stickyimage

Menu

なんか最近、カオスです。


「私の前のボスはセカンドライフをしてたの。」

アンスピ!のレッスンで英語の先生と
ビットコインのことを話してて、
突然そんなことを言うもんだから驚いた。

え?セカンドライフってあのセカンドライフ?
可愛くないアバターでウロウロするヤツ。
secondlife.com…

運営開始日が2003年らしいからもう14年前。
私も一度やってみたけど、パソコンのスペックが足りず
カクカク動くし、アバターが可愛くないし、
何が面白いの?という印象でした。

セカンドライフは土地を所有したり、
物を作ったりすることもできるということで、
一時期は話題になったことがあった。

ブックオフとかが出店したとかニュースがあって、
その後、過疎ったと聞いている。

当然、新興のゲームにありがちな、
過疎る=プレーヤーがいなくなるという
末路を辿って終了いると思いきや、まだ続いてるなんて。

ドイツ人で、中国人の奥さんと一緒に
フィリピンに住んでいるんだそうな。

それって儲かるの?と聞いたら、
なかなか良いビジネスなんだそうだ。

先生はリンデンドルを送金したりする
カスタマーサポートをしてたそうな。

ボスはセカンドライフ内で商品を作って、
ゲーム内の仮想通貨リンデンドルと交換してる。
だから早い時期からビットコインも持ってたわよ、と。

インターネットが登場して何年だろう。
なんか最近、カオスです。

GoogleやFacebook、AppleのようなIT企業が
国家予算ほどの利益を出していて、
「バーチャル」が「リアル」を逆転した気がする。

例えば昔はゲーム内通貨のリンデンドルを
日本円に替えようと思ったら、
1.リンデンドルからUSドルに換えて
2.USドルをPayPalに送金して
3.PayPalのドルを日本円で引き出す。

という、ややこしい手順を踏む必要があります。
ビットコインならどうだろう。

リアルマネートレード(仮想通貨から通貨への交換)が
スムーズになるのだろうか。

にしても、それを使ってご飯が食べれるワケじゃない。
ゲーム内の家が持てても、実際の家は買えない。

だけど、その仮想通貨を操って
「億り人」になった人がいる。

億り人とは実際に資産が1億円を超えた人のこと。
この前、ビットコインに関する記事を書いたら
なんと3人も読者さんで億り人になった人がいたことが判明。

実感ないのは当然だけど、そんな時代だよね。

それは投資なのか投機なのか。
まだよく分かりません。
だから徹底的に調べて判断するつもりです。

で、バーチャルな世界やバーチャルな通貨について
どう思う?って先生に聞いたら意外な答えが返ってきた。

if there are consumers,
(もし、そこに顧客がいるなら)

consumers = people who use or buy your products
(顧客=製品を使ったり買う人)

your business will survive
(そのビジネスは成立するわ)

間違いない。

そこにニーズがあればいいんだよね。
実態があるかどうかよりも。

でもねえ、まだ感情がついていかないのです。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2週間 ago by in Bitcoin. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved