私が赤字のビジネスをしたい理由とは? | 海外販売をしよう!
stickyimage

Menu

私が赤字のビジネスをしたい理由とは?


yoshidalogo2

「赤字のビジネスでいいかなって思って。」

ギブの精神、これ分かる人は少ないかな。
別の人はまたこう言った。

「与えよ、さらば与えられん。」

去年ぐらいから私の周りで口々に聞いてる言葉。
みんなどこか、何か新しいこと探してる。

ビジネスである程度稼げるようになると
このあたりでもういっか、ってラインが見えてくる。

大抵の人は、生活費が十分稼げるレベル。
物販の場合は稼いだ利益を運転資金に突っ込むので
10万円稼いでも10万円。
1億円稼いでも1億円を回すことになる。

1億円だからといって、10万円で
止めようということは出来ない。

どれだけ稼いでもゼロになる可能性は十分あるから
とにかく売上に追われる日々が続いてた。

人は誰でも、心にぽっかり空いた穴を埋める習性がある。
だから、ヒマになるとまた何か始めたくなる。

月収100万円で落ち着く人もいれば、
1000万円で落ち着く人もいる。

これ以上規模拡大しなくても、
自由な時間を持てると思った瞬間に
途端に動きが鈍くなる。

株の世界では「利益確定売り」というらしいけれど、
利益が確定するまでは、お金は手元に入ってこない。

物販も、出品数や先行仕入れを止めれば
急にお金が手元に残るようになる。

スキルでもそうだ。

いまある知識や経験は、過去に培ったもの。
私のほとんどの知識はサラリーマン時代に
インストールされたもの。

手元に残ったお金と自由な時間は
次の10年のために投資をしなければならない。

モノなのか、ヒトなのか、情報なのか。
今まではモノに投資することが多かった。

それが今ではヒトになっている。

海外販売の方もそうだし、セミナーもそうだけど
この2年ぐらいはほとんど主役は人に任せた。

お金もそうだけど、名声も渡すことに決めた。
人を満たして、余った分が自分に入ってくる。
あなたに、あげたい。

これで人については、これから1つの
最終章を迎えることになりそうだ。

な・・何を書いてるんだろうか私は。
こんなこと書くはずじゃなかったのに(笑)

学生時代、ファミレスのアルバイトをしようと
近所の求人広告に募集して店長にあったら
すごく丁寧な応対をしてくれた。

私はこれから雇われるのに、
なんでだろうと思ってた。

それって実は、私がお客様にもなり得るから。
ファミレスの商圏の中にアルバイトの私自身が
すっぽり入ってるからだった。

いまでもたまに、食べに行く。

例え従業員であったとしても
横柄な態度を取るべきではない。

みんなで、その地域を活性化させたいと
想いをひとつにすることが重要だ。

それで余ったお金は、自分の個人口座に入るお金。
長らく手を付けてなかったけれど、
「自分らしいこと」に使いたい。

それに共感してくれる人が、
どのくらいいるのかは正直わかんない。

リサーチして、相手の望むものを提供してきたから。

次は、赤字でも良いから私がやりたいことを
あなたに提案して、賛同が得られるか試してみる。

メールアドレスって性格でますよね。
何十万人という人のメールアドレスを見てきました。
意外に、人の想いが詰まってる。

就活してた時の私のヤフーのメールアドレスは
change my lifeだった。
人生を変えたかった。あの時は。

change my life。次のステージへ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

4年 ago by in ビジネスマインド , ブログ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2018 海外販売をしよう! All Rights Reserved