リスティング広告のプロに聞いた最強運用論とは?

たまたまリスティング広告のスペシャリストが
集まったので、1つの事案を基に勉強会をしました。

月1000万円近くかけてるリスティング広告は
それこそ何の疑いもなく、なるほどとしか言いようのない
ムダのない広告の掛け方をしているので、
とても美しい形をしていました。

「PPC広告は、SEOの近道なんですよ。」

少なくとも半年、1年と時間を掛けて
キーワードを上位表示させるSEOと違って、
お金をかけるPPC広告は簡単に
検索結果の上位に表示させることが出来る。

インターネットは文字の世界なので、
検索するキーワードの質によって
その言葉で成約させられるかどうかが変わる。

「いますぐ」買いたい言葉なのか、
「そのうち」買いたい言葉なのか。

それを、固有名詞と認知ワードに分けて
運用を行っていました。

固有名詞というのは直接買われるキーワードなので
LP(ランディングページ)の説明も短く、
商品であれば写真とタイトルですぐに買われます。

逆に認知ワードというのは、
なんとなく検索したり、
たまたま行き当たった言葉なので
説明は深く掘り下げすぐには売りません。

言葉の質によって作り方もぜんぜん違うなあと感動。

多言語の場合は、言語と地域の要素もあるけど、
固有名詞に絞って対象国を全世界に広げるべきとか、
素晴らしいブレない考え方も教えていただきました。

ちなみに、実はどうもしっくり来なかったのが
私の書いてる、この記事の方で。

日本から世界へ、海外販売をしようってのが
私が創業当時から掲げてた目標みたいなもんです。

「売れるものを売る」のが私のビジネススタイル。

だけど、毎日書くのが習慣になってる
この記事だけは、キーワードはガン無視なんです。
(気づいてました?w)

そもそも海外販売というキーワード自体、
調べたことないけどボリュームは小さく、
直接コンバージョンしない言葉です。

だけど、私はもっとたくさんの人に私と同じく
海外販売に取り組んでもらいたいと考えてます。

毎日毎日、自分自身に問いかけながら、
あなたに向かって「そうだよね?」と
ノウハウや方向性のシェアと確認をしています。

それはそもそも、認知ワードだったんだなと。
リスティング広告の観点から見たら、
コンバージョンはダダ低いです(笑)

当然、ワリに合わないですね。
だからみんな辞めちゃうんだろうなと。

でもおかげさまで、最近はたまたまネットで
検索して私のことを知りましたという人が
かなりの頻度を占めるようになりました。

こんな風になることのコツはですね、
期待しすぎないでながーくのんびりやること。

そしたら、気が遠くなるほど縁遠い世界から、
共感して声かけてもらえるようになるんですよね。

その特技の能力はバハムートクラス。
集客のなんたるかを極めし者。

狭い日本を飛び出し道を究めようとする、
その武士道精神に感服する。

そういうスペシャリストに限って、
あてもなく世界をぶらついてるんだよね。

sdgfuh

KPIってなんですか?

kpi

KPIって言葉、ご存じですか?
難しい言葉でいうと重要業績評価指標。

つまり、ビジネスの上で大事な場所に
注目してゴールを決めることですね。

最初のうちは、少ない投資で利益を
最大化させたいという目標設定を
することが多いと思います。

ただ、利益最大化がKPIじゃない
業種もありますよね。

例えばLINEの場合だと、利益よりも
無料でも良いから利用者数を伸ばすことが
最初のKPIとなります。

ビジネスのステージや種類によって
このKPIというのは変化するんですけど
最近の私のKPIは集客の間口を広げるということ。

近頃は在庫を抱えることが多くなってきたので
集客力をあと20%向上させたいと考えてます。

なぜかというと、キャッシュフローに
影響してくるからですね。
はやく消化してしまいたい。

以前はキャッシュフローの話しなんて
一切してこなかったんですけど
在庫を抱えるようになると
在庫回転率を上げるというのは
かなり重要な指標になってきます。

eBayやAmazonなどのプラットフォームで
販売する場合は売れた後に手数料が
引かれる、つまり成果報酬なので
手数料引きの利益だけ考えれば良いです。

ただ、自社サイトや自社メディアの場合は
「広告費垂れ流し」にならないためにも
ゴール設定を明確にして挑まなければなりません。

広告費はいくらかければ良いのかですが、
まずは単価と粗利の高い商品選定をオススメします。

プラットフォームで長く販売してると
目利きも出てきて売れる商材もわかってくる。

その中から粗利の高い商品を
まず選び出すことが重要です。
そうじゃなきゃ広告負けしちゃうので。

例えば商品単価35万円で
利益が10万円~15万円の商品を
見つけたとします。

これだけあるということが分かっていれば
じゃあ8万円ぐらい広告費掛けようかという
戦略も容易に立てられますよね。

このように商品から粗利を割り出し、
かけられる広告費を割り出して
いくのがゴール設定。

そこから理想の数字との
誤差を埋めていく形になります。

さらに私の場合は海外販売なので
どの国のどの地域にどの言語で
どの客層にアプローチするかという
非常に細かい設定が必要になります。

ただこれもプラットフォームで販売してると
データは既に揃ってます。

例えばこれはトップマーチャントだけですけど
PayPalのアカウントマネージャーも最近は
国・地域ごとの属性分析をしてくれてます。

普通はアメリカが突出するそうなんですが、
私の場合は欧米・欧州・アジアを中心に
綺麗な横並びの棒線になってるのが特徴。

あ、これはちょっと特殊な例ですね。
普通は突出してる国・地域を更に
伸ばす施策を考えるのが普通です。

その他にも返信のスピードや
サイトのわかりやすさなどが
コンバージョン(成果)に影響します。

中でも、最もクリティカルな問題なのが
「セキュリティ」と「コンプライアンス」

なんでかっていうと、
質問の返信の遅れやサイトが
分かりづらいぐらいだと
売れ行きが悪くなるぐらいで済みますが、
コンプライアンス違反やセキュリティ対策が
疎かになってると、一発でぶっ壊れるからです。

だからビジネスの最重要課題として、
まずは守りをしっかりと固める方法を
マスターしておく必要があります。

Amazon輸出のサスペンド対策は
ビジネスの全てに共通する
鉄壁の防御の方法を学べます。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/x8rs…

売上増は、最低でもこれを理解した上で
取り組んで行きましょう。

アカウントとサイトの
あぼーんが、何よりも怖い。
利益確保よりも超大事です。

昔、何回もやらかしたなあ・・(遠い目)