stickyimage

Menu

情報へのアプローチは2種類しかない


「帰国子女って、不幸な女性が多いよね。」

ここはシンガポール、選りすぐりの
優秀な外国人が集う国。

ここに住む日本人は2種類しかいない。
1.駐在するサラリーマンと、
2.自ら選んで移住した起業家だ。

コスパで考えるとタイやマレーシアという
別の選択肢もある。

ビザも簡単に取れるし、生活費も半分以下。
ゼロベースだと私もそっちを選んでた。

でも、この国を選んで良かったのは、
住んでるだけで自己紹介がいらないという点。

「ああ、EP持ってる日本人CEOですね。」

これだけで、あとはもう説明不要なのだ。
(収入要件があって、普通じゃ暮らせないので)

今日は買ったばかりのテレビのWireless Displayに
パソコンを繋いでミーティングをした。

これまで、一番悩んでいたのがネタ切れの問題。
多くの人が情報発信を始めて、止めていく。

なぜかというと、ネタが無くなるから。

ぶっちゃけた話し、最初はアカウント登録とか
リサーチとかクレームだとか色んなことやるので
アウトプットするネタもたくさんある。

そのうち書くことが無くなって
精神論とか情報発信をする方法に偏りはじめ、
「久しぶりの更新です」となって最後に更新が途絶える。

これが典型的なパターン。

私も稼ぐネタは毎回ヒイヒイ言いながら作ってる。
だけど今回、かなり角度の高い情報を
高確率で集められるようになったので、
そのまとめ方についての相談をしたのでした。

情報へのアプローチには2種類しかない。

1つ目は、トレンド性のある話題を
どんどん発信するフロー型の投稿。

2つ目は、既に顕在化してる検索ニーズに対して
回答してあげるストック型の投稿だ。

例えばツイッターやフェイスブック、
インスタグラムはフロー型の投稿に向いていて、
WikipediaやCookpadはストック型の投稿で生きてる。

今回は情報を、どう選り分けて
どの方向性で運用していくかということを
メディア運営をしてる同世代の起業家と
声が枯れるまで議論を尽くしたのでした。

私は情報メディアと物販メディアを育てたい。
メディア運営の中身はとにかく彼の頭の構想を
マニュアルで具現化した巨大な帝国でした。

これやり切るリソースってどのくらいいるんだろう。
考えただけで吐き気がして、でも出来たら凄いだろうなと
テンションが上がったり下がったり、もう大変です。

私からは、彼は巨大な物販メディアを持ってるのに
自らモノ作りをしたことがないので、
OEMでもしてPBブランド立ち上げたら
利益が簡単に10倍になるよとアドバイス。

お互い目を丸くするシナジーが生まれたのでした。

最後に、お互い娘を持つ父親としての話題が
地味に一番刺さりました。

実は私の娘はつい先日保育園に通い始めたばかり。
もう20校ぐらい見学したんだけど、
日本人がゼロで、フランスやロシア等が集まる
多国籍な保育園に決めたばかりでした。

昨日は早速、中国語で数を数えてましたね。
イーアーサンスーって。

他にもインターナショナルスクールは
一緒に見学に連れてった知り合いも、
「子供のGoogle本社だ」と言うほど
遊びと勉強の環境が整った自由なスタイルでした。

ただ、育て方には少し疑問が残った。
教育方針はどうしようか。

グローバルに外国人だらけの環境の方が良いのか
それとも日本人学校の方が良いのか。

で、語学堪能でインターナショナルな
帰国子女系の女性の話しになったのでした。

まず、離婚率が高い。

1つの場所に定着せず、というかできず、
他人の人生よりも自分の人生を選ぶ傾向が強く
好奇心旺盛でフラフラどこかへ行く。

自立心が強く、周りの目を気にしないので
化粧っ気がなくジーパン履いて太ってる。

日本人なのに英語名を間に挟んで
自己紹介しないと会話の前提がおかしくなる。

ということで、あんま良い印象無し。
娘の場合は同じ人種の男性と結婚した方が
なにかと決め事もスムーズに進むし、
男性を立てられる女性に育てたいということに。

息子の場合でも、外資系に就職したとしても、
役員のポジションに外国人が入ることは稀なので
結局は日系企業に戻れる育て方の方が良いということに。

結論としては、日本人学校に通わせながら、
住んでるコンドミニアムが多国籍だと
近所付き合いで外国人が増えるから、
放課後の数時間ぐらいグローバルな感じが
ちょうど良いよねという話になりました。

ということで、来年小学校に上がるぐらいで
そういう環境にしようと今は考えてます。

賛否両論あると思うけど、
これは我が家の教育方針なので。
考え方は人それぞれで良いです。

毒にも薬にもならない話しよりも、
主観で語った方がナマナマしくていいでしょ?

ということで、本日は以上です。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2週間 ago by in ブログ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved