HASSO JAPANは本日最終日!全て想いをここに。

yoshidalogo2

実は今、新設の事務所のソファで寝ながら過ごしてます。
たった1畳ほどの狭いスペースを間借りして、
朝起きると途端に慌ただしい空気を感じます。

新しいスタッフや人の出入りも激しく、
なかなか落ち着いて1人になる時間もありません。

家族と離れてビジネスと1つになって、
慌ただしい毎日を送っています。

心も体もボロボロ。
それでも良いと思ってる。

これまでNijuyon、HASSO JAPANと1ヶ月間に渡り
募集を続けて来ました。

eBay、Amazonを始めとしたリサーチ、
マルチサイトへの一括出品を目的とした
攻めのツールがNijuyon。

お客様の元へ商品を確実に届ける
海外発送専門の守りのサービスがHASSO JAPANです。

この2つの武器を持ったことで、もっと広い視野で
ビジネスを組み立てられるようになりました。

それも本日で全て終了します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

最高のツールとサービスにしたいと
いう思いで続けて来ました。

発送代行という業務は実際に人が関わるビジネスなので
本当にオペレーションが大変な業務で
SEやプログラマの他にも運用や発送担当など
多くの人が関わってくれています。

その中でも特に発送代行の安全運用のために
尽力を尽くしてくれている運用担当の朝岡が
本当によく頑張ってくれています。

彼のおかげで数十万個の商品が安定して
海外に送られていると言っても過言ではありません。

彼の過去は採用面接の時に聞いた
範囲でしか知りませんでした。

英語が好きだということで採用しましたが、
過去ホームレス生活を送っていて
人生を変えたいと私の所にやってきたようです。

メルマガのあとがきの方で書いてくれていますが、
下働きの経験しか無かった彼も
今では経営者マインドを持っています。

立派に成長したね。
もう君は大丈夫だよ。

また実際に発送を担当してくれている
物流会社の皆様にもいつも大変お世話になっております。

年中無休の稼働をお願いしたり、
無料キャンペーンを行ったこともありました。
全て期待通りに応えてくれてます。
しかしもっともっとお願いしたいことがあります。
本当に申し訳ございません。

そして今、こうやって続けていられるのも
ユーザーの皆様、そして支えていただいている
たくさんの担当の皆様のお陰です。

私自身は、たくさんいただいているサービス改善の要望や
提案を元に、新機能の実装や利便性を高めるための
バージョンアップに向けて準備を進めてます。

その他、実務家として今まで以上に努力して
あなたと同じ立場で「こんなのがあったらいいのに」
という便利なものを作り上げていきたいと考えています。

難攻不落の最後の砦。
HASSO JAPANの申し込みは本日が最終日。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

本日は大型のディールに向けて
最終調整を行っております。

押しつぶされそうな感覚。だけど
私達は勝つために生まれてきたんだ。
だから弱音は言わないよ。

今日一日を全力で。
明日はないと思って生きるんだ。

共に、頑張りましょう。

【証拠あり】2008年に書いた私の記事が現実に。

yoshidalogo2

「なんて楽チンなんだ・・」

HASSO JAPANを稼働して初めての感想がコレです。
利益を確保するためには在庫は極力持たない。

トヨタのカンバン方式、ジャストインタイムを見習った。
必要なモノを、必要な時に、必要な量だけ調達する。

そのため商品だけじゃなく、梱包資材なんかも
極力置かないようにしていた。

ジャストインタイム生産方式の最大の狙いは
仕掛在庫を最小に抑えること。

いつまで経っても使わない大きなダンボールなど
使わないものの購入を極力控えたい。

近くにホームセンターもあるし、
ネットでもダンボールは安く買える。

そう考えていながら実際商品を発送する段階になって
「あ!テープが切れてる!」
「箱のサイズが合わない!」
「新聞紙切れか。。プチプチもないし。」
いま必要なものが手元にないのはホントに腹立つ。

若干の在庫を置くようになったけれど、
それでも大小さまざまな商品を扱う海外販売は、
形がそれぞれマチマチで全部の種類揃えるのはムリ。

小型の商品と、
中型の商品と、
大型の商品があって、
毎日1個ずつ売れるとします。

1人なら3日に1回しか売れないけれど、
3人が同時に使えば1日1回売れることになる。
梱包材も人材も安定供給できるだろう。

ダンボールの値段って意外と高くて、
大きめサイズをホームセンターで買うと
1個500円以上したりする。

急を要するとはいえ、高いなあと思うし、
Amazonに記載されてる発送重量も
届いてみたらぜんぜん違うってこともよくある。

なんせ海外発送する際には
国内よりも厳重に再梱包しないと
届いた時壊れてたりしてアカウントに傷が付くのだ。

外部委託先から発送できるようにして、
自社で使っていたシステムを切り離して設置し、
荷物を全部運び出したら事務所のスペースが
すっからかんに空いた。

作業のパートさんも仕事が無くなり、
自然に人数は少なくなっていった。

HASSO JAPANの送料手数料は
どれだけ商品が大きくても1個290円。
段ボール代より安上がりの計算だ。

一見活気が無くなったように見えて、
身軽に行動ができるようになった。

365日稼働だから土日も安心して任せられる。
7日間無料だから、使ってから続けるかどうか
決めれば良いだけのこと。

これから海外販売は大きく変わる。
みんなみんな、世界へ飛び出してる。

いまは短期間の視察で帰ってくる人が多いけど、
いずれ短期ビザの期間ギリギリまで
過ごす人が急増するのは間違いない。

滞在先で仲間に会うことも多くなるだろう。

2008年の記事に書いてあることが
本当に現実になっている。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/znxh…

イタリアで・ドイツで・アメリカで・・・。
お得意さんと会ってお話ししながら、
手元のPCで注文指示を出し、
品物が届いたらハイ、さよーならー。
次の国へ商談に行く。

熱く中身の無い夢を語るだけじゃなくて、
私が思い描いていることは、
全て実現可能なのに世の中になかったものばかり。

6年前に描いた空想が今現実に。
そして今の私は更に6年先の未来が見えている。

当然といえば当然だけど、
やっぱり身震いがする。

あなたも羽ばたくんだ。
私達と一緒に。

HASSO JAPANの募集は残り3日で終了します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

海外販売を利回りで考えると楽して稼げるようになる。

yoshidalogo2

「物販って利回り高いですよね。」

利回りっていうのは株や不動産でよく用いられる指標。
その分野から海外販売を始めた人はそういう概念を持ってる。

投資した額に対してリターン(利益)が
どのくらいあるのかを測る尺度が利回りっていう意味で、
IR情報としてよく使われます。

冗談抜きで「不労所得」を目指すなら
IRについて勉強しておいたほうが良いし、
海外販売を通じて学ぶのが一番手っ取り早い。

IR情報っていうのは「Investor(投資家)Relations(関係)」の略。

支払ったお金がいくら返ってくるのかを
チェックする指標になります。

一般的には上場企業が開示するIR情報って話しなんだけど
全然しっくり来ないので私なりの持論を展開します。

まず、利回りの計算方法について。

物販は利回りなんて言わないので、
不動産に当てはめて考えていきます。

不動産における利回りっていうのは2種類ある。
表面利回り(グロス)と実質利回り(ネット)ですね。

表面利回り
年間収入÷物件価格×100

実質利回り
(年間収入-諸経費)÷(物件価格+購入時の諸経費)×100

1.不動産価格5000万円
2.年間家賃収入が500万円
3.購入時の諸経費300万円
4.不動産保有時の諸経費が年間100万円

この条件の物件に投資するなら

表面利回り(%)
500万円÷5000万円×100=10.0%

実質利回り(%)
(500万円-100万円)÷(5000万円+300万円)×100=7.5%

となります。
つまり、表面利回りなら10年、
実質利回りなら13年で元が取れるという計算です。

元が取れるっていうのはこの場合
自分のモノになるって意味ですね。

表面利回りって物販で言うと粗利のこと。
500円で仕入れた商品が1000円で売れたら
500円÷1000円×100=50%

だけど、実際にはeBayやAmazonに
出品してる手数料や人件費がかかってます。

ということで、表面利回はあんま意味なくて、
実質利回りで計算すべきだということが分かります。

1.500円で仕入れて
2.1000円で売れて
3.販売手数料が200円で
4.作業代が100円だとすると

(500円-100円)÷(1000円+200円)×100=33%

不動産が銀行からお金を借りて
実質利回り13年で元を取ることを考えると
物販は商品3回売れば元が取れるということ。

この利回りの高さに注目して
みんな物販は凄いって言うんですよね。

私がインターネットで海外販売を始めてみて
感動的だったのが世の中の仕組みの
縮図なんだと分かったこと。

例えばいわゆる不動産投資家の人達は
運用はしていますが、実務に疎い人が多いです。

IRに特化しているので「諸経費」について
実務ベースで理解をしてないんですよね。

これは物販で言えば販売手数料だったり、
ツールの利用料だったり発送作業だったりします。
実感沸くでしょ(笑)

不動産投資家の場合だと最初から
管理会社に任せるのが当たり前で、
どこを選ぶかは重要だけど、
自分でやるという選択肢は最初からありません。

その分、彼らは徹底的に市場調査をしています。
高い買い物をするだけあって
物件や周辺地域情報を足で見て回ったりします。

半年かけて100件見て3件申し込みを
入れるといったところに「手間」をかけてます。

人間の時間は平等で、1日24時間しかありません。
何に時間をかけるかで成果に大きく差がつきます。

風上のビジネスってなんだろう。

それがリサーチです。
リサーチを制するものがビジネスを制する。

あなたがもし、本当に不労所得を目指したいなら
ここの見極めに一番時間を使うべきで、
その他のことを極力排除していかなければなりません。

そういう意味で、HASSO JAPANは自社のリソースから
いち早く切り離すべきだと判断して開発を行いました。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

「発送」という業務を利回り計算の中の1つと考える。
そこを切り離して利回りの高い商品選定に
たくさんあなたの貴重なリソースを突っ込んでいきましょう。

儲かる商品が見つかった。
そうすると、あそことあそこを「繋げば」いいんだな。
そういう感覚でいま私は動いています。

日本人はむしろ、この感覚を鋭く鋭く磨くべき。
あとの仕事は大抵、「替え」がきくので。

IRっていうのはその他に「リスクマネジメント」
の要素も含まれます。

なんだか難しい言葉ですけど海外販売と一緒に考えると
超簡単で、要するにアカウントのサスペンドリスクや
返品クレームが起こる確率や見通しのことです。

これは実務に入って目先のクレームに一喜一憂すると
正常な判断ができない場合があるので
少し客観的に判断したほうが良い場合が多いですね。

そういったことからもビジネスはリソース。
あなたの全ての余力を、どこにぶち込むか。

そこで、あなたの将来が決まります。

HASSO JAPANの募集を再開します!

yoshidalogo2

海外販売の醍醐味は買い付けにある。
それから、やっぱり家に閉じこもりきりじゃなくて
外に出たいと思って、たくさんの遠出をした。

でも、いまみたいに海外に頻繁に出かけたり、
1ヶ月まるまる外出するなんてことは
逆立ちしたって実現できるはずもなかった。

常に後ろ髪引かれてたのが、発送。
というより郵便物の「不在票」や
届いたらすぐに発送しなきゃという感覚に
いつも振り回されていたと思う。

HASSO JAPANの募集を、いよいよ再開します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

リサーチ出品やメール対応はネットに繋がった
ノートパソコンやスマートフォンがあれば足りるけど、
発送だけはそうもいかない。

「手を空ける」必要性を感じたら
まず発送を手離れしないといけません。

HASSO JAPANは海外発送の代行サービスで、
実際に発送代行会社が検品や梱包、発送を行っています。

彼らに発送業務を委託し、お任せ出来るようになって
ようやく安心して出かけられるようになりました。

入荷や発送の処理状況はオンラインで確認でき、
365日発送なのでお休みもありません。
質問にもキチンとメールでお返事がもらえるので安心です。

2年間の実績と数万個の発送を取り扱うHASSO JAPANは
許容量の関係上年に数回しか募集の再開がありません。

この機会に一度利用してみることをオススメします。

HASSO JAPANはお試し7日利用ができます。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

Hasso JapanでFBA倉庫直送は可能ですか?

amaznlogo2

> > Hasso Japanについて教えてほしいのですが、本サービスでFBA倉庫直送の場合、EM
> Sの利用も可能でしょうか。

AmazonへEMSを利用して入庫をすることは
おそらく難しいです。

私も何度か成功しましたが、
最終的にはNGとなって返送されています。

> どこかで、Amazonは
> EMSは受け付けないとういう話をきいたことがありますので。。

EMSを受け付けない仕組みは無いのですが、
輸入者としてAmazonを指定することが規約に違反します。

> DHLなら直送が問題ないようですが、
> 容積重量も加味されるので、
> 実重量が軽いのに容積重量にひっぱられて送料が高くなるのは避けたい状況です。

DHLの場合には関税を元払いとすることが可能ですが、
輸入者は依然としてAmazonとなります。

Importerとして米国の法人等を記載すれば
良いのですがあまり現実的ではありません。

> Hasso Japanを含めて
> EMSを利用したFBA配送ができないか模索しています。

Hasso Japanを利用なさるのであれば、
米国における転送会社もしくはSOHOさんに
米国内の転送を依頼なさるのがベターかと思います。

米国内の転送に際しましてはAmazonのUPSの優遇送料が適用されますので、
非常に安価に転送することが可能です。

HASSO JAPAN サーバーメンテナンスのお知らせ

O

HASSO JAPANで使用しているサーバー機器アップグレードに伴い、
以下の日時においてHASSO JAPANへのアクセスができなくなります。
お急ぎの発送代行依頼やHASSO JAPANへのお問い合わせが
ございましたら、お早めにお願いいたします。

メンテナンス日時:
2014/2/16(日) 00:00 ~ 09:00
(サーバー停止時は
「503 Sorry. We’re under maintenance.」と表示されます)

大変ご迷惑お掛けいたしますが、ご協力お願い申し上げます。

HASSO JAPANを使ってFBA倉庫直送はできますか?

amaznlogo

comment_logo FBA直送はオススメしませんね。comment_logo

> Hasso Japanについて教えてほしいのですが、本サービスでFBA倉庫直送の場合、
> EMSの利用も可能でしょうか。

AmazonへEMSを利用して入庫をすることは
おそらく難しいです。

私も何度か成功しましたが、
最終的にはNGとなって返送されています。

> どこかで、Amazonは
> EMSは受け付けないとういう話をきいたことがありますので。。

EMSを受け付けない仕組みは無いのですが、
輸入者としてAmazonを指定することが規約に違反します。

> DHLなら直送が問題ないようですが、
> 容積重量も加味されるので、
> 実重量が軽いのに容積重量にひっぱられて送料が高くなるのは避けたい状況です。

DHLの場合には関税を元払いとすることが可能ですが、
輸入者は依然としてAmazonとなります。

Importerとして米国の法人等を記載すれば
良いのですがあまり現実的ではありません。

> Hasso Japanを含めて
> EMSを利用したFBA配送ができないか模索しています。

Hasso Japanを利用なさるのであれば、
米国における転送会社もしくはSOHOさんに
米国内の転送を依頼なさるのがベターかと思います。

米国内の転送に際しましてはAmazonのUPSの優遇送料が適用されますので、
非常に安価に転送することが可能です。

HASSO JAPANは本日締切。

吉田です、おはようございます。

古いサーバーから新しいサーバーへ引っ越しして、
ようやく移行作業が、ほぼ完了しました。

年末年始に入るので、1月に入ってから
「ネームサーバー」っていうドメインを
移す作業を終えたら新しいサイトが見れます。

現在、WordPressの専門家と一緒に作業してますが、
楽しいんだコレが(笑)

私はサーバーの移動をしつつ、WordPressの最新版を
新サーバーにインストールして動作確認。

WordPressの管理画面が最新版になった!嬉しい!

3.1の管理画面と3.8の管理画面の
UI(見た目)が全然違ってたので驚いた。

3.1の管理画面はこんな感じ

3.8の管理画面はこんな感じ

いやー見た目がスタイリッシュになった気がする!
ワクワクしますね~。

3.8からスマホ対応にもなったんだとか。
新しいバージョンに触れるってのはドキドキしますね。

え?いまさらですか?って言われるかもしれませんが、
今まではどのサーバーのもPHPのバージョンが足りず、
テーマやプラグインも新しいのを全然入れられなかった。

なんでも大きくなると、動きがどうしても鈍くなります。
ビジネスも人も、若いうちが華かもしれません。

専門家と一緒にサイト作り上げてます

同時にWordPressの専門家とは
チャットワークでやりとりしつつ、
私が目指したいサイトの外観を見せて
趣旨を理解してもらうところから始まりました。

ちょっとこの辺で最近の傾向やら事例やらで
オタク談義に花が咲き、
いよいよこれを形にする段階に入っていきます。

WordPressには「テーマ」と「プラグイン」があって、
この2種類でサイトの特徴を出していきます。

テーマはブログのデザインを着せ替えできる。
プラグインは機能の拡張です。
基本的にはこの2つをイジる作業。

テーマは海外製で有料のものを使用しました。
使ってみると、やっぱりフォント文字化けの問題がある。

ここでテーマの中身をイジってもらって
文字化けしないキレイな形に変更中です。

人気記事やアクセスランキングも搭載され、
ソーシャルプラグインも準備中、
広告表示スペースもちゃんと確保されました。

サーバーのバックアップ取ったりしながら
その辺りはお任せしつつ、リロードするたびに
チグハグだった新サイトが整えられていく。

WordPressの彼が寝ている間に
私がサーバーの環境を整えて渡し、
私が寝てる間に彼がサイトの構成を整える。

ホント良いコンビネーションで進んでる。
これ、1人だったらホント正月も
ヒーヒー言いながらやってたことでしょう(笑)

面白い仕事に集中できる環境つくりは大切

さて、仕事にも面白い仕事と面白くない仕事があります。
好きなことをやろうと思っても、別のことで
時間を取られてしまう人も多いですよね。

一番足をひっぱられるのが「発送」だと思います。
単調な作業は飽きるし、なんせ何か作業してると
しょっちゅう郵便局や佐川急便がやってきて、
ハンコ押したりなんだかんだで手が止まる。

良いお年を~なんて声かけてから席に戻ると
「あれ?今なにやってたっけ」と集中力が切れる。

とにかく集中できる環境に無いと、
仕事というのはミスが多くなります。

社長であるあなたこそ、そういう時間を
持てるようにすべきですよね。

そのために、後ろ向きな作業は切り離し、
前向きな仕事に取り組んでいく必要があります。

自由な時間ができたからって
遊びたいとか働かずに稼ぎたいとか
そういうんじゃなくて。

コーヒー飲みながら全体の景色を見渡し、
こういうクリエイティブな仕事に
ゲーム感覚でその時のパートナーと一緒に
ビジネスしてる感覚が好きなんですよね。

HASSO JAPANは本日まで

年末年始の海外発送を万全な状態に保つために。
HASSO JAPANの募集は本日まで。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

私の周りはクリエイティブな仲間ばかり。
発送パートのおばちゃんはいません。

めんどくさい仕事はHASSO JAPANへ。
あなたの代わりに、海外発送業務を代行します。

【あとがき1】

サーバーのバックアップ取ってて、
flvなどの動画データがめちゃくちゃ重たかった。

昔はよく映像作ってたもんですが、
これってホント大変だった。

今はYouTubeがあるし、映像の編集も楽になったので
自分のサーバーに重たい動画貯めておく必要ないもんね。

いやホント、便利な時代ですよ。
最高です。

HASSO JAPAN募集再開!

吉田です、おはようございます。

年末年始の海外発送を万全な状態に保つために。
HASSO JAPANの募集を再開します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

商品を購入した海外のお客様が
満足度ランキングとして一番に挙げること。

それは「商品が『確実に』届くこと」

第一番目に、強固なシステム。

多くの海外発送を引き受ける発送サービスは
セキュリティ管理がしっかりとなされて
いなければなりません。

直感的で、分かりやすい操作。
そしてオーダ一覧に表示された商品の、
流れるようにステータスが変化していく。

送料手数料の支払いを済ませるだけで
未発送から発送準備中へ。

想像してみよう。
あなたの商品が勝手に詰め替えられ、
保管され、生まれ変わっていく。

最後に辿り着く「発送済」の文字。
あなたの商品が世界へ飛び立った瞬間だ。

第二番目に、強固な業務管理。

1日の最大出荷を支えるメンバーがいる。
届いた商品を安全に開封し、梱包する。

システムの稼働を支える担当者。

彼らの存在なくして
このオペレーションの成功はない。
この年末商戦の大規模出荷を確実にこなした。

巨大な倉庫の中で、
発送量が多い日は応援を呼び、
少ない日は他へと分散する。

人的リソースのバランスを取り、
縦横無尽に倉庫内を駆け巡る。

騎士のように、あなたの業務を
忠実に行ってくれる。
それが倉庫業務のオペレーション。

堅牢なサービスに守られる

そう。あなたがHASSO JAPANを利用して
するべきことは、たった1つしかない。

商品の「発送代行依頼」入力だけ。
後は画面上で流れるようにステータスを見る。

もはや、辛い梱包作業に手をかける必要はない。
その裏側で不満を言われることもない。

エグゼクティブクラブのノウハウと連動し、
セラーの立場で商品の無事を追いかけ、
日本有数の巨大工場を動かすセキュリティシステムと
巨大倉庫を動かすマネジメントシステムにより、
その強固さは『堅牢』の域に達しています。

パソコンのクラウドに存在するHASSO JAPANが
ただ黙々と、次々出荷を完了させてくれる。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

さて、師走のこの時期。

心配なのは、休みたくても休めないこと。
そして止めたくても止められない仕事が
あることじゃないでしょうか。

HASSO JAPANは年中無休で運営をしています。
1月1日と1月2日の、たった2日間だけ
点検業務のため出荷を停止しますが、
大晦日も通常通りの運転を行います。

大切な発送を年末年始だからという
理由で休暇取られちゃ、やるせないでしょう?

副業なら、せっかく落ち着いてビジネス出来る
この期間中にサービスが止まっていたら、
せっかくのやる気が萎えてしまいます。

これからのクラウドソーシングは
手待時間が多くなる。

電車や、車の中、
子供を抱っこしながら、
恋人とデートしながら。

気になったコトを、メールで質問したら
いつでも誰かが答えてくれる。

商品売れたら、やっほー!って
隣の誰かに笑いかけ、
HASSO JAPANに依頼を行って
その足で初詣。

あなたが一番休みたい時だから、
私達のサービスは休みません。

止まると、イライラする。
そうでしょう?あなただって。

やろうよ!ビジネス!!

『堅牢』HASSO JAPANの再募集は
7日間のお試し利用期間込で
12月28日に締め切ります。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/prtp…

【あとがき1】

さて、年内で一旦終了する
「挑戦者達の3ヶ月」

続々と成果発表がありましたが、
山下さんが利益倍増の
月収60万円を達成しました。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/?p=5406…

このプロジェクト、実はあるビジネスの
前哨戦ともなるメンバー選出のための
プログラムだったのですが・・。

詳細はこの18名の中から、
たった1人にだけ口外無用でお話する予定です。

全員の実力がかなり底上げされてますね。
これはこれで、稼ぎ方を一段階上げる、
強力な手法なんです。

このまま終わらせるのはもったいないので、
新年から少し別の形でパワーアップさせようかなと。

さらに脅威の利益を達成した人も出てきました。
それは今後の投稿をお楽しみに!

重要!ダブルゼロ円始めます!

吉田です、おはようございます。

さああああって!
しっかりとお返事をいただけたので
ようやくお知らせをすることができます!

「世界物販カンファレンス2013」
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/1t3t…
の前に声を大にしてやっておきたい。

超!大掛かりな!

大・還・元をします!

ダブルゼロ円!トリプルインパクトとは!?

なんと今回、会員限定企画で
「ダブルゼロ円!トリプルインパクト」
大還元イベントを行うことが決まりました。

一体何をするのか・・
それは!

HASSO JAPANの手数料を【ゼロ円!】
にするという内容です。

HASSO JAPANは海外発送代行サービス。
現在も多くのユーザーにご利用を
いただいております。

現在正式リリースから1年が経過し、
運用面でもある程度の結果を
残すことが出来ました。

HASSO JAPANは革命的発送代行システムにより
海外向けに売れた商品を仕入れる際に
直接HASSO JAPAN倉庫を送り先指定をすることで
自宅や会社に荷物が届くこと無く
商品の販売が出来てしまうという
超便利なサービスです。

まさに、物販がアフィリエイト化して
しまったと言っても過言ではありません。

送料手数料は今まで390円でした。
1箇所発送につき同梱商品が10点あっても
3900円ではなくて390円です。

390円の内訳は人件費・梱包資材・場所代です。

通常、自分でこれらを揃えるとなると
自分で作業しても段ボール代がかかるので
390円でも安くつくのはお分かりだと思います。

しかし倉庫側のスケールメリットを極限にまで
高めることで、今回期間限定ではありますが
【ゼロ円!】を達成することができました。

無在庫販売なら、送料原価のみで
発送ができるのと、梱包する時間を使って
攻めの戦略にあなたの貴重な時間を
使うことができるようになります。

更に!海外AmazonのFBAに納入する際に
商品の検品、バーコード(Item Label)の貼り付け、
納品書(Packing Slip)の封入、
UPS、FBAラベルの貼り付けまで行う
海外AmazonFBA発送代行サービスがあります。

Amazonもラベル貼り付けを行ってはくれますが、
キチンと送り主がお膳立てをした状態で
送らなければ商品が行方不明になってしまいます。

こういったことを織り込んで、
最初から完璧な状態でFBA納入した方が良いと判断し、
HASSO JAPANではAmazonが指定する方法に準拠し、
落下テストなどの試験も行った上で
発送をするようにしています。

この手数料は1品あたり100円でしたが、
今回【半額の50円!】にすることにしました。
(こちらは商品1点あたり、の値段です)

更に!今回は、日頃本当にたくさんの発送依頼を
していただいているユーザーの皆様に
感謝の意を込めて11月の会費を【ゼロ円!】にします。

現在、HASSO JAPANの月額会費は1万円ですが、
継続会員のみ、全員に1万円を何らかの形で返金します!
(期間内に退会した人はこの限りではありません)

つまり

1.送料手数料ゼロ円!
2.月額会費ゼロ円!

が、今回の大還元イベントの全てです。
安く仕入れるために私達が出来る事は
仕入値を下げることだけではありません。

送料を下げることも利益向上の秘策の1つです。
この積み重ねはめちゃくちゃ大きいですよ。

この企画を行うことで、ユーザーのみなさんは、
発送する度にボーナスがチャリンチャリンと
入ってくるイメージになりますね。

しかも、物流センターは365日稼働です。
あなたが休んでる間もセンターは
安定して発送を続けてくれます。

さらに!HASSO JAPANのユーザーの月額会費を
1ヶ月限定で無料にするので、他会員の方にも
1ヶ月間HASSO JAPANを使いたい放題にします!!

対象者は

1.エグゼクティブ会員
2.Nijuyon会員
3.HASSO JAPAN会員

この3つの会員は、1ヶ月間HASSO JAPANを
ダブルゼロで、使い放題となりました!

これが、トリプルインパクトです。

もうあなたは、パソコンで管理画面を
眺めるだけで商品の発送まで完了でき、
どこでも自由に出かけることができます。

期間は11月1日~11月30日までの1ヶ月間。
20:00のパスワード更新よりご利用いただけます。

かなりメリットが目白押しのため、
全部ゼロと誤解されるといけないので
整理しておきますね。

今回の内容を整理します

ゼロ円になるのは、
HASSO JAPAN月額会費と送料手数料です。
送料実費はもちろん発送の都度必要です。

エグゼクティブ会員、Nijuyon会員は
HASSO JAPANを1ヶ月間ご利用いただけますが、
会費の返金はありません。

対象者は現会員のみです。
現在、新規の募集は行っておりません。

期間は11月のみです。
12月以降は推移を見て新料金を発表します。

もちろん、出荷数がどんどん増えて
安値を維持できれば最高です。

FedExは既に大型割引が適用済なので変更はありません。
FBA納品については1品あたり半額の50円です。

年末商戦に向けて一番発送が大変なこの時期に
手間を利益に変える提案をさせてもらいました。

この手数料ゼロ円は、経営体力のある
物流会社にしか成し得ません。

もちろん赤字は必須で、どこのサービスでも
この値段でやっているところは存在しません。
だってゼロですから。

オペレーションシステムが完成して、
大手の物流会社と組むことが出来たからこそ
この提案を今ようやくあなたに行うことが出来ました。

手数料ゼロ円を打診してくれたのは
物流会社さんの役員及び所長及び社員の方。
わざわざ弊社にご来社頂きご提案申し受けました。

それであればということで、私の方も
月額会費を期間限定でゼロ円に
しようと決断しました。

この会議で決まったことはそれだけではありません。
物流会社ならではの、かなりインパクトのある
革命的なご提案をいただいているのですが、
それはまだお話できません。

今言えることは・・

今言えることは、多くのユーザーを
抱えることよりも、これからはユーザー1人1人の
出荷数を増やして層を厚くしようということ。

今回のカンファレンスでは1日200個発送する
ツワモノのセラーも複数登壇してくれます。

ただ、長い期間を掛けてならいざしらず、
翌日彼と同じ能力を持つ人間が同サービスを使えば
全体の出荷数は伸びても個々人としては
パワーが弱まる可能性があります。

また、セラー全員が手数料分の売値を下げて
出品されてしまっても意味がありません。

そうではなくて、
「今、私達と関わってくれている人に」
最大限のメリットを享受させ、お互いに
利益を最大化させたいというのが本音。

ユーザーを倍にして出荷数を倍にするよりも
同じユーザーが出荷数を倍にしてくれた方が
嬉しいし、長く続けてくれるでしょう。

その後の料金体系は11月の推移を見て
決めさせていただくことになりますが、
スケールメリットを考えて、ギリギリで
行きたいと私達は考えています。

カンファレンスでは、物販ビジネスを自動化し、
スケールメリットを得た強い個人の集団が
いかにして世界と戦い、勝ち残っていくべきかを
具体的な方向性を元にお話ししていきたいと思います。

まずは1ヶ月間、この分野で
海外発送代行サービス
日本一の座を奪取するのは確定です。

この頂上アタックを何度か繰り返し、
いずれ破格のメリットをあなたに
提供するつもりです。

使わない理由はないよ。
どう考えたって、使わないほうがおかしい。

このメリットを受け取れるのは、
第一番に、現会員のみんなです。

そしてカンファレンスに出席した人までが
これから始まる出来事を知る最後の方。

もう次の機会は・・、特に考えていません。

ということで今後の展望まで知りたい方は
「世界物販カンファレンス2013」
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/1t3t…

あなたの参加をお待ちしております。

【あとがき1】

これがどれだけ凄いことか、
うーん、伝わったかなあ?

オペレーションシステムって簡単に言ったけど、
HASSO JAPANは私の自社開発システムで
Amazonにも匹敵する処理能力を
イチから組み上げて凡庸品で作ったもの。

30万とかするヤマトのおっさんが持ってる
高っかい機器じゃなくて、中古のiPodとかでも
システムが動くように作ったんです。

ちょうと堀江氏が、既成品のロケットで
宇宙に行きたいって言ってたのを
物流の世界で実現したようなもん。

また、物流会社さんが開口一番に言ったのは
「担当の石垣を休ませてあげたい」ってこと。

365日稼働を実現させているのは
間違いなく人で、手当の要員が少ない中で
本当に頑張ってくれています。

出荷数が更に増えれば代替要員の
確保もできるし休ませてあげることもできる。

人を大事にしたいっていうのは
どんな会社の責任者でも考えてること。

だから、できる限りのことを私もしてあげたい。

11月1日の20:00に
エグゼクティブ会員、Nijuyon、
HASSO JAPANの
パスワードを更新します。

来月のエグゼクティブ会員マニュアルは
「AWSでWordPressサイトを作る!」
です。

全会員にHASSO JAPANの利用権利を
1ヶ月間開放します。

現HASSO JAPAN会員には、11月中に
1万円分の返金手続きを行う準備をいたします。
(12月以降も継続いただける方のみ)

前後の時間帯はメンテナンスのため、
一時的にサイトにログインできなくな
るので予めご了承ください。

現在最終チェック中!
楽しみにしててくださいね。