あんま好きじゃないからもう2つサンプル出して」

こういったイレギュラーなことが発生すると
原価計算が跳ね上がります。未収も多くなる。
金額が良心的だったらなおさらでしょう。

でも断れないし・・ということで
自分の仕事がどんどん増えていってるように見えました。

人を雇って任せたとしても、
根本が揺らいでるからイチイチ
確認事項が発生して自分の仕事が進まない。
そもそも仕事の大半が裁量でやってるからです。

事務仕事ならと思って任せてみても、
あなたほどお客様を大事に考えてる人は他にいません。
チェックに時間がかかって、あれ?これって
時間短縮になってるのかしら?ってまた悩むはず。

しかし、物販と違ってこちらはオンリーワンの世界です。
ちゃんとしたコンセプトを作ってサービスを売れば、
ライバルが簡単に真似できないオリジナル商品になる。

そう、その場合は「コンセプトとは何か」を
はっきり形にして、見せなければなりません。

士業や旅行業、事務代行業やデザイン業であっても
一番大事なのはサービスの「企画力」なんです。
これがなければあなたは一生、誰かの手下になってしまう。

「セールスレター書くといいですよ」
ってアドバイスしました。

チラシでもパンフレットでもなく、
セールスレター。

いまやパソコンやスマホを持ってない人はいないので
URLさえ渡せば簡単にホームページをチェックできます。
そこに、全ての想いを閉じ込めるってことですね。

セールスレターは素晴らしいものですが、
サラリーマン経験と、企業コンサルの経験が
長かった私は実務家目線でセールスレターを
オリジナルにアレンジしてることに数年前気づきました。

セールスレターには何個かの約束事があります。
1.簡単に別ページに飛ばないよう、1カラムにする。
2.短くまとめない、言いたいことは全部書ききる。
3.商品は1個。申し込みボタンも1個。
などなど。

こういった制約条件を守ることで、
型通りのサービスを作り上げることが出来ます。

なぜ、このサービスが必要なのか、
あなたの失敗談、そして自由になった
あなたの成功体験を書きます。

それを解決するために生み出したサービス。
そこでサービスのコンセプトをしっかりと書ききります。

ここから多分、書き味が違ってくると思うんですが、
セールスレターというのは書くのは基本、自由です。

ここで「セールスレター」というサービスを提供してる
マーケッター側の立場に立つと、
彼らはまず一番に「成約率を極限に高める」という
意識のもとに、このテンプレートを作成しています。

つまり、超極端な話し相手が納得すれば
ウソ八百書いてもいいからボタンを押させる。
という考え方です。

打ち上げ花火型のビジネスなら構わないかもしれませんが、
サービスをビジネスにする最も重要なポイントは
「リピートしてもらうこと」です。

リピートするためには満足してもらわないといけません。
そこで私が一番大切にしてるポイントは
「書いたことはやる。書かないことはやらない。」
この2点だけです。

あったりまえじゃんと思うかもしれないけど
士業なら「月1回訪問します」と書いてあれば
それはやらなければならない約束事になります。
ところが書いてなければやらなくて良いことになります。

月1回訪問すると書けば値段も上げなきゃいけないし、
交通費は自分持ちか、相手持ちかを決めるキッカケになります。
商圏は訪問できる半径に限定されるでしょう。

訪問しない場合は値段は割安に設定できて、
交通費の設定も必要ありません。

商圏は世界中に広がりますが、
PDFで送った資料をプリントアウトして
ハンコを押して郵送してもらう方法を
書いておく必要がでてくるかもしれません。

そうすると、パソコンとプリンターを持ってて
ネットリテラシーのあるクライアントに
顧客は限定されるでしょう。

そういったことを書いて、決めていくと、
誰がお客様で、どんな人にサービスを提供するのかが
自分なりに明確になってきます。

月1回訪問すると書いてあるのに、
アメリカのお客様を受け入れたら大変ですよね。
そういった方はお断りしますと書くことになります。

お断りする分、受入可能なお客様に
約束事を守って全力で支援をします。
例外を作って八方美人にならないことが大事です。

お客様の明確な人物像とサービスプランや
料金がはっきりしていれば、イレギュラーが減ります。

「ここに書いてある通り、できません」と言えます。
あなたが言わなくても、電話番やメール対応の人が
勝手に答えてくれます。楽ですよね。

紹介もしやすい、されやすくなります。
善意のクライアントの紹介が生まれやすくなります。
これこそが本物のアフィリエイターです。

URLを貼って、紹介された人がURLを開いた瞬間、
ホームページが説明を開始する。
話しを聞いて、納得したらボタンは勝手に押されて
勝手に決済が完了します。

そこまで書ききれば、お客様も従業員も
勝手にそのレターの通りに行動してくれるようになります。
どう動かすかを具現化するのはあなた自身。

決められないことを決める決断力や、
思ったとおりに人を動かす想像力が必要です。

それは産みの苦しみの連続で、
様々なサービスをリリースしてきた私でさえ、
今日は1文字も書けなかった、
いったい1日中何やってたんだろ・・と
ガックリすることがしょっちゅうあります。

そこをクリアして初めて本当の経営者ってゆうか。
1人前の経営者には、なかなかお会いできませんね。

物販はそういうことがないので
手数を増やせば収入になり、人に任せやすい分簡単です。

どちらを選ぶかはあなた次第。
空手の流派のように、それぞれの「型」があります。

初めてパソコンに触れてから14年。
これでいかにして稼ぐかを考え抜いて
全ジャンルを網羅した、私の1つの答えです。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in コンサルティング. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved