eBayとPaypalが分社2周年目を迎える

投資家のCarl Icahn氏がきっかけとなった2015年のeBayとPaypalの分社が2周年を迎えました。

Icahn氏が扇動した「eBayからの独立」は2015年7月17日(金)に正式に完了し、7月20日(月)に公表されました。

Paypalを通じて支払われたGMV(総流通総額)の割合が2015年の水準を下回った場合、Paypalとの5年間の運営協定により、セラーにとってはさほど変化はありません。

eBayは、セラーがリスティングを広告宣伝できる支払方法を制限するAccepted Payments policyにおいて引き続きPaypalを支持しています。

2016年のときにはこんな風に言われていました。

しかし、Wall Street Journalによると、PaypalはApp Storeを含むAppleのシステムに進出し、JPモルガンとの新たなフレネミー契約を発表する予定です。

一部の投資家は、それと同様にPaypalがAmazonとの障壁を解くことをできるという期待を持っているが、それは難しいでしょう。

実際Amazonは、クレジットカード番号と決済フォームを使用しないで、顧客が自身の情報を使って商品代金を支払うAmazon Payという独自の商用支払いサービスを打ち出そうとしています。

最近のTechCrunchの記事によると、Amazonはオンライン小売業者だけをターゲットとしてるのではなく、Amazon Pay Placeというオフライン小売業者向けのサービスも手がけようとしています。

PaypalはAmazonよりも優れていると主張する人もいますが、確かに現在eBayはAmazonに匹敵する存在であり、Icahn氏、そして元CEOのJohn Donahoe氏、創業者で会長のPierre Omidyar氏を含む2014年の取締役会に感謝しなければなりません。

eBayは20日の午後に収益を発表しており、来週ラスベガスで開かれるeBay Openの準備を進めています。

 

今度は私の名前がブラックリスト入りで凍結騒ぎ

昨日、私のpaypalアカウントが
「危険団体を連想させるキーワード」を取引内容に含む、
という理由でサスペンドされたお話しをしました。

実はもう一つのPayPalアカウントのほうが
サスペンドされたとPayPalからメールが届いてたようで。

「Your account has been limited until we hear from you」

今度は何だ~?まったくもう。仕事にならんわーー。
と担当がPayPalの専属アカウントマネージャーへ電話。

すると、前回よりも深刻そうな声で、

「今回はこちらのアカウントがPayPalのコンプライアンスに
 引っかかっています。マネーロンダリングの疑いです。」

今回のグレードは非常に厳しいサスペンドなので、
今このサスペンドの間は入金の受け取りも
できない状態に制限されています。とのこと。

「えーーー!マネロンなんてしてません!!
 それは困ります。月末なので入金予定もありますし、
 すぐにサスペンド解除してください。」と焦り。

「以前パスポートのコピーを提出していただきましたが、
 それに合わせて、もう1つ別の身分証明書を提出するように、
 セキュリティ部署から求められています。
 運転免許証の裏表を提出してください」

こういうこともあろうかと
身分証明書のコピー等は財務部に渡してあるんですよ。
だから私の知らない間にさっさと提出してくれたようです。

すると、1時間もしないうちに、
「無事に解除されました」と連絡があったようで。

今回サスペンドになったPayPalアカウントはもう
6年以上使っている古いアカウントです。

特にサスペンドされるような思い当たる節もないので、
サスペンドされた理由はなんですか?
と聞いてみると、予想もしない返事が・・・

「今回のサスペンドは人違いでした。申し訳ありませんでした。」

なんと、フルネームの読み方が私と同じ「Yusuke Yoshida」さんが、
PayPalのブラックリストに載っているらしい(゜Σ゜)

それで、すでに提出してあったパスポートの
Yusuke Yoshidaという名前の証明だけでは足りず。

今回漢字表記の運転免許証も提出したことで、
別人であるということが確認され、
無事にアカウントがリリースされたということでした。

電話を切った後で、話を聞いていたスタッフが、
「あっ!!それ!!その人知ってます!!」
と騒然となっていたらしい。

私名義のeBayアカウントは何個かあるんだけど、
突然サスペンドされたことがあったようです。

理由がわからずカスタマーセンターに調べてもらったところ、
同じくどこかの「Yusuke Yoshida」さんが悪さをしてて
eBayアカウントがサスペンドされたことがあったらしい。

PayPalだけでなくeBayも間違えてその人と
同一人物と紐づけされてしまって
サスペンドをされてしまっていたのでした。

「全く別人ですー!」ということでeBayアカウントの方の
サスペンドを解除してもらったという経緯があったのでした。

数年前の出来事らしいけどいまだにpaypalのブラックリストで
チェックされてるということは、「Yusuke Yoshida」さん、
まだ何か悪さしてるのかねえ。

まったくもう。

マジで勘弁してくれ。。

春になって、迷惑メールやフィッシングメールが
届く量が他の季節と比べると近頃かなり多いです。

春先はそういう業界のかきいれ時(?)っぽいですね。
新しいことを始めようとPCを始めたばかりの人、
ネットリテラシーがまだ低いビギナーもターゲットになってる。

AmazonでもFBA販売をしていると、
「Amazon.com has shipped the item you sold」というメールが、
商品が売れて発送されるたびに届きます。

しかし、今日はそれに混ざって
「Your Amazon.com… order has dispatched」
というメールが複数届きました。

表現は違うけど、「あなたのamazonの商品が発送されました」
という英文の意味はほぼ同じ。

でも、後者のメールにはウイルス付きの
添付ファイルがもれなくくっついていました。

メールソフトが自動的に判断して
迷惑メールフォルダに振り分けてくれたり、
添付ファイルを削除してくれたりしているんですけど、
これ慣れてない人は開いちゃう可能性ありますよねー。

PayPalのサスペンドが立て続けに起こったのも、
アカウントのチェックに力を入れているということなんだろね。

てゆうか、誰やねん。

あーしかし今は誰かが応対してくれてるけど、
実務上困ることもあるんだよね。

英語勉強しよ。

de-pp-logo-200px

戦慄のPayPalアカウント停止で大混乱

社内に戦慄が走ったのは突然PayPalから

『We noticed an issue with your account』
あなたのアカウントの問題についてお知らせ

というメッセージが届いた時のこと。

担当者がスパムかな?と思って開いてみると
As part of our security measures,
we regularly screen activity in the
PayPal system. During a recent screening,
we noticed an issue regarding your account.

つまり、PayPalのセキュリティ対策での
スクリーニングにアカウントが引っかかったらしい。

取引で表示されている「あるキーワード」が
セキュリティ上リスクが高いということで、
その「あるキーワード」の意味を説明しなさい、
問題が解決するまではアカウントを
サスペンドにしますということでした。

つまり、PayPalのアカウントが
停止されたということです。

これが何を意味するかというと、
入金も出金もできなくなって、
全てのお金の流れがストップしたということ。

緊急事態の勃発です。

PayPalアカウントにログインすると
いつもの見慣れた画面ではなく、
ズラズラっと並んだ英語の文字が並んでる。

急いで専属のアカウントマネージャーに担当が電話。

「OFACという言葉はご存知ですか?今回、paypalの
セキュリティ部署において、御社のウェブサイトの
『あるキーワード』がこの規制にひっかかったようです。」

OFACとは何かというと、
米国の財務省外国資産管理室(OFAC)が、
外交政策・安全保障上の目的から、
米国が指定した国・地域や特定の個人・団体などについて、
取引禁止や資産凍結などの措置を講じていることで、
その規制のことをOFAC規制と呼ぶそうな。
www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/soukin/OFAC_ryui.html…

簡単に言うと、北朝鮮やイスラム国とか
アメリカが経済制裁を行っている国や、
テロリスト、麻薬取引、マネーロンダリングなどに
関係するお金のやり取りに対する規制のこと。

弊社では海外向けのウェブサイトを何個か運営してて、
最近はかなり急成長して安定した売上を出しています。

実はそのほとんどのサイトがローマ字4文字とか3文字です。
なぜかというと「意味の後付けができるから。」

今の時代って会社名よりも個人名、
サイト名よりもURLの方が認識されやすい時代です。

サイト名よりも中身に時間をかけようってことで、
あまり深く考えずに命名してました。

で、よく使う頭文字が「J」
Japanの「J」です。

それで。

あるキーワードとは「J」のことで、
それは「ジハード(イスラムの過激組織がよく使う言葉)」
のJだろうと誤解されてた!おい!マジか!

なんちゅー後付け。。
そう捉えられることがあるとは誤算すぎる(゜Σ゜)

以前お話したことがあると思うけど、
最近決済周りの整理をしました。

それでPayPalアカウントも新しく作成して、
新アカウントへウェブサイトへ入金が流れるように変更。

しかしこれがセキュリティ部署の
チェックに引っかかってしまったらしい。

新設PayPalアカウントなのに、開設からいきなり
『過激団体を連想させるキーワード』をtransaction detailに
含む入金が毎日どんどん入ってきて、
それを取りまとめて次々に銀行口座に送金してるって、
動きだけ見ていると、たしかに怪しすぎる。(苦笑)

ということで、普通だったら早期の復活は難しいところだけど、
専属のアカウントマネージャーが事情を全て把握してくれてるので
すぐにサスペンドは解除してもらえました。

サスペンド期間中の入金も全部受け取りが
出来たのでほっと一安心。

実は常連のお客さんから
「このウェブサイトの名前変えたほうがいいよ? ヤバイよ」
ってアドバイスをいただいたこともあったらしい。

日本ではなじみのない言葉でも、
海外ではヤバイ意味を持つことがあります。

ちなみにスタッフからの提案があったことを
私は覚えておらず、完全にスルーしてました。

うーん、Googleにも嫌われたら困るし、
リニューアルしなきゃいけないかも。

ってことで日本で会社を作るときやウェブサイトを作るとき、
同じような名前がすでに存在していないか調べることがあるでしょう。

もしあなたが海外展開を考えているとき、
安易な語呂合わせや意味で名前を付ける前に、
そのキーワード自体や、省略語が海外ではどのような意味があるか、
よく検討してからネーミングすることをオススメします。

ちなみに私がこれを知ったのは、
全ての問題が解決された後でした。

こんなことが起こった日には、
私は多分フリーズしてしまって、
対処不能になること間違いなし。

みんな、いつもありがとう。

しかし実はもっと深刻な事件があったようで・・。
それはまた明日お話します。

【あとがき1】

中国の義烏ツアーの申し込みは終了しました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

こちらもたくさんの人が関わって
ようやく形にすることが出来ました。

あとは目一杯楽しくやりましょう。
私も楽しみです。

de-pp-logo-200px

eBayはなぜPayPalを捨てたのか。

さて、ここ数日で円急騰によって
10円近く為替のレートが動きました。

為替の差益で稼いでいるワケではないですけど、
あまり急激には動いて欲しくないですね。

円安基調なのか、円高基調なのかの見極めは大事です。
少し戻して115円ぐらいのレンジかなあと。

ただ、売上が大きくなるほど為替にも
目が行ってしまう今日このごろです。

外貨の取扱高が非常に大きい私の会社にとって、
PayPalの存在は本当にありがたい限りです。

PayPalと言えばこの前、上海のPayPalオフィスに
日本人の販売者として史上初訪問をさせてもらいました。

ちなみに史上2番目に訪問した人も
私の記事を読んでくれてる読者さんでした。

お支払いしてる手数料も大きくなっているので
他の決済代行会社さんから営業も受けますが、
資料を比較しても外貨決済ならPayPal以外は考えられません。

特に日本の決済代行会社はペイジーだとかなんだとか、
たくさんのガラパゴス決済サービスに対応してるけど、
実店舗以外ではあんまり活用もできないなと。

VISAとかMASTERの手数料もやっぱりPayPalが一番です。
他社さんだと割高な上に導入まで1ヶ月以上かかって、
さらに売上の着金も遅すぎます。

日本の決済代行会社・・
大丈夫だろうかと若干心配になる。

そんなPayPalですが、最近eBay傘下から外れました。
私が懸念してたのは、PayPalがeBayで使えなくなること。

eBayの特徴は販売してから即時で入金があって、
銀行への振替を考えても数日で着金する点。

Amazonや他のプラットフォームを始めるまで
あんまり考えたことなかったですけど、
入金のスピードが早いというのはとても大事です。

キャッシュフローとかずっと考えなかったのも
この入金の速さが大きな理由としてありました。

そんなeBayの決算の状況は、第4四半期で
23億2000万ドルで前年同期比横ばい。

ドル高も影響してますが、アマゾンにかなり
苦戦を強いられていることが浮き彫りになってます。

その他にもウォルマートなどの実店舗が
Webに参入してオンライン市場もeBay以外にも
強者がたくさん出てきてます。

ということで、お金が無いからPayPalを
売ったのかといえばそうではありません。

もともとeBayは純負債がほぼゼロで、
eBayの営業利益も40%ある超優良企業。

会社が自由に使えるお金(フリーキャッシュフロー)も
年間20億ドル(約2000億円超)あるので
とんでもなくお金のある会社です。

なぜPayPalを分社化したかというと、
PayPalはeBay以外にもたくさんのECと結びついてるので
くっついてるのがeBayだというイメージを
払拭したかったということです。

分社化したあともeBayはPayPal株を大幅に買い増してるので
裏での蜜月はしっかりと続いていますね。

それ以外にもeBayは攻勢をかけていて、
最近はチケット売買サイトのStubHubが好調です。

前年同月比で34%増加してeBayの総売上高の
9%を占めるまでに成長しています。

この潤沢な資金をまたeBayのマーケティングにも
活用してくでしょうから、まだまだ新規のお客様は
eBayに集まってくる状況が続くでしょう。

それに比べて元気が無いのが楽天海外販売です。
私が「海外販売」という言葉を使い始めたのは
楽天より先だったと思います(笑)

そのあとずっと欧州市場で頑張ってたのですがパッとせず。

そのあとアジアに目を向けたことで、
なるほど賢いと思って動向に注目してました。

私もアジアのプラットフォームには
出品してますが、あまりパッとしません。
eBayでアジア向けに売った方がまだ売れます。

と思ってたら楽天がシンガポール、
マレーシア、インドネシアなどの東南アジアから
撤退すると発表がありました。

Qoo10とかLazadaの方が安いし品揃えも豊富だよと
色々書かれてたのはちょっと残念です。

やっぱり私達がプラットフォームに期待するのは
集客力なので、閑古鳥が鳴いてるプラットフォームには
冒険して出品してもあまり良いことはないですね。

eBayっていう市場は振り返ってみるととても特殊な市場です。
でも、ハートフルな雰囲気が私は大好きなんだよね。
自分の顧客になる。だから「お客様」って呼びたくなるんですよ。

興味がある方は対談見て下さいね。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/oe10…

それではまた明日。
うん、ここまで4ポモドーロ。

あー、ポモドーロ大好き(笑)

lasuid

eBayとPayPalの分社化とセラーの影響について。

ebay-paypal-split

eBayとPayPalの分社化の発表が
10月1日にありました。

ここに至る背景をちょっと
整理してみましょう。

今年の1月にデービット・マーカスさんは
Money3.0について語りました。
readwrite.jp/archives/4648…

この時、彼は現金はMoney1.0、
プラスチック(クレジットカード)Money2.0
そして次の時代がMoney3.0だと言ってます。

Money3.0とは何かというと
モバイル決済のことです。

では、PayPalはどんなことがしたいのか。

PayPalが紹介してる動画があります。

スタイリッシュなおサイフケータイ。。

とまあそう言っちゃそれまでですけど
現在、このあたりの規格は乱立してる状況。

スイカにパスモにTポイントに
日本国内でもぐっちゃぐちゃですね。

POSシステムと位置情報とお財布事情まで
全部丸抱えしたい連中が覇権争いをしてます。

ということでそこにApple Payが名乗りを上げ、
更に競争は激化してきたという形ですね。

では、eBayと切り離しをした後どうなるのか。
これについては色々ありますけど、
セラー目線でちょっとだけ話します。

分社化が発表されたといっても
実際に分社するのには1年ぐらいかかります。

あと、eBayは分社化後も引き続き
PayPalを決済手段として
使い続けることを言ってますね。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/l3dp…

さて、eBayは私の目から見ると
老舗サイトながらも非常に異質に映ります。

世界中にプラットフォームは
既になくなっているのに
eBayだけに残っている仕組みがあるんです。

もしかしたら、それが無くなるかも。
はっきりするのは来年の
春か秋のアップデートぐらいかな。

お客様から「荷物が届かない」とCaseを上げられ「自動的にCaseが閉じました」がPaypalの額が増えていない気がします。

ebaylogo

> 先日、オーストラリアのお客様から「荷物が届かない」とCaseを上げられ、
> EMSのTracking numberを返信したのですが、その後1か月経ち、
> 「自動的にCaseが閉じました」とのメールがEbayより送られてきました。
>
> [Ebayからのメール]
> This case was automatically closed because the maximum amount of time a
> case can remain open has been reached.
> You don’t need to do anything else. The hold on this PayPal transaction has
> been removed.
>
> その後、EMSのTracking numberを見ると、相手に商品が届いたようです。

なるほどですね、こういうことは稀にありますよね。

> Caseはクローズされましたが、一時差し押さえられたPaypalの額が増えていない気が
> するのですが、
> 気のせいでしょうか。。
> Paypalのキャプチャを添付致します。

ケースが閉じられたということもありますし、
一時保留になった資金は元に戻っていると思いますよ。
eBayとPayPalは基本的に連動していますので。

どうしても心配な場合にはPayPalへと言わせてみることをおすすめします。
PayPalは電話の場合でも、日本語対応してくれますので便利です^^

eBay、 PayPalで取引に使うメールアドレスを変更する方法

ebaylogo

> eBayについての質問です。
>
> いつも大変お世話になっております、会員の○○と申します。

こちらこそ、いつもお世話になっております。

> 現在eBayセラーとして活動中ですが、
> 取引に使うメールアドレスを一般のメール(本アドレス)と分けて
> gmailに変更したいと考えています。
>
>
> お手数ですが、eBay、 PayPalでのメールアドレスの変更方法と
> 注意点について教えていただきたく、よろしくお願い申し上げます。
>

そうですね、、
ebay 上でのメール変更については以下の通りです。

まずebayにログインしてください。

My eBayにあります、AccountのプルダウンメニューからPersonal Information

Personal Information内のRegistered email address の右端にあるEditをクリック

続けてログインに入ります

Enter your new email addressの下にある→新アドレス(2か所)入力→数字認証を行ってください。

その後新メールアドレス変更に伴い、確認メールが届きますので、
ebay の指示に従って変更を完了してください。
また完了するために必要な(確認コード)は届いたメールの中にあるでしょう。

無事に変更が完了しましたら、変更した時と同じ手順でebayアカウントから内容を確認してくださいね(*^^)

他にPersonal Informationから必要に応じて登録内容の変更が可能です。
今後引っ越しをする場合は、速やかに登録内容の変更を行うようにしてくださいね。

海外販売で詐欺トラブルを未然に防ぐために以下をご参照ください。

paypal-logo

会員さんからの情報提供です。

平素よりペイパルをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
-中略-
アカウントに関するリスクをできるだけ避けるために以下をご参照ください。

ステップ1:不正行為を避ける

1) 販売している商品の違う角度から撮影した写真を掲載し、詳細を記載する。
2) 注文に際して、以下の不審点がないか確認する。
a) リスクの可能性がある国への発送
b) 通常よりも多い注文数
c) 支払い完了後の発送先変更
d) 短期間内の海外よりの異常な数の注文数
e) 複数の買い手よりの同じ住所への発送希望
f) 追加リクエストによる過分支払い
g) 買い手が異常に発送を急ぐ場合
h) 不審なメールアドレスよりの注文
i) 不審な住所よりの注文(例:郵便局私書箱、誰も住んでいないと思われる住所など)
j) 同じペイパルアカウントよりの数件の注文
3) 商品を発送する前に住所や電話番号などの買い手の情報を確認する。注文の情報が怪しいと感じた場合は
、買い手に連絡をし、情報が合っているか確かめる。また何か不審な点がある場合は、発送まで時間を置く。
4) IP地理位置情報、装置識別、不正フィルターなどの手段を使い、不正を防ぐ。
5) クレジットカードの明細書に記載される名前を最新のものにしておく。(会社名に身に覚えがない場合、
買い手が未認証のクレームやチャージバックを希望する場合があるため)

ステップ2:顧客に対するサービスを充実させる

1) 必要に応じて返金し、返金に対するポリシーを買い手が見やすいところに記載する。
2) 信頼のおける発送方法で発送する。また確認なしで、買い手から指定された発送方法を使用しない。注文
が来てから、なるべく早く発送し、発送情報を提供する。
3) アカウント内にカスタマーサービスのメッセージを設定する。
4) 買い手の方から連絡が来た際は、プロとして顧客に満足してもらえる対応を心がける。会社のカスタマー
サービスの営業時間と、いつ返答が可能か、などの詳細を掲載する。メールアドレスより、フリーダイヤルの電
話番号のほうがよい。

重要!2月25日PayPalポリシー変更まとめ

paypal-logo

ある日突然、エグゼクティブクラブ内で
下記のような事例が飛んできた。

> ペイパルのチャージバックが多発したために、
> セラープロテクションを
> 3ヶ月停止する可能性がある。
> (審査結果を2/10に連絡する。)

いままでには無かったこと。
会員さん、当会のアシスタント、
弊社財務部、PayPalアカウントマネージャー等
矢継ぎ早に情報が入ってきたのでまとめておきます。

まず、事の発端として、会員さんからの
ご相談と情報提供がありました。

> 高額品を狙った詐欺が発生しました。
> 結局、続けて3件のチャージバック依頼が
> あったのですが、全てペイパルの
> セラープロテクションの適応で
> 売上金は回収することはできました。

セラープロテクションを
3ヶ月停止する理由についてですが、

1.チャージバックの多発

事前に変なバイヤーと気づけなかったのか?
という理由があります。

確かに、振り返れば手口は同じだった様子。
これはエグゼクティブクラブの
サポートフォーラム内でシェアします

セラープロテクションで私は返金して
もらえるのですが、結局はペイパルはカード会社から
お金を取得できないのに、
私たちにお金を負担しているので、損をしています。

頻発すると、ペイパルとしても見て
見ぬふりできない事情があるとのこと。

私達はセラープロテクションで
ペイパルから返金をしてもらえるのですが、
カード会社はバイヤーに返金をしています。

つまりペイパルが負担を肩代わりしているため
セラープロテクションを続けられなくなる。

というか、クレジットカードを使った
取引をしてる場合は一切保証されないので
実はペイパルは本当に素晴らしいサービスなのです。

2.返金の多発

無在庫で商品がなかった場合の返金
という理由もあります。

返金はペイパル手数料も込で返金されるため
多発するとペイパルは手間ばかりで
損をするから排除したいということですね。

セラープロテクションについては
今までは制度としてはずっと導入されていて
停止という概念は今まで無かったのでペイパル内で
新しいフローが導入された可能性があります。

同時期ですが2月25日にペイパルの
ポリシー変更があります。

変更点は以下の2つ。

1.echeckの受取手数料の変更

これまで上限$5だったのが上限$45にアップ

2.返金手数料

これまで全額返金の場合は手数料は
かかりませんでしたが、2月25日以降は
1件につき40円の手数料がかかります。

その他ペイパルに関するその他の情報があります。

少し前に、銀行法の改正かなんかで、
1日に引き出せる額が100万円までと
誤解されてる方が多かったようですが
1日100万円じゃなくて、1回100万円なので
1日に100万円x10回でも問題ありません。

さらに

ペイパルから日本の銀行に振替する際、
普通は銀行で受取手数料ってとられませんが、
受取手の銀行のポリシー次第なんです。

大手銀行じゃなくて、地方の信用金庫みたいな
とこを登録して振替してる方もいると思いますが、
そういうとこだと、ペイパルからの振り替えを
「外国からの送金」とみなして手数料1500円とか
取られたりしてる人もいるようなので、
出来るだけ大手の都市銀行のほうが
手数料が安く抑えられます。

以上、ここしばらくのペイパルの動きについてまとめました。

私がエグゼクティブクラブを立ち上げて
もう7年が経とうととしています。

世界に羽ばたく日本人の集団と
世界のセレブ相手のパーティに出席しても
恥ずかしくない「エグゼクティブ」になりたい
っていう想いからこの名をつけました。

当時はペイパルを使った詐欺が横行してて
何度も泣き寝入りしたことがありました。

そこで私自身がブレないためにマニュアルを作り、
同じやり方をたくさんの人と共有し、
上がってきた事例をシェアして対策スピードを
早め、一緒に稼いでいきたいという気持ちでした。

昔はペイパルを疎ましく思ってましたが
今ではいかに優れたサービスかを
痛烈に感じる今日このごろです。

会員さんを始めとしてこれを
読んでくれてるみんな。

本当にいつもありがとう。

そして共に頑張りましょう。

PayPalサービスの「ユーザー規約」の変更

paypal-logo

comment_logo 2月25日にPayPalのポリシー更新があります。今回はかなり変更がある予定。comment_logo

このページでは、PayPalのサービス、弊社「ユーザー規約」、その他の「ポリシー」の重要な変更をユーザーに事前にお知らせいたします。このページでは、「ポリシー」の重要な変更を発効日とともにお知らせいたします。以前のポリシーの更新については、「これまでのポリシー更新」をご参照ください。

記事を読む