stickyimage

Menu

融資と資金調達の違いとは?


日本から世界へ羽ばたく起業家育成プロジェクトは
7月22日までの限定公開です。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/77qo…

資金調達をするビジネスモデルと、
借り入れで伸ばすビジネスモデルは
目指すゴールが全く違うビジネスです。

どこがどう違うのかというと、
ざっくり説明すると資金調達は返さなくてよいお金、
借り入れは必ず返さなくてはいけないお金です。

例えば確実に稼げる市場があるとします。
分かりやすく仕入れれば仕入れるほど
仕入値の倍になる市場です。

当然ライバルもそこを狙ってくるので
早く参入した方が良いことがわかっています。

1万円仕入れなら2万円に、
10万円仕入れなら20万円に、
1000万円仕入れなら2000万円になります。

こういったケースの場合、誰でも
1000万円をなんとかして調達したい!
と考えますよね。

これはどちらのタイプのビジネスでしょう。
これは自己資金もしくは借り入れ型のビジネスです。

まず2000万円が入れば仕入れ代金と
利子分を確実に返せると見込めるからですね。

考え方を変えると売上いくらという
目標がある時点でテッペンが決まってる
ビジネスだということになります。

VCから資金調達をする理想のモデルは
成功した後のスケール感は青天井で、
どこまででも高く伸びていけるビジネス。

そのために、手元の利益は度外視して、
どれだけ広大な市場があるかを見ます。

LINEも今はLINEスタンプやLINEミュージックなど
売上を意識し始めたサービスを次々投入してます。

でも、そもそもLINEが登場したのは
2011年のことでした。

LINEスタンプが登場したのが
2014年なので、この3年間は
まったく採算のことを考えずに
ユーザー数を4億5000万人まで
増やしたということになります。

ということで、両社のビジネスは根本から
まったく次元の違うビジネスだということですね。

ところで色々調べていて分かったのが、
どちらが正しいとも言えない点です。

資金調達して上場するから偉いとか、
借り入れするからどうとか言うことではなく、
ビジネスのゴール・・というと私の場合
しっくり来ないので、着地点を
どこに持つかということが大事なのかなと。

物販の場合は「確実性」「即金性」という面で
他を圧倒的に上回るメリットがあります。

あとは資金調達の場合はシードから
シリーズAとラウンドを重ねていきます。

融資は最初は低額の融資から始まり、
その後実績を見て徐々に借り入れできる
範囲も大きくなっていきます。

どちらも信用という尺度が大事で、
初心者は小さなステージから経験を積み、
どこに向かって伸ばすのかをイメージすること。

そのためには、あなた自身のゴール設計に
一番時間をかけるべきですね。

誰になりたいのか、何を目指すのか。

10年後、とてつもなく大きく変わります。
人生の分岐点に立つ全ての人に考えてもらいたい。

とても大事なテーマです。
一緒に考えていきましょう。

4986290249_f7fb7c2742_z


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in ChatWork. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved