国際郵便条件表の一部変更(2014年2月4日より)

O

2014年2月4日(火)から、国際郵便条件表が一部変更されます。
主な変更点は以下のとおりです。

詳細については、国際郵便条件表をご覧ください。

国際郵便条件表URL

www.post.japanpost.jp/cgi-kokusai/…

・EMSの取扱地域: パキスタン
・CN22及びCN23の記載言語: オランダ
・その他特別な条件: ブラジル、デンマーク、ケイマン諸島、ギリシャ、イスラエル、メキシコ、
          ノルウェー、オランダ、ロシア
・禁制品: ドイツ

無料でもらえる梱包、包装材を活用しよう!

無料でもらえる梱包、包装材を活用しよう!

おはようございます、まなみです(^_^)
同じファッションが好きで知り合ったドイツ人の女の子がいるのですが、この前届いたメールに「lucky bag を買いたいんだー」と書いてあったんですね。ラッキーバッグって何?(゜_゜)と思って調べたら、福袋のことみたいです。その子の好きな日本のファッションブランドの店舗がフランスにあることを知っていたので、「パリでは買えないの?」と聞いたところ、パリでは”lucky bag”は販売されないということでした。日本ではお正月になれば、大体のお店で福袋が販売されるイメージがあるので、ちょっとびっくりしましたねー。

さてさて、みなさんはご自分で梱包されるとき、どのような梱包材、包装材を利用しているでしょうか?梱包材、利益のことを考えると少しでも安く抑えたいですよね。
というわけで、今回は無料!でもらえる梱包、包装材をいくつかご紹介したいと思います(^_^)

■EMS無料包装材

郵便局ではEMSロゴマーク入りの封筒を無料でもらうことができます。
www.post.japanpost.jp/int/ems/service/package.html…

何種類かあるので商品に合わせて使い分けることもできますよ(^_^) EMSのロゴが入っていますが、ロゴの部分が見えないようにして小形包装物での発送などに使用することもあります。ちなみに私はLサイズ・Mサイズ・Sサイズの3種類を使っています。どんな商品を送るときに使うかというと・・・

-封筒L [縦30.0cm×横40.0cm]
このサイズはちょっと大きめのぬいぐるみを発送するときに便利です。ぬいぐるみは割れたり壊れたりする心配もあまりないですよね。なので、プチプチで包んでこの封筒に入れて発送、という感じで使用しています(^_^) もちろん、本を送るときなどにも便利ですよ。

-封筒M [縦25.0cm×横33.5cm]
Mサイズも本やぬいぐるみ、カードなどを発送するときに使います。

-封筒S [縦19.0cm×横26.5cm]
こちらはカードやキーホルダーなどを発送するときに使うことが多いです。

私はいつも集荷に来てもらうときに、「○○○枚ほしいです。」と伝えて持ってきてもらっています。郵便局の窓口でもらうこともできると思いますので、気になる方は一度郵便局に問い合わせてみてください(^^)/

■FedExの梱包材

FedExの場合アカウントを持っている必要がありますが、無料でもらえる梱包材があります(^_^)
www.fedex.com…

必要な項目を入力して送信すると、入力した住所に梱包材を届けてもらえます!オーダーできるのは、↓のような封筒や箱でサイズもいくつか用意されていますよ(^^)/ 箱がもらえるのが嬉しいですね。

■まとめ

もう何年か前の話になりますが、学生の頃オークションにハマっていた時期がありました。落札されると、発送するのにちょうどいい段ボールってないかな~とか、何かいい袋ってないかな~とか。合うものがないと100円ショップに買いに行ったりしていました(そして思わず他のものも買ってしまうという・・・)。うーん、ちょっともったいないことしていたなぁ(^_^;)
今日紹介した無料でもらえる梱包材、包装材以外にも、探せばまだまだあるのではないかな?と思います。みなさんも色々探してみてくださいね(^^)/

APOって?? APO/FPO宛に発送するとき

APOって?? APO/FPO宛に発送するとき

一週間ぶりです。水曜担当のまなみです。
今月私の大好きな作品のミュージカル公演が始まるのですが、先日同じ作品が好きな海外のお客さまから「ミュージカル行く?ミュージカルのグッズがほしいんだけど通販ってしてないよねー?(T_T)」というメールが届きました。残念ながら行く予定はないんですけど、私も通販しないのかなぁと考えていたのでちょっとびっくりしました(^^)
さて、商品が売れたー!というときに発送先の住所がAPO/FPOとなっていた経験ありませんか?私は初めてAPOに発送したときに、EMSで発送しようと思っていたのにEMSでは発送できませんよ、と言われてびっくりしたことを覚えています。今までにAPO/FPOに宛てて発送したのは3、4回くらいであまり遭遇しないんですが、今回はAPO/FPOに発送するときに、郵便局の方に色々と教えてもらったことをお伝えしようと思います。

■APO,FPOとは

まず、APO、FPOって何?という話なんですが、APO = Air Force Post Office (空軍郵便局)、FPO = Fleet Post Office (米国海軍郵便局)の略みたいです。住所がAPO/FPOだった場合、米軍基地に発送することになるんですね。わお、すごい。

■日本国内に発送するとき

日本国内にあるし、ゆうパックとか定形外郵便で発送できるのかなー?と思って郵便局に問い合わせてみたことがあるんですが、たとえ日本国内であろうと国際郵便のラベルを貼り付けて発送してください、とのことでした。そのときは小形包装物の範囲内で発送できるものだったので、じゃあ小形包装物で発送しよう!と思ったのですが・・・あれ、航空便?SAL便?船便?送料っていくらになるの?とバッタリ立ち止まってしまいましたね。これについて郵便局の方に聞いたところ、国内の場合は定形外郵便の送料で計算されますということでした。書留をつけたい場合はいつもと同じく、+410円かかるそうです。

■海外のAPO,FPOに発送するとき

私が初めてAPO宛で発送するときに、EMSでの発送はできませんと言われたのですが、これについて別の郵便局の方に聞いてみたところ、APO,FPOによってEMSでの発送が可能な場合もあるらしいです。それぞれのAPO,FPOごとに決まっているらしく、APOナンバーで問い合わせるとEMS発送が可能かどうかをその都度教えますよ、ということでした。また、国によってはEMSの取扱いがないところがありますよね。そういう場合はその国にあるAPO,FPOもEMSでの発送は受付できないようです。小形包装物に関しても、その国自体がSAL便の受付をしていないという場合は、軍事基地にもSAL便では発送できませんということでした。

■まとめ

というわけで、皆さんがAPO,FPOに発送する際に少しでも参考になればと思います(^_^)色々なパターンが存在するのか、あまり発送することがないのか、郵便局の方もその都度聞いてくださいという感じでしたね。
私自身、何度も送っているわけではないのですが軍事基地宛の荷物は到着するまでに結構な日数がかかるイメージがあります。小形包装物の航空便で発送して1ヶ月半以上届かなかった、ということもありました。お客さまも不満に思うし、自分も不安ですよね・・・(T_T)そういうときは追跡番号を使って今商品がどこにあるのか調べて、お客さまに伝えてあげるといいですね。郵便局に問い合わせたら○○○と言われましたとか、今あなたの商品は○○にあるからもうしばらく待ってねとか、連絡をこまめに取って、私も心配してますよ、早く届くことを希望してますよと伝えると、少しは安心してもらえるんじゃないかなと思います。
1ヵ月半以上商品を待ってくれていたお客さまは、届いたー!時間かかったけど、ありがとう!と受け取った後連絡をくれましたよ(^^)/

梱包の時の緩衝材に何を使ってますか?

梱包の時の緩衝材に何を使ってますか?

おはようございます。トモコです。
今日は商品を梱包するときに、箱の隙間に詰める緩衝材についてのお話です。

みなさんは緩衝材に何を使ってますか?
新聞紙?それともエアピローなんかを買って使ってますか?
これまでの発送経験の中で、緩衝材について気を付けたいことや、面白かったお客さんの反応についてお話しします。

■新聞紙を使う

まあこれが一般的で、海外販売を始めたばかりの人も新聞紙を緩衝材に使う人が一番多いかなと思います。
新聞をとっている家庭も多いですもんね。その場合はタダで手に入るから手軽ですね。

でも、うちの家では新聞を購読していませんでした。
だから海外販売を始めた最初の方、商品が売れて発送の度に「あー新聞紙ほしい~、詰めるものが足りない~」っていつも思ってました。
どこかに新聞紙がないか、いつもキョロキョロ探してました。
100円ショップやホームセンターなどで、陶器を包むために新聞紙が置いてあるのを見つけたらこっそり大目にもらってきたりしていました。
たまに実家に帰った時に捨てるために束ねてあるのを見つけたら、もう「ヤッター!お宝ゲット!」ってくらいにうれしくて、「これもらって帰っていい??」ってかかえて持ち帰っていたのを覚えています(笑)
なんか今考えるとかわいらしいですね。どこに力を入れてるんだ、って感じです。

そういえば前に、一度eBayで買ってくれたイタリアのお客さんで、また2回目に買ってくれた時に、「前に日本のニュースペーパーを詰めてくれたけど、それがすごく面白かったんだ!家族でも好評だったよ。だから今回もニュースペーパー入れてね!それが楽しみなんだ!」ってわざわざ隙間に詰めた新聞紙についてメッセージをもらったことがありました。
緩衝材自体を楽しんでくれる方もいるのですね!確かに国によって広告が入っていたり、新聞でも違いますもんね。
その時は、詰め物として使う以外にも、コンビニで一部新しい新聞を買っておまけで入れて送りました。お客さん喜んでくれましたよ~^^

新聞紙を緩衝材に使う時は、直接商品に触れないように気を付けてくださいね。
直接商品に触れるとインクがうつってしまって商品が汚れる可能性があります。
商品はプチプチなどでくるんで、新聞紙は箱との隙間にクシャクシャっと丸めて詰めるようにしてください。
それと、使う前にその新聞紙の内容もちらっと見たほうがいいですよ。
外国の方はまず書いてある内容は読めないでしょうけど、写真だけ見てもなんとなく意味が分かったりするときがあります。前につめようとした新聞を何の気なしに見たら戦争特集で、見開き両面にたくさん当時の写真が掲載されている時がありました。国際的にセンシティブな問題だったりするので、ちょっとそのへんも気を付けたほうがいいかな、と思います。
あとは、あまりアダルトな写真を使ってあるページも使わない方がいいと思います。
スポーツ新聞とかだとそういうページがありますよね。
喜ぶお客さんもいるかもしれませんが、国によって女性の裸がのっている印刷物なんかは税関で厳しく取り締まる国もあるので、詰めた新聞が原因で税関で止められちゃったらちょっとばかばかしいです。。

■エアピローやエアパッキンを使う

エアピローやエアパッキンを購入する仕入れコストはかかりますが、それ自体が軽くて重量がないようなもんなので、緩衝材を入れたことによって送料がかさんでしまうということを防ぐことができますね。
梱包資材専門のお店もあるし、楽天でもアマゾンでもエアピローで検索すれば用途に合わせたいろんな種類のものが見つかります。少しでも仕入れコストを抑えながら、上手に利用したいですね。
お客さんが箱を開けたときの見た目も一番シンプルで見栄えがいいかもしれません。
普通にショップから買い物をしたみたいでプロっぽいですよね。

■カタログやパンフレットを使う

以前に、新聞紙が手に入らなかったときに、コンビニやスーパーのお歳暮カタログをもらってきて緩衝材として使ったことがあったんですが、予想外にお客さんに喜ばれたことがありました。
まだ当時のメールが残っていたのですがシンガポールのお客さんへ荷物を送った時で、ちょうど使ったのがフルーツの詰め合わせのページだったようで、こんな面白いリアクションがありましたよ。

saw some catalogues on japanese food, fruits…very interesting and nice pictures.
next time, if you have some more catalogues, can you put them inside too….we love to see the pictures.

(日本の食べ物のカタログはとっても面白かったわ。次回もまたカタログがあれば一緒に送ってほしいな。)

ha ha, I think the price of the fruits are so expensive….2 rock melons cost 3000 yen, 3 mangoes cost 5000 yen ?? wow, the standard of living is so so high in Japan. just wondering how to survive if everything is so expensive!

(でもフルーツがとっても高くて驚いたわ!メロンが2個で3000円?マンゴーが3個で5000円?日本で生活するのはとっても高いのね!もし全てがこんなに高いならどうやって日本で生活すればいいの!?)

って感じでしょうか。
なるほどーこれが普通だと思っちゃったんですね!

これは贈答用だよー。日本ではお世話になった人に季節の挨拶で高級なフルーツや食べ物を送る習慣があるんだよ。
私は日本に住んでるけどこんな高級フルーツ食べたことないよ!と言ってお互いに笑いました。

お中元やお歳暮なんて日本ならではの習慣ですもんね。何気なく使った緩衝材から日本の文化を紹介できて、話が盛り上がりました。

■スナック菓子を使う

スナック菓子を緩衝材替わりに入れている人もいるみたいですね。
袋菓子を使う人もいれば、隙間にうまい棒をぎっしり詰めて箱を開けたときにサプライズ!というアイデアも聞いたことがあります。
コストも安くすむし、空気で膨らんでいるので商品と箱の間に詰めれば商品のダメージを防げるし、お客さんも日本のお菓子を食べられて喜んでくれるし面白いアイデアですね。
でも私は今までやったことがありません。
面白いなーとは思いますが、日本から飛行機にのせられてお客さんの国に届けられるまでに、気圧の関係で箱の中で袋が爆発して商品が汚れたらどうしようとか、使われている味付けのエキスの問題で税関で止められたりしたらどうしようなんて考えると慎重になってしまいます。私の考えすぎかもしれませんが。。
ただ、東日本大震災の後、一時的に外国の税関では日本からの荷物の中で食品が入っていたら全て止められていた時期もあったので、そういうタイミングでは避けたほうがいいでしょうし、おまけで入れたものが原因でストップしてしまうというリスクもあるということを頭のすみに置いておきつつ、国やお客さんによって、試してみるのもいいかもしれませんね。

■まとめ

入手コストがかからないのは新聞紙だし、重量を軽く、送料を安くしたいならエアーピロー、面白さを狙うならその他あなたのアイデア次第ですが、好みがわかっている常連のお客さんなど、相手によって緩衝材を変えてみるのもお客さんとの距離がぐっと縮まるいいアイデアかもしれませんね。
たかが緩衝材、されど緩衝材でこれもきっかけ作りの営業ツールの一つに十分なりえますよ!

海外発送できない?禁制品の調べ方

海外発送できない?禁制品の調べ方

おはようございます。朝岡です。

eBayやAmazonで商品が売れたとき、その商品が禁制品かどうか、チェックはされてますか?この「禁制品」というのは厄介なもので、間違えて送ったりすれば、高い確率で手元に戻ってきてしまいます。日本から海外へ商品を発送するとき、差し出された荷物はまず国内の国際交換局に到着し、そこで赤外線に通され検査されます(全ての荷物がチェックされているかどうかは不明です)。

ある日、このような電話がありました。

郵便局「昨日差し出しされたお荷物の中に、スプレー缶のようなものが赤外線検査で分かったのですが、ご確認いただけますでしょうか?」
朝岡「スプレー缶ですか?えっ、スプレー缶ですか?」
郵便局「はい、スプレー缶です」
朝岡「スプレー缶・・・」

前日の記憶を必死で辿りましたが全く思い出せず、仕方なく一旦荷物を戻してもらいました。翌日荷物が到着したので中を確認してみると、そこにはキッチンスポンジや洗剤が入っているクリーナーセット。そして、

「噴射式(スプレー式)のクリーナー」

なるほど、お前か・・・。

■禁制品とは?

海外へ物品を発送する場合、「発送してはいけないもの」が法律や条例によって定められています。一般的に「禁制品」と呼ばれているものですね。

「じゃあ、どんな物品が送れないの?」
「ん~とりあえず危なそうなやつじゃない?」

まず種類が豊富すぎて正直覚えきれません。また、内容が更新(輸入規制の緩和など)される場合もあるので、現在の取り決めが絶対ではない、というのもその難しさの一つです。輸送中の事故につながりかねない「引火性の高い危険物」や、社会モラルに反する物品等、具体的な商品名ではないので、普段送らないようなものを発送するときはその都度「発送できるかどうか」を確認する習慣を付けましょう。

各国共通の条件(国際郵便ホームページ)
www.post.japanpost.jp/cgi-kokusai/p05-00.htm…

■各国の禁制品の調べ方

私自身、今まで数多くの商品を海外へ発送してきました。それでも「発送できるのかどうか分からない商品」は絶対に出てきます。そのときは必ず「発送できるのかどうか」をチェックします。以下は、国際郵便で発送する際の「禁制品」の調べ方です。

国際郵便ページ
www.post.japanpost.jp/int/…
「国際郵便トップページ」から「国・地域別情報」をクリック

「五十音順で調べる」から「ドイツ」をクリック

「禁制品」タブをクリック

ドイツが定める禁制品リストが表示されます

ドイツの場合は3ページ分の表示があります。特にドイツは税関チェックが厳しく「牛乳、乳製品」も禁制品として指定されています。「カカオの実」も送ってはいけないと記載がありますね。ということは「カカオ粉末入りのチョコレート」はダブルパンチで恐らく日本に戻ってきてしまうでしょう。

■国際郵便サービス相談センターを利用する

判断が付きにくいものはサービスセンターを利用しましょう。「ドイツ宛でチョコレートは送れますか?」のように問い合せすればすぐに教えてくれるので、禁制品に慣れるためにもどんどん電話してみましょう。ただ、発送できるか否かは各国が定めているので、サービスセンターの人でも判断が付かない微妙な商品もあります。

■まとめ

といっても、そればかりを考えすぎて自ら出品制限を設けるのも非常にもったいないですね。発送してみたものの、商品が戻ってきてしまった・・・という経験を繰り返すことで、自然と「禁制品」の境界線が見えてくるようになります。

ちなみに、ドイツのお客様情報によると、ドイツでは荷物の約95%は税関でチェック(開封)され、たとえEMS発送で日本からドイツに4日で届いたとしても、そこから自宅に到着するまでに2~3週間もかかるときがあるそうです。3か所の税関を駆け巡ってからようやく到着するとか・・・。どこまでが本当なのか分かりませんが、特にヨーロッパや南米は、税関に関するメールがやたら来る(お客さんから)ような気がします。

それでは、今日はこの辺で^^

壊れないために!梱包方法シリーズ 1回目

壊れないために!梱包方法シリーズ 1回目

一週間ぶりです。水曜担当のまなみです。
先日、海外の配送会社が荷物を玄関先にポーーーンと放り投げて届けているという恐ろしい動画を見ました。あ、ありえない・・・海外の郵便事情って・・・日本でそんな風景見たことないです。見ていて思ったのは、私たちの大切な荷物が放り投げられる可能性だって大いにあるということですね(T_T)放り投げて配達されていたとしても、商品が破損していたらお客様は私たちに連絡をしてくるというわけですよね。
というわけで今回は壊れてしまった商品を参考にして、商品が壊れてしまわないように梱包する方法をご紹介したいと思います。

■壊れて届いた!

以前、壊れて届いた商品の画像をみせてもらったことがあります。こちら↑ですね。商品自体は問題なかったらしいのですが、商品のケースが割れてしまっていたということです。商品が入っていたダンボール箱も見せてもらったのですが、上の部分がへこんでしまっていました。この商品の箱はプラスチックで柔らかかったので、おそらく上に重い荷物が積まれた際にダメージを受けてしまったのではないかということでした。

■この商品を包んでみます

今回は、上で紹介したものと同じプラスチックのケースに入っている商品を梱包してみようと思います(^^)/
↓まず、ダンボールとカッターを用意します。ダンボールは商品を購入したときについていたものなどで十分です。


↓こんな感じで商品を置いて、商品の幅に合わせてダンボールを折り曲げます。テーブルなどの端を利用するときれいに折れますよ(^^)/

↓次に余分な箇所をカッターで切り取ります。切り取るとこんな感じになります。

↓ダンボールで商品を補強してエアーパッキンで包んでOKです!
ただあまり補強し過ぎると今度は発送する際の重量が重くなってしまいますので注意しないといけませんー(^_^;)

もし、他に同梱する商品がある場合は、商品と商品を重ねてお互いに支え合わせるといいかもしれません。ちなみに下のような感じです。弱い部分をお互いに向い合せて梱包します。

■まとめ

というわけで、今回は壊れやすそうな箱の商品を梱包する方法について書いてみました。商品を発送するときって、正直なるべく荷物を軽くして送料を安く済ませたいですよね。でも商品が壊れることも避けたい・・・さじ加減が難しいですねー。ぱぱっと短時間で梱包して、商品を守りつつ軽めの重量で発送する、ちょうどいいポイントを探していきたいですね(^^)/

国際eパケット(ePacket)の料金・割引がどれぐらいおトクか調べてみた!

国際eパケット(ePacket)の料金・割引がどれぐらいおトクか調べてみた!

こんにちは、朝岡です。

海外へ商品を送るとき、どうしても気になるのが発送料金ですよね。せっかく安く仕入れができたのに、商品のサイズや重量で予想以上の送料が請求されてしまい、思ったほど利益にならなかった・・・なんて経験は皆さんもあるかと思います。海外のお客様もよほどの急ぎでなければ出来るだけ安い送料を好みますし、こちらも発送にかかるコストはできるだけセーブしたいですよね。

今回は日本郵便が提供している「国際eパケット」について少し調べてみました。
(※現在Hasso Japanではeパケットの受付(取扱い)はしておりません)

■国際eパケットって?

発送方法と配達日時は「書留付き小型包装物航空便」と同じですが、オンラインで発送ラベルを作成することでリーズナブルな料金で発送できる、というものです。ですので、サイズと重量の制限は「小型包装物」の制限と全く同じものになります。(縦+横+高さ=90cm以内・重量2kg以内)「書留」に関しても全く同じです。万が一、亡失・損傷した場合の賠償額は最大6000円になります。

■料金はどれぐらい安くなる?

「書留」「小型包装物」「航空便」
これらがデフォルトになります(書留を外したりSAL便に変更したりはできない)。
小型包装物と同等なものになるので、地帯区分も同じですね。

第1地帯(アジア)
第2地帯(北中米・ヨーロッパ・オセアニア)
第3地帯(南米・アフリカ)

個人的にですが、アメリカやヨーロッパ宛に荷物を発送することが多いので、今回は「第2地帯(北中米・ヨーロッパ・オセアニア)」に絞って比較してみますね!

・重量が50gまでの場合
書留付小型包装物航空便:560円
国際eパケット:560円

なんと。料金は同じでした。この場合はeパケットのおトク感はないですね。

・重量が250gまでの場合
書留付小型包装物航空便:920円
国際eパケット:860円

おお、60円の差が出ましたね。7%ぐらいの割引です。

・重量が500gまでの場合
書留付小型包装物航空便:1370円
国際eパケット:1235円

差は135円です(約10%割引)。

・重量が1000gまでの場合
書留付小型包装物航空便:2270円
国際eパケット:1985円

ここ(1000gまで)の料金がどの地帯においても最大の割引率になります。差は285円(約13%割引)。そしてこれ以降の割引率は下がっていきます。

・重量が1500gまでの場合
書留付小型包装物航空便:2720円
国際eパケット:2525円

差:195円(約7%割引)

・重量が2000gまでの場合
書留付小型包装物航空便:3170円
国際eパケット:3065円

差:105円(約3%割引)

■eパケットサービス導入の狙い?

個人的な予想ですが、発送ラベルの作成は客側になるので、eパケット利用者が増えれば増えるほど日本郵便でのラベルの作成費用、インク代、配達の手間等が軽減され、その浮いた部分を「eパケット割引」という形で還元しているのでは?と考えています。また、このサービスは「小型包装物航空便」限定で展開していますが、オンラインマイページに進めば「小型包装物SAL便」「EMS」のラベル発行も可能です。ただ、これらには割引が適用されません。用紙代やインク代は客持ちになりますが、送料は従来のものと同じというなかなかの作戦ですね。笑

■オンラインのラベル作成は利用しやすい

ただ、使い勝手は良いですね。eBayやAmazonで販売すれば、お客様の住所はオンラインで見ることができるので、それらをコピペして内容品をパパッと打ち込んで印刷するだけですからね。個人利用なら99件まで、法人利用なら1000件までのアドレス帳も作れるので、定期的に商品を買ってくれる常連さんがいれば、入力の手間も省けます。

■その他の割引制度

国際eパケットには以下のような割引もあります。

差出しの都度割引される「差出しの都度割引(一回の差出通数が10通以上)」
月間の発送通数で割引きされる「月間割引(後納手続きが必要)」
荷物を名あて国ごとに分けて差出し「区分割引(1回の差出通数50通以上)」
集配業務を行っている郵便局へ差出し「集配支店等差出割引(1回の差出通数50通以上)」

最初はおお!って思ったんですが、これらは従来の「小型包装物」にも適用される割引になるので、国際eパケット限定っていうわけではないんですよね。.

■まとめ

ということで、インクや用紙、プリンターにかかるコストさえ気にしなければ、eパケットの利用はしたほうがいいのかな、と思います。手書きでラベルを作成している方がいれば特にそうですよね。簡単に発送ラベルを作れちゃいます。ちなみに補足ですが・・・Hasso Japanでは入力いただいた発送代行依頼をCSVデータとして専用ソフトに取り込んでラベルの作成をしています。eパケットのように住所をその都度コピペする、という作業がありません。入力いただいた情報にチェックを入れて、印刷ボタンをポチッと押すだけで発送ラベルが完成するので、短時間で大量の荷物を処理しています。そのあたりも含めてHasso Japanの「現状eパケットには対応していない」をご理解いただければな~と思います。朝岡でした。

荷物を届けるって難しい! 大きさ、重量編

荷物を届けるって難しい! 大きさ、重量編

一週間ぶりです。水曜担当のまなみです。
もちろんですが私、日本に住んでいます。通販サイトで洋服や靴を買ってみたり、オークションで買ってみたり売ってみたり・・・ナウい!(みんなには古いと言われます。)
通販サイトでは、あなたの住んでいる場所までの送料は○○○円ですよ、と書いてくれていたり、郵便局に送りたい荷物を持っていくと送料は○○○円ですって教えてくれたり・・・便利ですねー。なので、海外に商品を送るようになるまで、これ重すぎるかな?とか、この箱大きすぎるんじゃない?とかあまり気にしたことありませんでした。
でも、海外に商品を発送するときってそうはいかないんですよね。
箱のサイズ、荷物の重量などの条件が決まっていたり、国によって「この商品は受け付けませんよ~」なんて決まっていたりします。商品の発送を始めたころは、なかなか慣れなくて、しまった!なんてこともよくありました・・・(^_^;)

私は海外に商品を発送するときEMS、国際小包、小形包装物をよく利用しているんですが、今回はたくさんある条件の中でも、サイズ、重量について書いていきたいと思います!

■大きさ、重量のチェック!

私はいつも郵便局の国際郵便のページを見てチェックします。

国・地域別情報から、調べたい国を探します。

■小形包装物

小形包装物はあまり大きくない荷物を送るときに便利です。条件に当てはまっていればEMSよりも安く発送することができますよね。
小形包装物の場合、サイズと重さの条件は・・・

1. 大きさが長さ+幅+厚さ=90cmまで(長さの最大が60cmまで)
(巻物の場合、長さ+直径の2倍=104cm、長さの最大が90cm)
2. 最大重量が2kgまで
と決まっていますね。ただ、ゲームソフト、CD、ぬいぐるみなどこの範囲を超えない小形の商品だったら問題ないんですが、案外超えてしまう気がします(私だけ?)。発送を始めた頃はこの限度を超えてしまった~、なんてことがよくありました(^_^;)

■EMS、国際小包

小型包装物にサイズや重さがおさまらない、よし、じゃあEMSか国際小包で発送しよう!と意気込むわけですが。EMSや国際小包の場合、サイズや重さの条件がすべて同じではないんですね。国によって条件が決まっています。
例えばアメリカにEMSで発送したい場合、大きさと重量の限度は、大きさが長さ1.5m、長さと横周の合計が2.75m、重量が30kgと決められています。

また、同じアメリカに国際小包で発送したい場合、EMSと限度が少し違うんですね。大きさの限度が長さ1.05m、長さと横周の合計2m、重量の限度が30kgと決められています。

これが、オーストラリアに発送したい場合だと・・・
EMSの場合、大きさと重量の限度は、大きさが長さ1.5m、長さと横周の合計が3m、重量が20kgと決められています。アメリカと比べると重量が10kg違って、大きさもアメリカは2.75m、こちらは3mと少し違ってきます。

大きさと重量の限度は、大きさが長さ1.05m、長さと横周の合計が2m、重量が30kgと決められています。今度はアメリカと限度が同じです。

こんな感じで、国によって限度の違いが何通りもあるんですね。
3mと2m、1.05mと1.5m、20kgと30kgそんなに変わらないかなーなんて思っていましたが、結構違います・・・。EMSで発送できると思っていたのに、大きさの限度を超えてしまったなんてことになると、梱包し直したり別の発送方法を探したり、時間が多くかかってしまいます。

■まとめ

お客様が早く商品受け取りたいなと言ってくれて、よし、がんばって早く届けるから待っててね!と意気込んだ後に失敗したときの絶望感。半端ないです(T_T)なんでそんな条件があるの・・・なんて思うこともたまにあります。私の場合は梱包するとき、出品するときなどそのときそのときに、サイズは?重さは?送り先はどこの国だっけ?と気にし続けて段々と身についてきました。
90cm!2kg!3m!30kg!などなどなど。お客様にスムーズに商品を届けられるように日々頑張っていきましょう~!

おまけのベスポジ5選 こんな場所は嫌だ!

おまけのベスポジ5選 こんな場所は嫌だ!

はじめまして。水曜担当のまなみです(別にコスプレ大好きな人じゃないです)。
海外のお客様とのやり取りなどをしています。でも英語出来ない人です。
この仕事に携わるまで海外に荷物を送るなんてまったく想像もしたことがなかった私ですが、これまでに海外のお客様に向けて1万個ほどの商品を発送してきました。発送の際に、ほんの気持ち程度、ささやかですが「おまけ」を一緒に入れて送っています。
今回は超がつくほどの初心者だった私がみつけた、おまけのベスポジについて書いていきたいと思います!

■箱の底に置く

まず、箱の底と上というのは・・・

底に置いてみると、こんな感じです。

箱の底ってある意味すごく安全な場所のような気はします。でも底に置いた場合、商品の下敷きになってつぶれちゃったり、おまけの種類によっては商品が傷ついてしまったり凹んでしまったりすると思うんですよね。サプライズでおまけを入れているので、お客様はおまけが入っていることを知りません。箱からメインの商品を取り出したら、気づかずにそのまま箱や梱包材と一緒に捨てられてしまう・・・なんてことも・・・考えられます。

■箱の横に置く

どうしてもダメ!という気もしないんですが、お客様が箱を開けたときに真っ先に気づく場所でもないですよね。この場所に置いた場合、お客様が荷物を受け取るまでの間に商品と箱の間で押しつぶされてしまうかなとも考えられますし、底に置いた場合と同じく、おまけの種類によっては商品にダメージを与えてしまうかなとも思います。

■箱の継ぎ目に置く

言い方あってるのかな?継ぎ目というのはここです。

この場所良い!と最初は思ったんですよね。箱を開けたらすぐに気が付いてくれそう~と思いました。でもこの場所ってお客様が箱を開けるときにカッターやハサミの攻撃を真っ先に受ける場所だとも思うんですね。おまけが切られちゃったら意味ない、悲しいです!お客様がおまけの存在を知っていたら、そーっと箱を開けてくれるかもしれませんがサプライズですのでお客様はおまけが入っていることを知りません。

■顔の上に置く

 

ここは吉田に犠牲になってもらいました(笑)こんなことする人はいないと思うけど~(≧∇≦)

■ベスポジはここ~!
というわけで、余計なこともはさみつつ、私がみつけたおまけのベスポジはここです!

お客様がカッターなどで箱を開けたときにダメージを受けず、梱包材にまぎれて気づかれないこともなく、商品にダメージを与えにくく、箱を開けたらすぐに気づけそうなこの場所。箱のふたとふたが重なるこの場所が良いと良いです!
海外に発送した商品が、保管期限を過ぎて日本に戻ってきてしまったことがありますが、そのときに自分で開封してみてなかなか良いんじゃないかな!と思いましたね。我ながら。荷物は戻ってきてしまいましたけどね・・・。

■まとめ

というわけで、これを書くにあたって、いやだ!書くことないよ!恥ずかしい!!とごねにごねた私ですが、今回はおまけのべスポジについて書いてみました。おまけひとつでも奥がふかーい。またまだ色々試してみたいです。(ダンボールの切り抜きもまたやりたいし)

商品の種類、箱の大きさなどでおまけのベスポジも変わってくると思いますので、色々試して自分なりのベスポジをみつけてみてくださいね。

最強の輸出入新年会の開催秘話とは? 吉田の海外販売ノウハウ!

最強の輸出入新年会のサイトを更新しています。
私が参加者の中から直接声をかけて
「特に注目したい参加者の皆様」としてご紹介しています。

本日は7名を追加更新いたしました。
tinyurl.com…

私は進化するコンサルティングを目指しています。
例えば物販の場合ですが海外販売の場合、
最初は手元にない商品を無在庫でアップすることがあります。

最初の商品情報は、写真と一行の文章のみだったりします。
ただ、商品を登録すればお客様からの質問があったり、
注文があって届いた商品の重量が違っていたりします。

最初はまず、フローを1つなぎにして
(リサーチからリピートまでの準備を終える)
その後は各タスク(商品説明が弱い等)でもまずリリースします。

その商品が売れなければほったらかし。
売れればどんどんバージョンアップして
厚みが増していくという工程です。

最強の輸出入新年会2013は、かなり注目されているので
更新情報がどんどん追加されていくと思います。
是非これからも注目してくださいね!
tinyurl.com…

という感じで、私の場合はコンサルやサービスについても
物販で編み出したビジネスモデルを水平展開して繋げています。

だから物販をキチンとマスターするというのは大事だと考えています。
そうすれば、もし1つのビジネスがダメになっても
次のビジネスで同じフローを作れば同じように稼げる。

つまり将来不安のない安定した生活を得ることができるんですよね。
私の考える「究極の安定」とはそういった理論に基づいています。

さて、今回の新年会のコンセプトは
「最強のビジネスパートナーを見つける」
ということですが、どうしてこのテーマなのか
説明させてもらいますね。

前回までの新年会では、30万円プレイヤーや100万円プレイヤーが
初心者の方に講義をして交流するというスタイルを取っていました。

1クール20分ぐらいだったかな?で聞き手は交代して行き
良いトコ取りの大変満足度の高い新年会となりました。

聞き手は情報を得て稼ぎを伸ばすことができましたし、
情報発信者はアウトプットすることによって
更に稼げることを知りました。

参加者が年々レベルアップしているのも
こういった状況が上昇気流を巻き起こしていると思われます。

1回目、2回目の企画を船原さんにお任せしたので
今回は私が幹事役を引き受けることになりました。

今回は参加者の質が高くなっているので
1人20分ずつの講義スタイルだと
多分全然時間が足りなくなると思います。

前回も、「全員回りたかったけど無理だった!悔しい!」
という意見があったので、自分から積極的に声をかけて名刺交換し、
後で落ち着いて個別に話しを伺えるように工夫をさせてもらいました。

次は本題である最強のパートナーとの付き合い方ですね。
これは今回の新年会開催の経緯を言えば分かると思います。

私と船原さんは友達なので、シンガポールに行ったとき
しばらく彼の自宅に泊めてもらったんですよね。
(船原さん、その節はお世話になりましたw)

吉田「そういえば来年新年会ってどうするんですか?」
船原「やりましょー」
吉田「了解、じゃあ今回は私が幹事しまーす!」

話しはたったこれだけです(笑)
その後はお互い離れて、いつも通りの毎日に戻りました。

その間に新年会の案内ページを作ってコンセプトを決め、
1人で募集ページを作ってしまいました。

ここは脳みそに汗をかく段階です。
悩んで悩んで、描き切る。

出来たらたたき台となるサイトを船原さんに提案。
了解をもらってその後裏方のみんなにサイトを見せて配置を決定しました。

私の考えるパートナーシップとは、
イニシアチブ(先手)を誰が取ったのかを重要視します。

例えば、今回の新年会は私が船原さんに声を掛けました。
だからイニシアチブは私が持っています。

船原さんは私を信じて待つ。余計なことはしない。
私は船原さんが「YESかNOか」で答えられるまで
詰めてから提案を行います。

一緒にコンセプトを考えましょー。とか
どんな感じにしたいですかー。とか途中で打ち合わせを挟むと
なかなか上手くまとまりません。

お互いモヤモヤしたまま、2人で考えるので労力が2倍になります。
これは組織が大きくなるともっともっと如実に表れて、
単純に100人いて同じプロセスだと100倍のコストがかかりますね。

この逆レバレッジは強烈ですよ。
大きければ良いということではありません。
組織が小さいうちから気を付けましょう。

だから、全部1人で考えて募集サイトに描き切ってしまいます。
この時大事なのは、パートナーとなる人の意図を汲んで作ること。

例えば、前回までの新年会の幹事は船原さんだったのですが、
参加者を階層別に分けるということに彼はこだわっていました。

今回の新年会のコンセプトを考える時に、
ここは外せないと思い、途中で追加をしたんですよね。

相手が何を求めているのかまで考えて提案すると
パートナーのYESを引き出しやすくなります。

相手の性格やこだわりまで考慮して提案するということですね。
これができない人は意外と多い。
「答えは自分の中にある」です。

これを言ったら相手がどう反応するか。
「これをやったらどうなるか」です。

提案がハマって了解をもらえば、船原さんは会場に来るだけです。
参加者の皆さんも申し込んだら会場に来るだけ。

会場の設営の担当者は、募集サイトを見て
エージェントとの打ち合わせを各自で自由に行ってもらいます。

メール対応や質問事項の担当者は、募集サイトの通りに説明をします。
そうすることで、全員ブレなくシンプルに行動することができる。

各ポジションで辣腕を奮ってもらうことができるんですね。
ここで猛者が現れます。会場設営担当者の猛者ぶりには
少々感動しています。あなたも楽しみにしててください。

自分の頭の中で全てを描き切って了解をもらい
最後は勇気を出して私の責任でリリースします。
最後は決断と勇気です。

それでも、どうしても不測の事態は必ずあります。
その時は次回までの宿題。再来年の新年会に活かします。
それが継続的改善。「スパイラルアップ」というやつですね。

物販で言うと、私はある骨董品店とパートナーシップを結んでいます。
私はeBayやアマゾン、ネットショップで商品を売るのが専門です。
在庫を持つ、骨董品店を探して声を掛けました。

私が声をかけたので、イニシアチブは私が持ちます。
まずは狙ったお店に直訪して仲良くなります。

写真撮らせてもらって、商品の説明をヒアリングし、
こちらから注文したら、代引きで送ってくださいと伝えます。

そうすれば骨董品屋の親父さんは、
商品を発送するだけなんだなって理解します。
これが本当の「断れないオファー」ですね。

船原さんはとても聡明な方なので、
この辺り私達は阿吽の呼吸でやっています。
仲良くないとできない。

だからコミュニケーションは大事です。
飲みにゅけーしょんもアリだと私は考えます。

本来、これはとても楽しいことなんです。
ただ会いたい人としか会いませんけど。

後、お互い愛妻家でお酒が弱いとか、
そういう共通点も持ってますね(笑)

前回までは船原さんがイニシアチブ取ったので、私は会場に行くだけ。
今回は私がイニシアチブ取ったので、船原さんが会場に行くだけにします。

「オレに任せろ!」「よし、任せた!」
そう言える関係って素敵だと思いませんか?

相手が「~するだけ」の状況にしてあげると
パートナーシップは猛烈に勢いを増します。

ここで、相乗効果が生まれて売上が3倍になるということですね。
ちなみに新年会は利益を度外視するというのが慣習になってるので、
これは私達がお互いに切磋琢磨する場と私は勝手に捉えています。

お互いの相性もあるので、こういった出会いは100人会って
1人見つかれば良い方だと思います。

だから今回の新年会はそういった出会いの場として
学び、交流し、そして新年の誓いの場になればいいなって。

それが、あなたに対する私からの「約束」です。
ようこそ、最強の輸出入新年会2013へ。

共に頑張りましょう。

【あとがき1】

なんと来年の1月1日から、日本郵便から
リチウム電池の発送が解禁になりますね!
tinyurl.com…

いやーこれはめでたい。
今までリチウム商品(ゲームやパソコン、携帯、電化製品)は
FedExなどの限られた配送手段しか使えませんでした。

この情報は、当会のメンバーズサポートが
いち早く情報を入手しシェアしてくれました。

いつも協力してくれてる舩山さん、
そしてまとめ役の栗生のおかげですね。

このスピード感も、仲間が多くいるからこそ。
初年度の新年会のコンセプト「One for All , All for One」
に通じるものがあります(そういえばみんなで大合唱したなあ)

1人がシェアし、代わりに1000人から情報をもらえる。
これを当会は目指しています。

円安も相まって、これは来年一気に売り上げを伸ばせそうだ。

【あとがき2】

む・む・む・。娘に歯が生えたーーーーーー!!
という連絡を妻からチャットワークで報告もらいました。

はーん、どうなってるの?どうなってるのーん!?

今、東京の別宅で1人寂しくご飯を食べてます。
ああ早くお家に帰りたい。しくしく。

【あとがき3】

最強の輸出入新年会2013の
募集を開始しています。
tinyurl.com…

【あとがき4】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
tinyurl.com…

【あとがき5】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…

【あとがき6】

小玉歩さん応援企画が好評です。

ゴールデンルール:Episode1
tinyurl.com…

【あとがき7】

エグゼクティブクラブには紹介制度というのがあって、
セミナーや無料レポートなどをご紹介いただくと
あなたにご紹介料をお支払いするシステムになっています。
tinyurl.com…

こういうのをアフィリエイトっていうんですが、
既に媒体をお持ちの方は、ブログやメルマガで紹介していただくと
紹介料が入る仕組みになっています。

媒体を持っていない人は、
「私も実践してみて良かったですよ」と
フェイスブックのメッセージやメールなどでお知り合いに
ご紹介をしてあげると効果的です。

これから様々な案件をご案内して行きたいと思っていますので、
エグゼクティブクラブをよろしくお願いしますね!
tinyurl.com…

【あとがき8】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方がかなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を主に利用しております。
そのため、PayPalの本人確認を終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にもたくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は必ず完了させておくようにしてくださいね。
よろしくお願いいたします。