これからの時期一番稼げる方法を教えます

これから手っ取り早く稼げる方法として、
「ポイント」を使ったビジネスがあります。

10月になると、もう2019年も残り僅か
だという声が、チラホラ聞こえるようになりました。

この10月にはその他にもビッグイベントがあります。
1つ目は消費税の増税。
2つ目は国が支援するキャッシュレス支援です。

制度の目的としては、消費税が現在から
2%アップする痛みを軽減するために、
来年6月末まで最大5%ポイント還元するという仕組み。

この制度に国は2798億円の予算を投じています。

還元率や上限は異なるものの、
Amazon、楽天、ヤフーショッピング等の
ECショップも対象となっています。

この期間中に買い物をすると、
還元率が高くなるということです。

詳しくは、経済産業省の
キャッシュレス・ポイント還元事業
の特設ページをご確認ください。
cashless.go.jp/…

これで稼げるようになるのは電脳せどりです。

電脳せどりとは、ネットで仕入れて
ネットで販売する方法。

高いポイント還元のオトクな時期を狙って
仕入れをすることにより、稼げるようになります。

つまり、仕入れとポイント分を合わせて、
仕入れ額を安く抑えることができるということ。

この消費者還元事業ですが、
対象範囲が広い上に、例えば
還元方法の種類としても、
購入時にポイントを付与する方法だったり、
買った時にポイントを使える即時充当、
口座引落の時に相殺する引落相殺、
口座にポイントを付与する口座充当等
複数の還元方法があります。

携帯電話の契約とよく似ていて、
知っている人は得をするけれど、
知らないで放置している人はそのままという、
知識量で差が出る仕組みになっています。

さらに国だけでなく、企業も独自の
上乗せ還元を行っていて例えばPayPayなら、
消費者還元事業で5%、PayPalから5%で
合計10%の還元を謳っています。
paypay.ne.jp/event/meti-20191001/…

この状況は今年の春ぐらいから始まっていましたが、
これからテクニックを駆使して稼ぎまくる人たちが、
来年の6月までは増加するでしょう。

短期的なものかと思いきや、
キャッシュレスは国を挙げての課題なのと、
企業にとってもリピート率を上げるために、
先行投資してでも欲しいものです。

来年になったとしても、十分普及したと言えるまでは
名前を変えて続く可能性が十分あります。

本格的にやらないまでも、
お小遣い稼ぎ程度なら初心者向きですね。

例えば楽天の場合はクレジットカードごとに
15000ポイントを上限としています。
www.rakuten-card.co.jp/cashless/point-back/…

一番簡単なのが、カードの枚数を
増やして仕入れる方法ですね。

ちなみに、私もクレジットカード会社さんから
この時期に合わせて私の読者限定で
一番オトクなカードの紹介依頼が来てます。
(特典が凄いので、マジかという感じ)

こんな感じで、10月からは各クレジットカード会社、
大手ECが体力勝負の出血大サービスを始めてます。

仕入れるなら今しかないですね。
この波に乗って行きましょう!

300時間を超えると習慣になる

「仕事したいんでしょ?ゆっくりしてて。」

日曜日、いつもより少しだけ遅く起きて、
メイドもいそいそと準備をして出掛けた。

さて、もらった時間で何しようか。
シャワーを浴びて、メイドが作った
パンケーキを食べて、コーヒーを飲む。

プログラミングの学習時間が300時間を
超えて分かったこと。

いつの間にか、息抜きでやるようになった。

ノートPCを開いてBluetoothで
ヘッドホンをセッティング。

耳の後ろにボタンがあるのが
ハイテクっぽくて気持ちいい。

コードを書く。
昨日はハマって1日ムダにしたから。

SessionとCookieの使い所が
あんまよく分かっていなかった。

Sessionはログインで
よく使うが、値は固定。

Cookieは叩くごとに
値を変化させることができる。

$timeLimit = time() + (606013);
$day = 2;
$expiration = time() + (606024*7);
setcookie(“limit13[0]”,$timeLimit,$expiration, ‘/’ );
setcookie(“limit13[1]”,$day,$expiration, ‘/’ );

Cookieは1サイトあたり20個しか登録できないので、
節約のために配列にしてセットする。

でも、このままだと叩く度に
上書きされていつまで経ってもリミットが発動しない。

もし、初回なら値をセットし、
2回目以降ならスルーする。

if文で書くと

if(isset($_COOKIE[‘limit13’]){
// 2回目以降の処理
} else {
// 1回目の処理
}

基本、逆算して書いていくので、
1回目と2回目の処理を下から読んでいかないといけない。
!issetでもいいけど、慣れてしまうと逆に読みにくい。

これ系は時間をコントロールする言葉達。

FFの魔法で言うとファイアレベル。
なんとも、もどかしい。

プログラミングは英語で勉強してるので、
わからない単語はオウム返しで
スマホでGoogle音声翻訳するクセがついている。

以前、英語の勉強中に
NHK worldっていうNHKの英語版を
観てたら意外と理解しやすかった。
www3.nhk.or.jp/nhkworld/…

Amazon輸出する時も、
日本のAmazonの使い方が分かっていれば、
英語のAmazon.comでもなんとなく触れる。

ということで、勉強の合間に
FF7リメイクの予告編を日本語でヘビロテ。
youtu.be/eVjwc1H7r74…

その次に、英語を混ぜてヘビロテ。
youtu.be/hNIPk7mitT8…

んで、ブツブツとGoogleに音声で語りかける。
発音が正しくないと反応しないので、
なるべくそれっぽくオウム返しする。

「かなりピンチ!」
“I feel trapped.”

「ただいまー!」
“Have you been a good girl?”

へえ、だいぶ意訳だな。

いっつも「ただいま」っていう上手い英訳が
見つからなくって困ってるけど、
英語にはそれっぽい表現がないから調子狂う。

FF7のリメイクが出たら、
英語版と日本語版両方買おう。

私の外国のお客様も
みんなそうやって、日本語を勉強してる。

昨日、時間のコントロールを吐くほどやったので、
今日は逆に頭がスッキリしてる。

起業家 x 英語 x プログラミング。
気配は感じるけれど、まだ遠い。

誰かが言った。

「歳を取って、楽ができるのは、
 若い時に苦労した分を受け取ってるから。」

アルテマ撃ちたい。

休日の過ごし方

休日ともなると家の中が騒がしい。
小学2年生の上の子は退屈するし、
0歳の下の子はなんでも食べる。

さっきは20セント硬貨を食べてた。
コラ、喉に詰まったらどーすんの。
目が離せない。

という慌ただしい休日なので、
今日は最近の吉田流、息抜きについて話します。

まず、小学2年生の娘は
退屈すると遊んで遊んで攻撃されるので、
課題を与えて没頭させる必要があります。

まずはタイピングをマスターさせる。

寿司打っていうタイピングサイトを覚えさせる。
typing.sakura.ne.jp/sushida/index.html…

英語版はゾンビ倒す系のサイト
typingtestnow.com…

これを25分ずつ5分休憩挟みつつさせる。
1日2回、1時間ずつぐらいかな。

あとは宿題と英語の勉強をさせる。
算数は得意ぽいけど、英語が苦手。
タイマーしながら1日4時間ぐらいは集中力が持ちそうだ。

その間に、妻と交代で下の子の面倒を見る。
生後10ヶ月だけど10歩ぐらい手放しで
歩けるようになってきたので、疲れさせて
ミルク上げて寝かせる的なことをする。

下の子はしょっちゅう怪獣みたいに
叫びだすので手を変え品を変え、
飽きさせないように面倒見なきゃいけない。

今朝は私の食べてたパンが欲しかったみたいで、
ちぎって渡したら喜んでた。

おお、エサが欲しかったのかお前は。
かわゆい奴め。

子供たちが落ち着いてる間に、
ちょこちょこっとメールの返信だとか
細々としたことを終わらせる。

集中して大きな課題に取り組む余裕はない。
平日に仕込んでおいて、休日は休むしか無いよね。

ぐったり疲れるので、普通は夜の9時以降で
子供たちが寝静まったあとに、
Nintendo Switchでマリカー8する。
ぼーっと何も考えずにいれる唯一の時間。

昨日は子供の寝かしつけに失敗したので、
4回ぐらい背中スイッチで目が覚めてグッタリ。
マリカーできず。

眠りにつくまでは、メラトニンというサプリを
最近飲んでみようと試しています。

日本は販売できない成分のやつだけど。
海外では普通に売っています。

こういう日本未発売のサプリが欲しいなら
iHerbというサイトがあります。
iherb.com…

ただし、なんか寝すぎてしまう。
これ使うようになってから10時間ぐらい寝てまう。

眠たくなるまでの間にYouTube見る。
最近は映画の予告編とかダラダラ見る。

ダイナーとか見たい。
あー見たい。

ダイナー予告編
youtu.be/W6igq-iN5L0…

そしたら関連動画でこんなんでてきた。

P丸様。
youtu.be/rQyB6g2Bfvg…

なんだ、ただの天才かよ。

ヨットハーバー付きのセレブ宅を訪問

昨日のメールはなんだか好評で、
たくさんの方からメッセージをいただきました。

特に女性が多かったかなあ、
なんでだろうねえ、不思議すぎる。

ビジネスのノウハウそのものは
そりゃいくらでもあるんだけど、
ここでは私の感情をそのまんま
あなたにお伝えしています。

貧乏だった時期からお金持ちになるまで、
そしてこれから先のことについて、
時代に合わせて変化してく様子をお楽しみください。

ほんで、会社というのは始めるよりも
続けるほうが難しいワケです。

何人も主役が交代し、
気がつけば新しい人がどんどん出てるけど、
消えていった人も同じぐらいいるんです。

そんな中で、生き延びるためには
「変わり続けなければいけない」ということ。

ネットでコミュニケーションするより、
会って話すほうが大事だろ!とか
もちろんそれも良いことだけど、
スマホでキッカケ作ってリアルで会う時代。

スマホも触れないし、パソコンも分からないと
竹槍で戦車と戦うことになっちゃいます。

そんな時は、娘が苦手科目を克服するように、
得意分野に8割の時間をかけつつも、
2割を初めてのことに割くようにすべき。

そうやって、私は「変わっていった」ワケですねえ。

そして今私はシンガポールに住んでます。
知らない人が多いと思うけど、
過去の私は田舎で家賃5万円の
ボロ屋に長年住んでいました。

雨漏りがしたのと、町内会長に任命されたので
引っ越しを決意したんですが、
その後更地になったぐらいのボロ屋でした。

それが一転してこのセレブ国に住んでるワケです。

どんぐらいセレブかというと、
あなたの地域にも「売ります買います」の
掲示板とか、ジモティーみたいな
地域情報誌的なサイトがあるはずです。

昨日は買って1年も経たないうちに
テレビが壊れちゃったので貰いに行きました。

セントーサ島っていう島全体が
エンターテイメントになってる場所があるんだけど、
そこの近所に住んでるお宅に引き取りに。

眼の前がヨットハーバーになってて、
上には島をつなぐゴンドラが走ってる。

エレベーターを上がったら、そのままリビングで、
各階に1部屋しかないという豪邸でした。
とゆーのが、珍しくもないのがこの国。

家賃はだいたい100万円ぐらい。
テレビよりも部屋の中が気になって、
知らない間に目が泳いでました。

今回はまあ普通の引取だけだったけど、
同じ日本人同士だし、子供も同じぐらいの歳なので
じゃあご飯でも行きましょうかという話になることも
まあまあ、あったりします。

そこで話すことはもう、その人は普通だと思って
しゃべってるんだろうけど、聞いたこと無い話しばっか。
えへえへってバカみたいに笑うのが精一杯です。

環境というものがもたらす影響を
マジマジと感じる今日このごろ。

だって掲示板に出てる品物が、
全部ブランド物なんだもんね。
上品というか、間違いがないものばかり。

どっかの外資系のコンサル会社を辞めて
こっちで起業した人としゃべった時、
なんでこの国を選んだの?と聞いたら、
「失敗しても、誰かが助けてくれるから」だって。

うーーむ。

お得ってなんだろう。
お値打ち品が安く買えることだと思ってたけど。

nor

ハーレーと幹部候補合宿とフェラーリ

「え?なんでバイク買わないの?欲しいんでしょ?」

バイクは今でも旅行先でたまに乗ってる。
初めて購入したのは16歳の時。

壊れかけのNS-1っていう50ccのバイクを
先輩から譲ってもらって乗り回したらすぐ壊れた。

高校時代は昼間、授業中に寝て
夜は麻雀を朝までやって、正月に賽銭ドロして
借りを返すとゆーことをやってた。

ま、いわゆるヤンキーですね。

道端に置いてあるカブを倒して
コンビニで買ってきたストローで
オイルをクチに含んで移し替えたりしてた。

歯磨きしたってヌルヌルが取れなかった。
テレビでオイル飲む中国人の特集やってたから
まあ大丈夫だろうなんつって。

レペゼン地球とかオイル飲む企画やんないかな。
ということで、その後僕達は更生しました。

大学時代は中型免許を取って
アメリカンに乗ってました。

真冬でも電車代を節約するために
ずっと革ジャンで走り回ってたので
春になると体が温まって鼻血が止まらなかった。

バイクってハンドル握ってる手が冷たくて、
どれだけ分厚い手袋してもシビれるんです。

ところがハーレーはハンドルに
ヒーターがついてるそうな。
欲しい・・ハーレー欲しい。

じゃ、なんで買わないの?

欲しいと思ってるのに買わない理由、
それはなんでだろうとタクシー乗りながら考えた。

私が買うと、みんなも欲しいって
言うからだろうなあ笑

というぶっちゃけトークを自分に
ぶちかましたところで吹っ切れた。

「じゃ、買ってあげるか。」

ポンっと膝を打って、そう決意した。

「あのさあ、パスポート持ってる?」

そう言ってビデオ会議時にスタッフに聞いて、
速攻で飛行機のチケット取ってあげた。
シンガポールで合宿することに。

150平米のメイド付きの自宅に招いて、
贅沢しながら私がここ1年で学んだ
至極のノウハウをシェアしてあげよう。

朝は6時に起きて一緒にジム行って、
体の鍛え方を教えてあげよう。

昼間はワークを中心にピカピカのオフィスで
経営者目線で仕事ができるようにしてあげよう。

成果に応じた報酬アップをその場で約束しよう。
本当の幹部社員にしてあげよう。

夜はクラブを飲み歩いて夢を語って、
週末はマレーシア辺りに旅行しよう。

そう考えたら少し楽しくなってきた。
驚く顔が見たいし、仲間を増やそうと。

あとは、国内転売で利益率40%も出してる
若者がいるんだけど、なんでビジネスを
自分で始めたのかというとキッカケが
「フェラーリに乗るためにはどうしたらいいか」
を考えたからなんだそうだ。

そういや、あるわフェラーリ。

フェラーリは確かに他とは別格。
暴力的なエンジン音と、羽つけたら
空飛ぶほどの加速力を持ってます。

一生忘れない体験させてあげるよ。
少しずつ、自らを解放していきます。

ビジョナリーカンパニーとは

ビジョナリーカンパニーという言葉を知ってますか?
文字通りビジョンを持った会社という意味。

ソニーやディズニーのような会社は永続企業。
ずっと続く会社ってどんな会社なんだろう?

まず、私達が暮らす社会に、記憶に残る足跡を残してる。
そしてスタートでは後れを取っても、長距離レースで勝ってる。
それはとても今の私が目指すべき方向性にぴったりでした。

ようやく自信が湧いてきたというか、
少しずつ自分を取り戻しつつあります。

これからは真っ直ぐ未来だけを見据えることができる。
もう一段、準備を重ねてビジョンを作ろう。

良い学校を出て、良い就職をして、
良い資格を取ることが正しいと言われていた
時代はもう終わりを告げています。

私は学校がつまんなかった。
イジめられてたし、成績もそんな良くなかったし、
何より目的がよく分からなかったから。

そもそも日本人はビジネスの勉強を全く
しないまま大人になってしまったと思う。

MBA取ったところで机上の空論だし、
英語だって使えるレベルの人はほとんどいない。
それは実践ベースでの学びが全く無いからだ。

このままでは日本は世界に後れを取ってしまう。

色んな国に行って気づいたことは、
貧しい国には情報がなく、
豊かな国には情報が溢れてるということ。

本人の能力はあまり関係なくて、
それだけで所得格差が生まれています。

つまり現在、国が豊かになる条件は
天然資源や人口増加ではなく、
教育によるところが一番大きい。

つまり教育こそが豊かさの源ってワケ。

だから私は、
「教育を変え、日本を変え、世界を変える」
学校法人を作ります。

自分の子供にも通わせたくなるような
完全に実践ベースで卒業証書も
もらえる学校です。

学校の形式はハブアンドスポークにします。
これはフェデックスの創業者が提唱した考え方。

中心拠点(ハブ)に貨物を集約させ、
拠点(スポーク)毎に分けて運搬する
輸送方式のことです。

貨物だけでなく、飛行機の路線等でも
広く採用されているネットワーク方式です。
ハブ空港って聞いたことあるよね?

私の会社のスタッフも今は
世界中に分散してます。

通常はオンラインでミーティングして
各拠点で仕事をしてるので、
会うことはほとんどありません。

でもこの間、フィリピン行った時もそうだけど、
約束の場所(ハブ)で会って
みんなで遊びまくったら
めっちゃ楽しかったんですよね。

カジノでブラックジャックしたり、
お酒飲んだり、ダイビングしたり。
(カジノは全部スッた)

ハブの役割はweworkのような
コワーキングになるか、学校のような
校舎になるかわからないけれど、
そんな風になったら楽しいだろうなと。

モノ作りは中国で、住まいはシンガポール、
倉庫は大阪、みたいな感じで、
分散化されたネットワークを作ります。

通信と通学、学びと実践が一緒にして、
オンラインとオフラインを融合させた
最先端のモデルができたら最高です。

好きな時に来たらいいし、
好きな時に帰れる居場所みたいなもの。

一生賭けて、そんな理想を追求したいなと。
あなたと一緒に。

個人でモノが売れたので、次は個人でお金を貸せる時代が来る

インターネットが登場する以前は、
小売業と言えば実店舗を構えて
会社を作って販売するものでした。

モノを売りたければそこで働く、という
選択肢しかなかった時代です。

インターネット黎明期の販売

ところがインターネットが登場してから
個人でもモノを販売できるようになりました。

最初は売ります買います掲示板で
次にオークション、そして楽天やアマゾンが
出現し、もはや高校生でも不用品の販売ができます。

つまり「売る」ということが
簡単にできるようになりました。
これは今では古典的とも言える手法です。
ただ昔は出来なかったんですよね。

それでもまだ、ユーザーが受け取るだけに
なっている業界が存在します。

次に来るのはお金

それが、「銀行」です。

私達はインターネットを使って
引き出す、預ける、借りるという
選択肢はあっても、「お金を貸す」という
ことはできませんでした。

これが個人でも出来る時代がやってきました。
これを「ソーシャルレンディング」と言います。

まず、フィンテックが先に来ました。
フィンテックはスマホで使われるモバイル決済。

Squareや楽天スマートペイなど、
決済に革命が起きようとしています。

そしてアマゾンも銀行業界へ進出を
しようとしています。

既にAmazonレンディングというのがあって、
法人のセラーに対して短期の運転資金を
ローンで貸し出しています。

最大5000万円までの融資額で
利率は8.9%~13.9%。
返済は売上のアカウントから
毎月自動引き落としされていきます。
goo.gl/d3kZLD…

顧客のビッグデータを活用することで、
銀行よりも効率的で確実な運用益を
得られるようになっています。

そして個人としてはP2P型の貸付サービスが
流行りだしていて、成長率は年平均で48.8%に
急成長すると言われています。

Increasing Peer-to-Peer Lending Market
goo.gl/929HaA…

実力はあるけどお金がないセラー達

インターネットで個人がAmazonに店舗を出して
販売する場合、実力がある人が急成長するのを
たくさん見てきました。

ところが彼らにはまだ信用がないので、
銀行もお金を貸してくれません。

それまでの「つなぎ融資」として、
親御さんや親戚にお金をかりるのと同じように
小口のお金をレンタルするという需要は確実に増えてます。

既にファンド型で似たようなことをしてるのがあって、
1口1万円で、1年以内に返済、年率10%以内で
個人から借り入れをしているケースもあります。

そしてフィンテックに今後使われる
ブロックチェーン技術によって、
さらに一般的になっていくだろうというのが
私の見方です。

貸仮想通貨とは

最近、GMOコインが「貸仮想通貨」の
サービスを始めました。
goo.gl/7k6qPk…

他にも個人で仮想通貨の貸付を
行える取引所はたくさんあります。

お金を貸すという行為が個人かつ少額で
できる時代がやってくるでしょう。

まとめ

ただ、日本の法律では個人が無許可の
貸金業を直接行うことは禁止されています。

どのような形で進化するか楽しみですね。
私はまず貸仮想通貨から始めてみるつもりです。

適正在庫とは?計算の方法と基準の作り方

在庫はどのくらい持つべきか。

在庫は常に切らさない程度に、でも
持ちすぎない程度にあるのが一番良いです。

適正在庫とは

在庫の話しは奥が深くて、
「適正在庫」とか「在庫回転率」とかで
調べるといくらでも文献が出てきます。

こういう一般的な本や検索結果を読んでても
規模や業界が違って逆に混同しがちです。
それは答えがたくさんありすぎるからです。

なので私の考え方はシンプル。

まず、在庫を持たないビジネスが最強。
どれだけ利益率が低かろうが、無在庫最強。

在庫を持つということはリスクを取るということ。
ではどの程度リスクを取るのかを決めます。

私は在庫を保つ場合、リードタイムの
3倍は最低限のリスクを取ります。

リードタイムとは発注してから納品するまでの
日数に売れた個数のことを指します。

発注から到着まで15日間で20個売れるなら、
60個発注して40個売れた時点で
追加60個発注するイメージ。

この計算だと1ヶ月半ごとに在庫を補充します。

ただ、バカ売れしたり季節商品だったり
品薄の懸念がある商品の場合など、不確定要因は
考えればいくらでも出てきます。

それに備えて余分に取れるリスクとしては
在庫は3ヶ月分まで持つということ。

直近の在庫を補充する際に3ヶ月分まで
持つと決めて、120個まで補充することがあります。
この計算だと3ヶ月毎に在庫を補充します。

これが私の最大限のリスクテイクです。

予測との差を考える

今までも何回もあったけれど、いきなり
通常期の100倍売れることもあります。

メーカーがプロモーションを仕掛けたとか、
インフルエンサーが紹介してバズったとか、
急激な需要で在庫がスッカスカになることも。

もしくはその特需のテッペンで仕入れて
全然売れなくなったこともあります(涙)

私の場合はブームに左右されるような
商材はあまり好きじゃないので、
リピートしたり売上が読みやすいものが好きです。

アンティークのような商材の場合は
在庫はいくらでも貯めるという考え方もあります。

こういうのを相談するると、
ケースバイケースっていう答えが大半で
私はそういうアドバイスがあまり好きじゃありません。

じゃあそのケースバイケース全部言えよと。

いずれにせよ、あなたがやるべきことは
「許容できるリスクの範囲を決めること」です。

算数の公式を作っておくと良いです。

ここまではリスクを取るけど、これ以上は降りる。
それが私の場合はリードタイムの3倍以上、
前回補充時需要の3ヶ月分以内ということです。

私は他の起業家と比べて気合いや怒涛の
攻め方は及びもつかないなーとヘコんでます。

ただ彼らと同じ土俵で今、交流が出来ているのは
このバランス感覚があるからですね。

参入と撤退の基準がハッキリしてるので、
年収10億とか、目ん玉飛び出るほどは
稼げませんが(この前そんな人と会ってアゴ外れた)
しっかりお金が残る戦略です。

まとめ

繁盛してる飲食店はトイレがキレイなのと同じで、
物販で上手く行ってる会社は在庫がキレイ。
私の会社は不良在庫がゼロです。

ということで適正在庫はあなたの「基準」を決めましょう。
トイレの神様が、見てますよ。

エアビーの予約はなぜ急回復しているのか

エアビーの予約が急速に回復しています。
これは民泊新法の施行日が6月15日に迫っていて、
民泊の撤退が相次いでいるからです。

なぜ撤退が相次いでいるのかと言うと、
住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行に合わせて
リスティングを継続するには届出番号を
取得することが必要になったからです。

それだけではなく、6月14日までにエアビーの
サイト上で届出番号をリスティングページに
記載しない場合は非掲載されることが決まりました。

ということで、集客の入り口を
根本から断たれることで大半のホストは
撤退を迫られるということになっています。

実際、届出番号を取得することは
そんなに難しいことではありませんが、
今までよりも建物の種類とエリアが
大幅に制限されることになりました。

建物別でいうと、一般のマンションは
ほぼ8割以上が管理規約で民泊を認めない方向です。

エリア別で言うと、例えば目黒区に関しては
日曜日の午後0時から金曜日の午前12時まで
民泊の実施ができないことが決まっています。

サイト自体の認知度は大きく高まり、
新規のユーザーを獲得するフェーズというより
登録済のユーザーが定期的にサイトを見るという
フェーズに移行しています。

つまり、旺盛な需要に対して
供給が追いついていないというのが
現在の状況だと言えるでしょう。

ではどうすれば良いのかというと、
コンプライアンスを遵守して
旅館業の許可を取って運営するというのが
今後の主流になっていくと考えられます。

マンションの一室を借りるというのは
オワコンで、エリアと図面から役所に相談して、
新しく長期に運営できるビジネスにするということ。

エアビーユーザーのターゲットは家族。
1人ならホテルを使った方が楽ですが、
アパホテルに3人で泊まれば3万円、
エアビーなら1室で2万円以内に収まります。

3名~12名までのアジア地域の
ゲストが快適に泊まれるハコを用意し、
ホットスポット(予約が集中する地域)に
置けるかどうかだけで勝負が決まるでしょう。

当然、大資本が入ってくることもあり、
利益率や回収率も低くなりますが、
これで事業消滅の問題は回避されました。

ということで、私は様々な分野の
インターネットビジネスを見てますが、
これだけに限らず多くの分野で
現在、一周目のフェーズが終わり、
二周目に入ってきたなという感覚があります。

二周目のフェーズで必要なのは
入念な準備と経験、資金調達など
道を切り拓く能力よりも安定して
事業を運営するマネジメント力です。

中でも、コンプライアンスの遵守は
どこでも話題になるようになりました。

リサーチの段階から意識しましょう。

Googleに表示されない情報はメルマガで取るべし

この前、香港で海外のアマゾントップセラーが
登壇したセミナーに参加してきました。

最終日に対談を収録したので、
それを眺めつつ、ソースをGoogleで
検索してみたのですが・・。

ない。見事にない。

Googleで上位表示される記事の特徴

なんだかGoogleって1つ情報がポンと出ると
タケノコみたいに似たようなコンテンツが出る
イメージがあるけれど、本当のオリジナルコンテンツや
海外の日本語化されてない情報って全くヒットしない。

また、Googleで上位に上がってくるコンテンツって
教科書的で文語体のものが多く、目次を
しっかり作ってまとめておかなきゃいけません。

私が今書いてるようなエモい記事は
全然上にあがってこないんですよね。

サーチコンソールで分析したら、
インデックスされてる記事が20%程度。
まるでBANされてるかのような扱いです。

ということで、この辺りは長期的な目線で
修正するとして物販・サービス・情報すべての分野で
上位表示対策を行うべく日々格闘中です。

インターネットはどんなビジネスを選ぶべき?

「スケールするビジネスしか選ばない。」

上場を目指してる友人がそう言ってた。
スケールとは、自分の労働力のレベルを超えて
青天井で伸びていくビジネスのこと。

そのためにはツールであったり
チームであったりを活用しなきゃいけません。

このハンドリングにまだ手間取ってますが、
長く低空飛行を続けた後に、スコンと浮上するのが
インターネットの面白いところ。

あの浮遊感は辞められませんね。

本日のまとめ

対談に関しては今後あなたにお見せするかも。
半年でゼロから6億稼いだ話しとかは面白かったな。

ということで月曜日!
張り切っていきましょー