stickyimage

Menu

【海外ネットショップ】サイトを改善させるGoogleアナリティクスの活用方法


商品管理、サイトデザイン、そしてコンテンツ戦略。

Googleアナリティクスを利用することで、あなたのネットショップのあらゆる部分を改善することができます。

今回は、出来る限り多くのトラフィックを集めるために内部コンテンツを最適化する方法について解説します。

あなたのサイトのコンテンツは顧客を引きつける最も大きな要素ですが、SEOと組み合わせることでより威力を発揮します。

コンテンツの有効性はあなたの顧客のそれぞれの好みに依存するため、Googleアナリティクスでデータを収集することで、効果を最大限に引き出しましょう。

それではどの指標が最も有用か、どの種類のコンテンツが最も効果的に働くか、そしてどんなデータがコンテンツマーケティング戦略を改善するために使用することができるかをお伝えしていきます。

 

<目次>

最も重要な3つの数字
 1.ページビュー数
 2.平均ページ滞在時間
 3.離脱率
3つの数字を合わせて考える
コンバージョンデータの活用
データがコンテンツマーケティングにどのように影響するか
Googleアナリティクスを使って実験する
SEO対策
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
最も重要な3つの数字

eコマースにおいて、Googleアナリティクスで見るべき最も重要な3つの数字は、ページビュー数、平均ページ滞在時間、離脱率です。

コンテンツごとにこの3つの要素を見ると、どのコンテンツが効果的に働いていているかとその理由を知ることができます。

これらは[Behavior] → [Site Content] → [All Pages] の手順で確認することができます。

1.ページビュー数

ページビュー数はわかりやすい数字に見えがちですが、他の2つのに比べると多少わかりづらく、具体的な判断を下すためには追加のデータが必要です。

ページビュー(PV)は、同一訪問者による再訪問も含めたページの閲覧された回数です。

対して、ユーニクユーザー(UU)は、訪問者1人の閲覧につき1回だけカウントされます。

PV数が多いほど良いコンテンツと言えますが、一概にそうとも言い切れないのが難しいところです。

例えば、クリックベイト(そのページとの関連性の低い扇情的なキーワードを使ったタイトルや刺激的なサムネイル画像をつけるなどをしたページ)でPV数を集めた場合は、訪問者はすぐにそのページに対する興味を失う可能性があります。

そのため、PV数は離脱率と併せて見ることが重要です。

 

2.平均ページ滞在時間

この数字は、コンテンツがどれくらい面白いかの判断に使います。

訪問者がページに滞在する時間が長ければ長くなるほど、そのコンテンツは魅力的であると言えます。

また、コンテンツ全体を読んでいるかどうかを計算することすらできます。

人間が1分間に読める単語数の平均は200-250語と言われています。

コンテンツ全体の単語数とページ滞在時間を比較することで、訪問者がどれだけコンテンツを読んでくれているかを正確に知ることができます。

これを参考にして魅力的なコンテンツに共通している要素を見つけ出して再現しましょう。

ただし注意点が1つあり、訪問者が間違ってページに開いた場合、すぐにページを閉じたり戻ったりしてしまいます。

1回や2回では数字に影響しませんが、もし問題が解決しない場合はこれを疑って下さい。

 

3.離脱率

こちらもコンテンツが成功しているかどうかを判断するのに重要な数字です。

この数字を見ることで、どのコンテンツに手を入れるべきかを判断することができます。

例えば、ランディングページの離脱率が高い場合は、効果があまりないと考えられます。

内容が素晴らしく魅力的なコンテンツであれば、訪問者はサイトにとどまって記事を読み続けますが、コンテンツが悪いとサイト全体においてページを離れる率が高くなる可能性があります。

また、ページ滞在時間と同じく、あなたのサイトに間違って訪問したかどうかを判断するのにも使えます。


 
3つの数字を合わせて考える

各コンテンツにおいてこれらの3つの数字を考慮すると、訪問者にとってどんな内容が最も魅力的で興味を引くことができるかを知ることができます。

・記事の長さ
・公開時間
・公開頻度
・コンテンツのフォーマット(文字のみの記事、画像や動画を織り交ぜるなど)
・優秀なコンテンツ制作者
・コンテンツのトピック

ただ、訪問者にとって有益な情報を提供するコンテンツを作るのは大切ですが、売上に繋がらなければ意味がありません。

売上に繋がっているかどうかを判断するためには、コンバージョン率を調べる必要があります。


 
コンバージョンデータの活用

Googleアナリティクスを使えば、サイトの個々の目標に合わせてデータを整理したりカスタマイズすることができます。

[eCommerce]セクションでは販売や売上に関わるデータを取得できるため、どこから売上が上がっているかを確認するためにはここを使用します。

また、[Goals]セクションを使用することで、売上成功のための独自の指標を設定することができます。

Googleアナリティクスではページの目標達成度を自動的に計算してくれるため、目標を設定しておくことでより創造的なマーケティング戦略を行うことができます。

例えば、以下の数字は目標を設定する価値があるものです。

・決済完了
・ログイン
・特定の商品のダウンロード
・動画再生
・画像表示回数
・一定額以上の売上
・カート内の商品数
・表示された商品数

もちろん、これらは単なる例であり、コンバージョンの目標を絡めた独自の戦略を実行するには、あなた自身で考える必要があります。

サイトの目標を達成する上で最も効果的なコンテンツがどんなものかというタイプ、要因、パターンなどを把握しましょう。


 
データがコンテンツマーケティングにどのように影響するか

データを見ることで、さまざまな事がわかります。

例えば年齢が若いほどテキストの方を好み、女性の方がメールマーケティングに敏感です。

年齢や性別によってトピックの種類を広げられる可能性もありますので、より真剣に取り組みたい場合は[Audience] → [Interests] → [Affinity Categories]のデータを参考にして下さい。

ここのデータを参考にすれば、例えばあなたの顧客が「映画愛好家」「ハイテク好き」など、どんなものに興味があるかをグループ分けすることができます。

あなたのネットショップがどのタイプの商品に焦点を当てるべきかを判断することもできますね。

既存顧客が興味を持っているものに興味を払いましょう。
例えば、コンテンツは読みたいのか?観たいのか?

他のデータセクションと同様に、ここでもコンバージョン率や購入金額などのデータも表示されるため、最も人気のあるコンテンツを最も収益に繋がるグループにターゲティングすることができます。


 
Googleアナリティクスを使って実験する

レポートをもう1つの活用方法は、自由に実験して新しい挑戦をすることです。

まだ試したことのないコンテンツの新しいアイデアを持っているけど、それがうまくいくかどうかわからない場合、これらの統計はどのように比較したら良いかを明確にします。

例えば滞在時間が短いのにPV数が高いページは、クリックを得られるだけの魅力はあったけど、内容は顧客が期待したものではなかったということです。

テスト投稿をする場合は、管理を忘れないでください。

データが無ければ、どのようにプロモーションをしたら良いのかを判断することができませんからね。


 
SEO対策

Googleはコンテンツ戦略と内部ページでユーザーをサイトに誘導することについて話題にしていますが、GoogleアナリティクスがSEOとどのように連携しているかどうかについては言及していません。

基本的な方法は、オーガニック検索数と検索キーワードを見ることです。

[Acquisition] → [All Traffic] → [Channels] → [Organic Search]の順にクリックして下さい。

ここでは、サイトの訪問に繋がる最も一般的な検索キーワードだけでなく、キーワードを使用した訪問者ごとの個々の行動を調べることができます。

例えば「affordable beauty products」が一番流入数が多いキーワードかもしれませんが、「organic skin cream」の方が最も売上に繋がるキーワードであるという可能性もあります。

これがわかっていれば、前者のキーワードであなたのサイトにたどり着いた訪問者をコンバージョンに繋げる工夫をしたり、後者のキーワードの訪問者に対するさらなる戦略を立てるなどをすることができます。

また、これらのデータを使用することでSEO戦略の進捗状況を確認することもできます。

SEOは計画通りに進ませることは難しいため、実際のトラフィックデータを常に監視して、どれだけ目標に近づいているかを把握する必要があります。

もちろん、これは単なる基本情報です。
より高度なデータを取得したい場合は、Search Consoleを追加して下さい。

このアドオンにより、検索結果のURLインプレッション数やコンバージョンに対するポストエンゲージメントなどのより詳しい数字を得ることができるようになります。

データの収集を開始する前に、サイトをSearch Consoleに追加する必要があります。


 
まとめ

売上の拡大を図るのであれば、データの収集と活用が必要不可欠です。

ですので、Googleアナリティクスを使わずに成功するのは難しいとさえ言えます。

これまでデータの活用方法がよくわからず敬遠していたあなたも、今すぐ使用開始することをオススメします。


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
2年 ago by in ネットショップ , ブログ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved