stickyimage

Menu

突然ですが、仮想通貨の口座を10個開設しました


仮想通貨やります。

なぜやるのかというと、
私が考えていたリスクが無くなったから。
リスクとは2つです。

1つ目は、コンプライアンス。
2つ目は、仮想通貨が無価値になること。

おそらく、ここまで来たらゼロにはなんない。
なのに、億ってる人は大量にいる。

リスクとリターンで考えて
「あれ、まだその程度?」と言われ、
非常に恥ずかしい気持ちになりました。

いまさら、もうムリだと諦めた人もいるかもしれません。
でも実はまだ序章だとしたら・・?

まだ、手遅れではないと判断しました。
ホールドしながら、もう一発突っ込んでる人も多いし。

なのでまず、取引所を国内外含め10サイト分作りました。

どうせタダなのと、本人確認含め
時間掛かるので、取り扱ってるコインの種類等
含めて申し込めるだけ申し込んでみました。

申し込みが殺到しているためか、
かなり時間が掛かりそうな取引所もありました。
中には新規の受付を中止している取引所も。

私が開設してみた取引所を紹介します。

bitFlyer
https://bitflyer.jp/ja/

私がビットコイン持ってる取引所。
まあ取引所の中では安パイ。

Coincheck
https://coincheck.com/ja/

私の中ではbitFlyerとCoincheckで
2強だと思ってた。

アプリのグラフが見やすいので
開設したつもりになってたけど、
まだでした。慌てて登録。

bitbank
https://bitbank.cc/

友人が開設したこともあって作成。
よくわかんないけど、タダなので作った。

> 取引数の急増に伴いシステム負荷が
> 急激に高まったため、期間指定(開始日・終了日)の
> 検索を一時的に制限しております。

っていうお知らせがあった。

トレード用の買う時黒い画面で取引しないと
いけないぽいので、とっつきにくかった。

Zaif
zaif.jp/…

手数料は安いけど、UIが分かりにくい。
スプレッド(後述)の差を確認しようと思ったけど
ひと目見ただけじゃわかんないので、様子見。

bitrex
bittrex.com…

海外のサイト。
現在新規アカウント開設停止中。
取引急増につき、システムのアップグレードが
必要というのが理由だと書いてあった。
すごいね、大人気だね。

binance
www.binance.com…

中国の取引所なのがちょっとアレだけど、
世界最大の取引所として業界では有名。

coinbase
www.coinbase.com…

こちらも海外のサイト。
日本円以外の入出金もできるらしいけど、
日本からだとどうやら表示がされないぽい。

gdax
www.gdax.com…

海外の携帯電話でも2段階認証が通らず。
ちくしょーと思ってメール送ろうと思ったけど、
どうやら対応不能なほど申し込みがあるらしく、
FAQばかりでメールの窓口が無し。

luno
www.luno.com…

これも海外の取引所。
こちらも日本円以外の入出金ができるらしいけど、
日本からだとどうやら表示がされないぽい。

GMOコイン
coin.z.com…

スプレッドが一番小さく、堅牢なシステムを
持ってて一番安心感があるけれど、
取引所ではなくGMOと直接の売買になるので
大きな金額が買えない。

さて、仮想通貨を買うための順番です。

1.取引所で口座開設
2.コインを売買する

やるべきことは2つだけですが、
この2つが最も重要です。

まず、取引所について。

取引所で何をするかと言えば、
日本円を仮想通貨に交換するということをします。

この時注意すべき所は
1.手数料がいくらかかるのか
2.サイトのセキュリティは堅牢か
3.負荷がかかった場合の対応
この3つが重要です。

手数料は、円から仮想通貨に替える時の
売買手数料やスプレッドが挙げられます。

スプレッドというのは実際の相場との開きのこと。
売買する時の価格の差額を言います。

この差が大きいほど、実際に買う時
相場よりも高めに買わなきゃいけなくなります。

海外の取引所は安いし、国内の取引所は高いです。
国内の取引所の中でもGMOコインは安いけれど
大量には売買できないという特徴があります。

サイトのセキュリティについては
「GOXされる」という言葉が流行ってる通り、
取引所がハッキングされてコインが
消失するのが一番のリスクです。

それ以外にも侵入者からの攻撃に対策する
とてつもないレベルでの防御が必要です。

Mt. Gox事件以来、大手の取引所で
消失事件は今のところ確認していませんが、
取引所は取扱高の大きい所が良いでしょう。

負荷に関してはアクセスや取引が集中すると
サーバーが止まったり取引不能になることがあります。

だいたいどこの取引所でも度々止まってるけど、
負荷対策が十分行われている取引所が
良いのは言うまでもないですね。

次にコインの売買について。

何を買うのか、というよりまず、
何が買えるのかに注目してみました。

仮想通貨の時価総額を見ると、
1位がBitcoinで28兆円。
2位がRippleで10兆円。
3位がEthereumで9兆5千億円。

このあたりの主要銘柄なら仮想通貨の中でも
リスクが少ない部類に入るでしょう。

あとは知らん。

例えば私はbitFlyerで円をビットコインに
替えて寝かせておいただけなんですが、
その間にハードフォークが10回近くありました。

bitFlyerはコインを6銘柄しか扱ってないので
ハードフォークしても私はコインもらえませんでした。

これが、中国の取引所binanceに動かしておけば
ハードフォークされた分のコインが付与されてました。

一度、日本の取引所で買ったコインは
他の取引所に送金することが出来ます。

どこの取引所でもBitcoinは
必ず送金ができるので、この辺は
仮想通貨の基軸通貨として機能してると感じました。

しかし保有者の激増で、相当着金まで時間が掛かります。
5時間から半日かかるという記事も見かけました。

そう言った意味で、Bitcoinを使って
取引所を移動させるのは不便そうです。

次にRippleです。

Rippleはロックアップと言うのを行って
価値が急激に上がりました。

Rippleの理念は素晴らしく、国際送金を
カンタンにするという、最も実用化に向けて
インパクトも容易に想像できるイメージを
私たちに提供してくれています。

なのでRippleを買いたいのですが、
私が今、開設してるbitFlyerでは
Rippleが買えません。

また、海外の取引所間でのやりとりも
BitcoinかEthereumだけ。

現状、Bitcoinで動かすよりも
Ethereumで動かすほうが利便性が高そうです。

銀行間ネットワークのインフラになるはずの
Rippleも、肝心の仮想通貨ネットワークでは
インフラになり得ていないのが気になります。

では、どう買うのかということですが、
年初に一発買って、あとは放置します。

トレードはやらないのと、
小さく買っても、もはやしょうがないです。

あとは、スカっと忘れてビジネス頑張る。

口座開設はタダなので、
パパっと開設するうちに
色んなことが見えてくるはず。

あなたもやっておきましょう。

現場からは以上です。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3週間 ago by in Bitcoin. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2018 海外販売をしよう! All Rights Reserved