リピーター戦略はめんどくさい?おまけや手紙をやめてみた

2013年最後の日に記事が投稿出来てうれしい福ヶ迫です。

12月のホリデーシーズンも終わりました。
あなたのホリデーシーズンはどうでしたか?

私は急遽引っ越しが決まりバタバタしたままホリデーシーズンに突入してしまい
何がどこにあるのかよくわからないという失態を犯してしまいました。

そのために同封するはずのおまけや手紙が足りない。

困った私がとった方法とは・・・。

発送以外のサービスをやめた

思い切って同封物(おまけや手紙)を入れるのをやめました。
そして、メールもebayから送られるもの以外こちらから送るのはやめました。

商品のみの発送をしました。

その結果

お客さんからのレスポンスが激減しました(T_T)
以前は商品を購入してくれたお客さんの半数くらいが何らかのレスポンスをくれていました。

商品が届いたと連絡してくれたり、フィードバックを入れてくれたりと相手からの連絡があったのですが
今回ホリデーシーズンに送った商品についてはまったくといっていいほど相手からの連絡はありませんでした。

まあ、こちらから何のアクションもしていないので当たり前といえば当たり前なのかも知れませんが・・・。

同封している手紙やおまけも無駄ではないのだなと知ることが出来てよかったです。

同封物やメールでのフォローをするメリット

最大のメリットは信用を得ることができることです。
販売している自分を知ってもらうことができるのでバイヤーにとっては安心感につながります。
どこの誰かがわからない人よりも親密度はアップします。

同封物やメールでのフォローをするデメリット

手間とお金がかかります。
メールの内容や手紙の内容など自由度が高いため迷いやすいです。
どういった内容のものがいいかなど手探りの部分が多くそこで躊躇してしまう人が多いです。

また、おまけや手紙など事前に準備が必要で、手元にあらかじめ用意していないとスムーズに発送ができません。
同封物の在庫が切れた場合には、発送が滞ってしまいます。

同封物やメールでのフォローをしないメリット

発送が非常に楽です。
商品さえ間違えずに入れればいいので気が楽です。
また、バイヤーからのレスポンスがないので返事を考える必要がありません。
今回、同封物を入れないことで気がついたのですが、私はメールの返信が苦手だったのです。
返事に何を書けばいいか毎回悩むのが苦痛でした。今回についてはこれから解放されたので
発送がとても簡単で楽しかったです。

同封物やメールでのフォローをしないデメリット

相手からの反応がないことです。
リピーターを獲得したいならやはり何らかの反応はほしいものです。

ということはこちらから何らかのアクションが必要ですね。

今回結構発送しましたが反応は薄かったです。
クレームがなかったのはよかったですが(^^;

まとめ

思い切って同封物やメールでのフォローをやめてみてわかったことが沢山ありました。

自分では最初から同封物やメールでのフォローをしていたのでその効果が本当にあるのかどうかわかりませんでしたが、今回やめてみるときちんと効果が出ていたことを実感しました。
また、自分がメールの返信が苦手なことが判明したのでその部分については他人に任せたりという方法を考えていきます。

メールを送るタイミングや同封物の補充のタイミングなどルールを決めて発送の手順を誰でも出来るようにすることが重要ですね。

またいつかはメールのフォローのみだとどのくらい反応が変わってくるかも検証します。
メールだけになると手間は結構減りますよね。どうなのかな?楽しみです。

今年も沢山の方に支えられてここまでやってきました。
来年はあなたの支えになるように頑張ります。

今年1年本当にありがとうございました。
よいお年をお迎えくださいね。

また、来年もよろしくお願いします(^^)

中米で売れる商品リスト

中米で売れる商品リスト

 

おはようございます!中米と日本を繋ぐゲートウェイ戦略企業の加藤です。

遂に私のブログ更新も最後となり、2013年の締めくくりに近い日に投稿させてもらえる喜びを感じております!

最近は長男が来年小学1年生になるので縄跳びや鉄棒、自転車と色々教える事が多くて大変です(笑)。

寒い日に公園に行って教えておりますが、日に日に大きくなっていく息子の姿をみるのは毎日楽しみです!

中米で売れる商品リスト

さて今回は中米を中心に行われている弊社の商品のリストをご紹介しようと思います。現地でのコネクションをフル活用して業者間取引成立や日本企業の進出を行う前の市場調査を行える体制が整っておりますので、商材別に弊社が取り組んでいる内容をご紹介しようと思います。

1 彫金

駐日エルサルバドル大使とのコラボレーションにて同国の認知度を日本国内で上げるべく、エルサルバドル国旗をデザインした彫金商材を作成しました。こちらはサンプル品をエルサルバドルへ送付して、政府関係者・空港土産物屋オーナー・観光地の土産物屋オーナーへの営業を開始しました。そして何と先週嬉しい報告がありました。私のコネクションと現地エージェントのコネクションを駆使して現外務副大臣への営業を試みていたのですが更に他の担当大臣にもサンプル品が渡っており購入や採択される可能性が出て参りました。これは日々エルサルバドルと連絡を取り続けている成果が出て来たものと思っております。こちらの商材はどんなデザインでも作成可能ですのでバリエーションは無限。用途に応じて作成することが出来ますので、ブラジルワールドカップ・オリンピック、そして日本で開催されるオリンピックへ向けて商材を更に良い物が作れるようにしていきます。

2 中古PC

中米ではほとんど米国から流れてくる中古PCを多く扱っており、日本製の中古PCが最新スペックで手に入るとなれば販売の余地ありと考えています。米国産のPCと同じ程度の販売価格を実現する為にエルサルバドルで販売されている機種や場所、購入者の年齢層及び日本製中古PC販売に向けた代理店契約を結びたい企業へアプローチをしております。40ftコンテナへ積むとなると相当数になりますので大手企業から営業を開始。既に各社最終会議まで行っております。引き続き良質の中古PCが輸出出来るよう万全の体制で契約が結べるようにしておきます。

3 車中古パーツ

中米で多く取引されているのが日本国内では解体業者が扱うようなパーツが未だに盛んに取引されている事に着目しております。安く手に入れられる業者を開拓しました。私の地元は愛知県ですので自動車関係の仕事の伝手が結構あるので助かります。しかしながら日本車パーツを確実に扱える業者が居ないのが現実。エルサルバドルにこだわる事無く中米全域で取り扱える業者が居るかどうかをリサーチしております。現在候補に挙がっている国が2、3カ国ありますので、そちらとの会議を何回も繰り返ししっかりとした取引が出来るように構築していきます。

4 生地

米国のアパレルや靴製造の工場がエルサルバドルにあるということは判明しているので、まずはアパレル工場へ日本の生地を使わないか?と営業を致しました。様々な米国アパレル企業が会議を持ってくださっておりますので、草木染めのサンプル品を近々送付して会議に臨みます。

5 インスタントラーメン

日本国内大手製麺所とのコラボレーションが決まりそうです。私の日本国内のコネクションから紹介して頂いたのですが、商品開発を中米各国大使を巻き込んで商品開発を行い輸出に繋げられるように提案書を来年提出。商品化した後に輸出致します。既存の商品はエルサルバドル国内の大手デパート・大手スーパーへのコネクションからテスト販売へ繋がりましたので反応をみて判断する事となっております。

6 表具・建具

勉強をさせて頂く為に1ヶ月間一緒に仕事をさせてもらいました。非常に奥の深い商材となっております。表具を直すのにはそれはもう大変な手間と技術が必要なのですが、こちらの修繕を市場相場よりも安く修繕する事が出来るよう弊社との契約を結んで頂きましたので、表具・建具や仏絵などをこちらで修繕してから販売をして頂くというシステムが出来るように構築中です。日本の文化財を輸出してらっしゃる方は修繕して綺麗な形にしてからお客様へ届けるのはいかがでしょうか?京都が本場なのですが10年間京都で修行した方が技術をしっかりと学び同等レベルでの修繕が可能でそして費用も抑えられる。私へ問い合わせて頂ければすぐに見積を致しますのでご相談ください。中南米全域でも日本の文化財は大人気。しっかりと輸出出来るようまずは展覧会を開催して市場の反応を見ようと計画しています。

7 おもちゃ・お菓子

中米のテレビでは放映権が安くなった少し古いアニメが放映されているので先進各国に比べて遅れて人気が出てくるのが特徴です。この特徴を生かして仕入れの安くなった商品を輸出します。フィギアとか詳しい方に教えてもらうために職場に潜入出来るか現在交渉中です(笑)。お菓子も大人気です!こちらは名古屋にあるお菓子の卸問屋の方と一緒にサンプル品を現地に送って反応を見ておりますが非常にいいことから来年からある程度のロット数で輸出を行います。

東南アジアへの展開

私のビジネスを発信し続けているとお話がどんどん提案されます。ここで判断する基準は吉田さんのブログやセミナーでの教えを学んでいれば何も怖くありません。詰め将棋のようにお互いの言葉でビジネスを構築する。その中で東南アジアへ輸出のお話がありました。私のコネクションから構築出来るようにするにはと色々とお話を進めさせて頂きましたら、中国から商材を東南アジアへ・・・・日本から仕入れて・・・・・とアジア各国への輸出網の構築も徐々にではありますが出来上がりつつあります。そしてパソコンや電話だけではやはり世界が見えてこないということで、色々と勉強する為にまずは現場で働いてみるということも12月は行いました。産業廃棄物業者さんと一緒に家の解体を行い家具やシステムキッチンやらをどうやって廃棄しているのか?または中古品として商品化されているのか?こちらは現場に出る事によって学ぶ事が多くありました。現場方々にも色々な情報を頂き目から鱗ものの内容も聞けましたよ!先程も書きましたが表具・仏絵の修繕にもチャレンジ。緊張のあまり手が震えて作業が出来ない事も有る程難しい行程を作業させて頂いたりとこの世界の一端をかいま見れた気がします。ですので実際に現場に出てどんどんと学んでいきたいと思います!それにしても慣れない仕事から体重が一気に7kgも落ちたのは内緒で(笑)。

まとめ

3ヶ月間に渡り私の活動をご紹介してきました。吉田セミナーによって生まれたビジネスは創業助成金という形で日本が認め私のビジネスを後押ししてくれてます。そして吉田マインドによるビジネスの鋭利化が進みここまで来る事ができました。お金がないから行動出来ない、時間がないのでビジネスが出来ないとあれこれ考えて行動が出来なくならないように常に「今日出来る最大の行動をしよう」と精力的に動くようにしています。後から振り返ると、「無駄な行動だったな~」と思う事もよくあります(笑)。しかし、いつも決められた道ばかりを行くだけの人よりも、道に迷って色々な場所へ行っている人の方がその地域に詳しくなると(矢印 (左)ちょっと強引な考えですか?(笑))自分に言い聞かせここまで活動してきています。そのおかげで私の周りには本当に助けてくれる方々が多く居ます。行動する事によって新たな人間関係が私の人生に加わり、日本帰国時には想像もできない程形にすることができました。

来年からはエルサルバドルを中心とした中南米各国、そして東南アジアでの展開が本格化していきます。日本から世界へ。あなたも一緒に飛び出しましょう!!

あなたにも素敵な仲間はいますか?

それでは皆様よいお年を!

あなたへ加藤拝

海外販売eBay Amazon 2013年のトピックスと2014年の展望

おはようございます!竹村です。さて、ホリデーシーズンもひと段落して、結構ゆっくりした時間が流れています。そして今年も残すところあと3日。あなたにとってどんな一年だったでしょうか。今日はこのプロジェクト最後の投稿でもありますし、私の一年を振り返るとともに、来年の展望について書いてみたいと思います。

順調に業績を伸ばした上期

私は以前、直接取引やリピーター獲得に取り組んだ時期もありましたが、その手間と効果のバランスが悪く(時間を掛けた割に大きな実績にならなかった)、ある時から、定期的に購入してくれるお客さん、一定の利益額が確保できるオーダーのみに絞って取り組むようにしていました。

その結果、今年の上期は、売上の大部分をeBayが占めるようになりました。またこの時にはリミットアップを継続していたことや、外注化を進め、パートさんを雇用したことなどにより、比較的スムーズに実績を拡大できました。

苦境に立たされた夏

そして、春先ごろだったでしょうか、Amazon輸出に取り組み出しました。既に海外法人を作っていたのに、始めるのが遅すぎました。ここはすごく反省しています。そして取り組んだのはいいのですが、価格・在庫チェックを疎かにしていたり、メールの対応が遅れたりで、結構赤字を出したり、取引キャンセルを繰り返し、アカウントを傷つけてしまったり、eBayとの業務の住み分けがうまくいかなかったり…。そんなこんなで、結果も中途半端な感じになってしまいました。要は本気になれていなかったのでしょう。

そんな時に今度は、eBayポリシー違反が重なったことが原因だったのでしょうか、売上がストーンと落ちてしまいました。さらに泣きっ面に蜂だったのが、Amazonの売上金が海外口座から3ヶ月くらい入金されないという事態に(泣)。さらにさらに、パートさんの退職もありました。そんなこんなで、8月9月頃は色々と大変でした。

苦境を救ったのは…

順調だった春先から、苦境に立たされた夏、そこで思ったのは、やはり本腰を入れて収入の柱を複数作らねば、ということ。別にこれは海外販売ではない事業をするということではなくて、eBay以外の柱、つまり、まずはAmazonからの収入をしっかりと作ろうということでした。

ただ、この時期に良かったこともあります。海外法人から入金がないことで、資金繰りに窮し、キャッシュを早く手に入れなければならなかったので、以前やっていた直接取引を本気で取りにいったことです。

私はeBayで取引をしたお客さんに、ステップメールを組んでいるのですが、その返信は当然のこと、それ以外にも片っ端からメールを送っていきました。プラットフォームでの販売って、基本的に商品を並べて購入されるのを待つスタイルだと思うのですが、本気で攻めることで、結構売れるんですね(ホント大変でしたけど)。「売り込む」ことに、売る側が抵抗を感じることって結構あると思うのですが、海外ではあんまり嫌がられないのかな、という印象です。

ここで、しっかり狙っていけば、短期間でしっかりとした実績が出せることを再認識しました。ここがeBayの強みといいますか、顧客リストを持つ意味なのではないでしょうか。

やっとAmazon輸出を始めました

そういう感じでAmazonを本格的に始めたのは、10月に入ってから。その時には、今までみたいな中途半端な感じではなく、大量に商品を出品し、定期的に在庫と価格をチェックしていくようにしました。いきなりホリデーシーズンに大量の商品を投入することは、受け入れ体制などに不安があったのですが、ここは「えいやー!」という感じで。

で、やってみてどうだったかというと、売上利益ともに大きく伸ばすことができました。何でもっと早く取り組まなかったのか…。もっと早く取り組んでいれば、この年末商戦ではさらに売上利益を上げれたのに。ビジネスの世界に「たら、れば」はありませんね。

反省すべきことのほうが圧倒的に多いのですが、良かったこともあります。SOHOさんたちの成長です。長く私の仕事を手伝ってくれているSOHOさん達は、eBayを経験をしているだけあって、Amazonの方でもだいぶ助けられました。完成度の高いマニュアル、スムーズな引き継ぎ、新しい仕事への適応力、そして信頼関係。これらはある意味、時間という資源を使ったことによって醸造された一面もあるのではないかと思っています。
一つをある程度経験すると横展開が比較的用意にできてしまうことも、改めて実感しました。

また、eBay以外の収入の柱を作れたことが精神衛生上良かったですね。プラットフォームをメインの仕事にしていると、一本足打法は怖いですから。最悪アカウント停止、ということも有り得ますからね。

2014年はまずこれに取り組もう

海外販売を始めて2年間(今年の前半まで)は、スローペースながらもずっと右肩上がりに伸ばしていたのに、3年目になろうかとしている時(今年の夏)に、初めての減収減益。これを経験したことで、本格的にAmazonを始めれました(もっと早くやれよ)。そして後半で「倍返し!」。まだまだ規模も小さいし、不安定な事業体ですが、来年は今年の反省を活かして、スピード感を持って(これが私の大きな弱点)、事業を拡大していきたいと思います。

下記は、来年早々に取り組むべきことです。

① eBay、Amazonの、「.com」以外への展開
② AmazonのFBAに着手
③ 次の収入の柱としてネットショップ(現在開店休業状態)
④ ③と連動して、ステップメール、メルマガ、facebookページのテコ入れ
⑤ さらに直接取引の強化、仕組化
⑥ SOHOさん、パートさんなどさらなる体制の強化

FBAはこれから勉強しないといけませんが、それ以外のことはほぼ経験をしているので、仕事をフォーマット化して人に任せていけば、そんなに苦労せずに形になるはず。これらの先には、仕入先の開拓という、私が最も取り組みたいことが控えています。3年目を迎える前(8月)に、そこに全力投球できるようにします。

最後に

この原稿を書くにあたって、来年取り組むべきことを、A4の紙5枚にマインドマップとしてボールペンで書きなぐりました。実際に紙に書き出すことによって、今年できなかったこと、やらなかったこと、そして来年やるべきことが色々と見えてきます。ホントは定期的にこういうことをしたほうがいいのでしょうが、最近はおざなりになっていました。今は頭がスッキリです。そしてワクワクしています。来年はもう始まっていますね。

最近は、円安や日本人気、また世界のインターネット人口の増加もあり、海外販売は一種のブームなのではないでしょうか。これを一時のブームに終わらせず、しっかりとした事業として、確立していきたいですね。やること課題は山積みですが、「輸出は国益に資する」、これを信じて、来年もともに頑張りましょう!

5回だけのの投稿でしたが、ご覧になっていただき有難うございました!
良い年をお迎えください。
またどこかでお会いしましょう!

JANコードを取得してみよう!

JANコードを取得してみよう!

はじめに

Amazon輸出をやっている大西といいます。

今回で、私も最後の投稿になってしまいます。
今年も思い返せば、いろいろとありました。
年初めは、点滴を打ったり、大変なところから始まり、6月には、退職し、環境を変えましたが、その後も病気苦しんでいた時の強い薬を受けていた時の副作用が残っていて、体力的にも、精神的にもきつい時期でした。
現在では健康状態になり、なんとか生活できるようになりました。
まだ、最後の結末を載せられていない件もあり、残念です。もし機会を設けていただけるなら、載せていきたいですね。

なぜ、JANコードを取得するか?


輸出していて、現に出品されているものを追従して、出品する場合には、何も問題ありませんが、新しい商品で、中国から、輸入品を海外で出品する時や日本で売られているもので、バーコードの商品を出品したいときにアメリカでEANコードを取得するのは大変なので、日本で、JANコードを取得して、それをそのまま使うというものです。

JANコードとはどんな物?


JANコードは、小さな商品のみに使う8桁のコードと13桁からなる標準タイプがあります。
つまり、商品についているバーコードとそれの下に書かれている13桁の数字のことです。
この標準タイプの13桁のJANコードの構成は、9桁のGSI儀業者コードと3桁の商品アイテムコードと1桁のチェックデジットからなります。
このコードを取得すると世界中で使えます。
どうやって申請するか?
まず、近くの商工会議所を探します。
全国各地にありますので、ご自宅の近くにあるところを探してみてください。
www.cin.or.jp/cin-cgi/me_list99open.asp…
商工会議所に行って、新規登録用バーコード利用の手引きを購入します。
価格は、1,200円です。
これを購入したら、巻末にGSI事業者コード登録申請所【標準タイプ】がありますので、これに記入して、商工会議所に提出するだけです。
ちなみに手数料を払わないといけません。
手数料も業態と年商によりか価格が変ってきますが、
Amazonで商売をされている方なら、卸小売業、サービス業等にあたります。
年商10億円未満であれば、ランクFとなり、10,500円になります。
この金額を支払って、登録申請すると約2週間で、登録書が届きます。
また、申請者も法人でなくとも個人でも申請できますので、新商品を登録する時は試してみてください。
追記で、どうしてもすぐコード番号だけでも知りたいという方で、東京にお住まいの方なら、一般財団法人流通システム開発センターに直接行って、申請書を出すと、審査を早めにしていただき、2、3日後にメールで、番号を教えていただくことができます。

最後に


これで、安心してJANコードを取得することができます。
皆さんも一度チャレンジしてみてください。
この場を借りまして、吉田さん、いろいろ投稿していただいた皆様、私自身とても励みになりました。
どうもありがとうございました。
読者の皆様も新たな飛躍をしていただきますように。
よいお年を。

一撃必殺!スイスのプライベートバンクに資産数億円!!規格外の富裕層のセレブリピーターを獲得し、目標月収50万達成!!

おはようございます山口です。本日の記事が今回のプロジェクトでの最後の投稿となります。この三ヶ月をザックリとですが振り返りたいと思います。

プロジェクト開始時の目標月収金額は50万円

 photo 51K2VUE63AL_SL500_AA300__zps31629381.jpg
プロジェクト開始前の9月、他の参加者の方同様に僕も吉田さんとSkypeでお話をし、目標金額を50万円と設定しました。
それまでの平均月収は15万円程度で、過去最高月収も、たまたま単発で利益10万円の商品が売れた月の25万円が最高だった為、
達成可能な現実的な数字として「35万円」と言いましたが、吉田さんに「少なくないですか?」と言われ、思い切って50万円に決めました。

しかし、実はこの夏がプライベートで忙しい時期であり、長期間出品を全くしておらず9月の月収は過去最低の5万円を叩き出していました。。。

プロジェクト開始、やるべき事を決めスタート!!

 photo cb382884_zps6718e998.jpg
10月に入りプロジェクトが開始。まずは現状を把握しやるべき事を決めました。今回の一回目の記事投稿の際に宣言したとおり大きく分けて3つ。
1,マニュアルを作成しebay出品の外注化
2,出品テンプレート、リピーターへのステップメールの編集
3,Amazon FBA販売の開始
まずは、今までずっと一人で行っていたリサーチと出品を外注化すべく、Microsoft Wordを使用してPDFでマニュアルを作成し、更にそのPDFを使用しながら動画でのマニュアルも作成しYoutubeにアップして
国内の@SOHOで雇った数名の外注さんにお渡しし、作業を開始してもらいました。このマニュアルを作るのが大変で、誰にでもわかるようにと丁寧に作り込んだので、予想以上に時間が掛かってしまいました。

しかし、マニュアルの作業内容も慣れるまでは、正直簡単とは言えるものでは無かった為、雇った外注さんのほとんどは途中で音信不通になってしまいました。

が、その中で一人だけ黙々と毎日作業をこなしノルマを達成してくれた非常に優秀な方が現れました。この方のおかげで、短い期間で今まで自分では決して出来なかった、というか、やらなかった(汗)
大量の出品をする事が出来ました。そしてこの一連の流れで、更に今後必要な改善案が明確に見えてきました。今後はさらにマニュアルをバージョンアップさせ効率化を図ります。

始めにマニュアルを作るのが大変でしたが、作ってしまえば人に任せることが出来ると言う事を、身に染みて体験することが出来た為、今までやらなかった事を後悔する反面、やっと重い腰を上げて本当に良かったと思います。

規格外のリピーターを獲得

 photo APX201305160005_zps084324ad.jpg
やっとマニュアルが完成した頃、以前の記事でも書きましたがebayをきっかけに直接取引で1万ドルを越す大型の取引を銀行口座へ直接送金してもらう形で成立させました。
実は、このお客さんの銀行口座がスイスのプライベートバンクの口座で、その後もリピーターになってくれて、僅か2ヶ月足らずの間に百万円規模の取引を何度も行いました。

総額はメルセデスベンツのEクラスが新車で買える程です。。。そして、取引は今現在も進行中です。海外送金を受けると毎回銀行から受領目的確認の電話が掛かってくるのですが、あまりにも頻繁に掛かってくるので銀行の担当者にも覚えられてしまいました。

このお客さんは完全に僕の事を信頼してくれたようで、別の用で送金を証明する画像を送ってくれた際に、誤って向こうの口座残高が写り込んでしまっている画像が送られてきました。恐らく自分では気付いていなかったのだろうと思うのですが、そこには見たことの無い金額が記載されていました。。。

まとめと今後の展望

 photo umi7_zpsf9a4627b.jpg
結局、Amazon FBAと出品テンプレ、ステップメールの編集に関しては、まだ取り組むことが出来ていないですが、その分を補う程の成果を他の部分で叩き出し、結果11月には利益40万に到達し、12月24日現在で12月の月収は目標の50万を既に突破し、70万に迫る勢いです。
正直当初の計画通りではありませんでしたが、目標を達成することが出来ました!!自分でも完全なる想定外で、結果オーライは否めませんが、おかげ様である程度のまとまった資金を得る事が出来たので、
これを元手にAmazon FBAに本格的に取り掛かり、一気に売り上げを伸ばして行きたいと思います!!
 photo 1IMG_2964_zps1b6b75e2.jpg
この3ヶ月間で自分でも信じられないくらいの劇的な変化があり、小さいながらもブレイクスルー出来たと思います。実は大型取引を行う少し前に、友人の勧めで目標である『月収50万』をマジックで大きく紙に書き、パソコン前やテレビの横など目に付く場所に貼りました。
潜在意識に刷りこむそういった方法は、色々な本で読んだ事はあったのですが、実際に試したのは初めてでした。この行動が直接結果に繋がったかどうかは分かりませんが、宣言して発信する事、アウトプットする事の効果は確実にあったものと思われます。

最後になりましたが、今回このような機会を提供して下さった吉田ゆうすけさん、たくさんの刺激をくれたメンバーの皆様、そして最後までお読み頂いた読者様に心より感謝致します。
3ヶ月間、本当にありがとうございました。

山口卓伸

10万円を稼ぐ前に知っておきたいこと

こんにちは。瀬川です。先日、友だちになったロシア人が「君に聞いて欲しいものがあるんだ」とメールを貰いました。そのメールにあったファイルを開けると、なんと尺八の演奏が録音されていました。私は尺八を聴くのは初めてだったのでその演奏に感動しました。外人に日本文化の良さを教えられるなんて・・。海外販売を始めて日々新しいことに気づかされる毎日です。

■最初に

さて、今回は最後の投稿ということで現実的なお話をしたいと思います。
私がこのプロジェクトを始めた3ヶ月前の収入はeBayでは殆どありませんでした。
しかし、初月から利益10万円を達成し、今月には30万円に達しようとしています。その中で稼ぎ出さなきゃ分からなかったことをお話していきます。
是非、参考にしてください。

■作業時間

海外販売を副業でしている方も多いと思います。副業は専業と違って時間の余裕がありません。ただでさえ最初は「作業量=収入」の公式が当てはまるほど作業がメインになってきます。毎日時間との戦いです。
最初は睡眠時間を削るしか無いと考えていました。睡眠時間を出来るだけ削れば1日の作業量が増えると思っていました。しかし実際やってみると、寝不足で頭が働かず効率が悪いことに気が付きました。
睡眠時間を削るより、他で時間を作るようにしました。例えばテレビを見ないとか、残業を減らすとか。自分にあった時間確保の方法を見つけ出すようにしましょう。
でも、リサーチにのめり込んで気がついたら夜中の3時だったなんてこともよくありました(笑)

売上が増えてくるとほぼ毎日注文があります。そして毎日のように荷物が届き、梱包をします。リサーチや出品は売上に直結するのでやりがいがありますが、梱包、発送作業は飽きます(笑)
数が多くなってくるとそれだけで一日が終わります。出来るだけ家族に手伝ってもらいましょう。
私は妻に梱包を全面的に任せています。それでも手がまわらない時は近くに住んでいる母に連絡をして手伝って貰います。外注もゆくゆくは考えていかなきゃいけませんが、まずはお金のかからない家族にお願いするのが一番いいと思います。母にはお昼ごはんで勘弁してもらっています。それでも喜んでやってくれています。

■資金

海外販売の利益率は約30%と言われています。ということは、月10万円を稼ごうとしたら約34万円の売上が必要になります。その中で大体、仕入値が15~17万。その他は送料が5~7万円くらいかかります。

10万円(利益)=34万円(売上)-17万円(仕入れ)-7万円(送料)

まずは仕入れですが、ほとんどの人はクレジットカードで決算していると思います。私も、もちろんそうです。
例えばクレジットカードの限度額が30万円だったとすると、「仕入れで17万円使っても、あと13万円あるからいいや!」と思いがちです。しかし、クレジットカードの限度額が30万円だと初月はいいとしても2ヶ月目からの途中からカードが使えなくなるかもしれません。
これはカードの明細などを見ると分かるのですが、カードの支払は大体、翌月です。ということは翌月の支払いが終わるまで、カード残高が30万円マックスじゃないと言うことです。
支払いが17万円だとするとその支払が終わるまで、残り13万円で仕入れをしなきゃいけないということです。順調に売上を伸ばしていく過程で、これでは心細いですね。
そこで、出来るだけ早い時期にカードの限度枠を広げるか、カードの枚数を増やしていきましょう。これは手続きに時間が掛かるので、海外販売を本気でするなら早いうちに用意しておいたほうがいいでしょう。

そして、なにより現金が必要なのが、送料です。郵便局はカードで配送料が払えないのでいつも現金で支払いです。これが地味にきつい。
お金はあるんですよ。売上がPaypalに。
でも、それを銀行に振り込んで引き出すには時間が掛かりますし、手数料が掛かります。
出来るだけ現金を用意しておきましょう。
1ヶ月たてば利益を送料に当てることが出来るのでいいのですが、最初の1ヶ月はなんとか乗り切るしかないです。
そして、時期を見て郵便局と料金後納契約を結びましょう。この料金後納契約は送料を後払いにしてもらえる契約なので売上が手元にきてから払えます。資金繰りが楽になりますし割引の対象にもなるので是非活用してくださいね。
詳しくはこちら。
www.post.japanpost.jp/fee/how_to_pay/deferred_pay/…

■トラブル

取引数が増えてくると必ず何かのトラブルに巻き込まれます。仕入れる商品が売り切れていたり、商品の到着が思ったより遅かったり、「売れた!」と思ったらeBayから「このバイヤーに商品を送らないでください」ってメールが来たり、商品不着が2件連続で来たり・・・。
この3ヶ月で色々ありました。でも、解決出来なかったトラブルはありませんでした。なんとかなりました(笑)
どうしても解決出来ないトラブルはエグゼクティブクラブのサポートメンバーにメールしたら速攻で解決しました。本当に心強いですね。

■家族や友人、恋人の理解

副業をするということは家族や友人、恋人と過ごす時間も犠牲にしてやらなければいけない時もあります。あなたが副業をすることで犠牲になる人に理解を求めましょう。
私の場合は妻でした。本格的に副業を始めることを理解してもらうために、かなり話し合いを持ちました。そして期間を設けることで妻に安心してもらい、自分を追い込むことにしました。
「3ヶ月必死にやって、結果が出なければ辞める。でも、その3ヶ月は出来るだけ副業に時間を割きたい」このことを条件に納得してもらいました。妻にしてみれば「夫があやしいことに手を出し始めた」と不安になるのは当たり前です。しっかりと話し合いましょう。
でも、一番は結果を出すことです。結果を出すことが理解してもらうことの一番の近道です。
副業をすることで犠牲になる人とは、あなたが副業で成功するとその恩恵を受ける人でもありますよね?例えば妻や家族なら収入が増えるから恩恵を受けるのは分かりやすいですし、恋人ならプレゼントが増えたり高額になったりします。友達なら奢ってもらえたりいいマインドが共有できて友達もレベルアップできます。
しっかりと理解してもらいましょう。

■まとめ

海外販売は副業と言えどもビジネスです。しっかりと対策を練って挑みましょう。
そして、海外販売はとても楽しいし、やりがいもあります。やればやるほど売上が上がりますし、海外に友達も増えます。
まだ稼げてない方は、まず利益10万円を狙って行きましょう!
私にも出来ました。あなたならもっと早くスムーズに出来るはずです。
頑張って行きましょう!

■3ヶ月のまとめ

この3ヶ月は私にとって非常に苦しく楽しい3ヶ月でした。
「3ヶ月で人生を変えられるか?」
私は変えられたと思います。もちろん良い方に。
私のようなスロースターターが言うのもなんですが、始めるのに遅いことは無いと思います。2014年もこのまま突っ走って行きたいと思います。今は、この走っている感覚が楽しいですしワクワクが止まらないです。
次にお会いする時は、もっともっと成長している私をお見せできればと思っています。
みなさま。3ヶ月間お付き合いありがとうございました。

この体験を生かして次へ進みます!

こんにちは。原早苗です。
私も最後の投稿になりました。

あっという間の3か月でした。
経験を重ねて参加されている方が多い中、私はまだ一品も売れていない初心者での参加で何が出来るのか!?という葛藤の中ので、途中吉田さんに助けられながらも、なんとか最終回を迎えることができました。

数字的には納得いく数字には達することが出来ませんでしたが、一時期クロスボ-ダーリミットという制限で止まってしまった時期もありながらも、プロジェクトに入る前は全く売ることが出来なかった私が、他の方々に比べスローペースではありますが、ここまで進めたのは嬉しい進歩で、これから飛躍するための大きな第一歩だと思ってます。また、文章を書くことはどちらかというと苦手で、こんなにも追い込まれて何度も書き続けたことは生まれて初めての体験でした(笑)

が、吉田さんを始め、他のメンバーの方々の素晴らしい体験を目の当たりにして、素晴らしい実績を出されている方々を目の当たりにするのはとても刺激になりました。そしてプロジェクトに参加する前も今も個人輸出で目標を達成する!という気持ちは変わりません。
これからAmazonも始めます。そしてブログも。

まだまだ課題はたくさんの私ですが、これからこの貴重な体験をバネに来年は大きく飛躍する年にします。

短い期間でしたが、吉田さんをはじめ、皆様ありがとうございました!

目標計画233%達成!Amazon輸出でサラリーマン収入を超える日

おはようございます!村上ショーゴ@元ゲームプロデューサーです。

ここでの投稿も今回で最後となりました。

Amazon輸出って儲かるの?
と聞かれる読者の皆様へ。

はっきりはいいたくないのですが、読んでくださっている読者の皆様のために言います。

一言、「儲かります。」

私は8月26日に全ての登録が終わり、このAmazon輸出をスタートしました。

この4ヶ月で、私は

月商230万円
月収70万円(月利)

という数値を達成しました。

証拠がこちらですね。(104円で計算しています)

このプロジェクトの初期に設定しました計画が月収30万円でしたので、計画対比でいうと、現時点で233%を達成。

7daysの売上が7,566ドル。月30,000ドルのポテンシャルを秘めています。

そして、サラリーマン時の収入を超える事ができました。

サラリーマンの時は手取りでやはり同じ額をもらっていたので、この金額にやっと追いつく事が出来ました。

開始して4ヶ月でこの数字。

頑張ったなーとも思うのですが、自分を褒めて満足するよりも、同時に、まだまだ!という気持ちの方が強いですね。

まだあと1週間ありますので、最後まで走り抜きたいと思います。

前回の課題は

①業務効率化
②業務の拡大

の2つでした。

4ヶ月やり、自分なりの勝ちパターンを見つけて今に至りますが、その方法を転換するタイミングが来ていると思っています。

①業務効率化

まず①の業務効率化ですが、こちらは仕事の8割を梱包にとられ、私、妻の2人のマンパワーに任せて仕事をしていましたが、限界が見えてきました。

こちら自分で行っていたラベル貼り、それから梱包は全て外部のサービスを使い、自分でやる事を極力省力化しようと考えています。

私は物をリサーチして買うだけ。

それをシンプルに行い売上を上げる事でその費用をひたすらカバーしていこうと考えています。

そして、更なる仕組みを考えていく。作業をするのではなく、頭を使う。

そちらの方向性へシフトしていこうと考えています。

②業務拡大

こちらについては、アメリカでの物販を伸ばそうと仕入れ量も増やしてきました。

私はFBAでやっていますので、仕入れをすればするほど売上も伸びていくシンプルなビジネスです。

まだ次の目標を決めかねていますが、12月末でしめた段階での売上をみて、自分のビジネスを振り返り、どこを目標にするかを考えたいと思います。

月商500ドルくらいかとも考えていますが、この世界、月商500ドルより上の売上を上げている方も本当に多いので自分の限界をさらに引き上げる事ができますね。目標数値は大事なのでこの数値はじっくり考えて決めたいと思います。

今後の展開。そして伝説へ。

今後は、今の実績をさらにあげるべく下記の事に挑戦。

①アメリカでの売上をさらに伸ばす!
②成功した商品でカナダ、ヨーロッパへ展開。利益を手堅く積み上げていく。
③販売チャンネルを広げるべくebayを展開
④ネットショップでアジア、中東を含めた世界中へ展開
⑤情報発信をしてAmazon輸出、海外貿易の楽しさを伝える。

これらを短いスパンで試していきたいと思います。

また自分のブログやメルマガなどで情報発信をさせていただきます。
村上ショーゴの名前を見かけたら是非読んでみてください。

今までお読み頂きありがとうございました。

そしてこうした機会を与えて頂いた吉田さんに感謝致します。ありがとうございました!

それでは!またお会いしましょう!

海外販売 月利300万達成 (ほぼamazon輸出)でみえてきたもの


こんにちは 奥です。
今回のプロジェクト最後の投稿です。
プロジェクト開始時に吉田さんと目標設定をし、300万円の月利を設定しました。

そして、今週達成しましたーー
イェィーーーー
がんばったよ、俺
というか、めっちゃスタッフが頑張ってくれました。

カンファレンスの準備のなかで、
大変ではありましたが限界の限界を超えてやりきった感満載です。
多分、人生の中で一番仕事した。

繁忙期は業務を見直すチャンス


超忙しいと不思議なことにパソコンって壊れるんですね。
PC2台が連続で壊れ、事務所のネットワークの不調も起こりました。

梱包担当のスタッフがカッターで手を切ったりと、ミスも多くなったりとしました。

普段の業務だとごまかせることができる仕事のフローの弱点が繁忙期には露呈するんですね。

時間のロスが多い作業も色々見えてきました。
機械にできることは機械に任せないとダメと痛感しました。
そうでないと寝れない。。。。

具体的な改善点

●発送伝票の作成
この作業は生産性が少ないのに作業時間が多い
これは事前に伝票作成システムを作ったのですが、なかなか機能しなかった。
エンジニアと打ち合わせする時間もなく手作業で乗り切ることになりました。
このシステムを年末年始で完成させることで対応。

●入庫作業
Amazon.co.jpや楽天から仕入れた商品がほぼ毎日100個送られてきます。
この検品作業と顧客がオーダーされた商品とマッチしているかのチェック
これをマンパワーで対応していました。
JANコードの照らし合わせ、型番を目視で確認するんですが、
これも生産性が低いのに避けられない作業

対応策
Asin、JanコードのDBを作成

バーコードリーダーで読み込んだら、
受注画面、受注商品ページ、仕入れ商品ページが出てくるものにする。
このDBで経理計算までできるようにする。
これが出来上がるとebayへも進出じゃ

●価格改定&在庫チェック
価格情報の収集→出品価格の計算→出品データUPロード
この一連の流れが別々のシステムのため、手作業が多い。
時間のロスとミスを誘発しやすい。
めんどくないから頻度も落ちる。
できるだけクリック数を減らすシステムに作り変えていく

●梱包作業
これはホリデーの途中から百貨店で包装作業していた女性を梱包専属としてスカウト
生産性が抜群に上がった。

一人でいろんな作業をするより、作業を細分化して、専門特化させた方が生産性はあがるね。

●その他
社長は実務やるとダメだね。
忙しいから僕も仕入れやらなんやら一緒にやったんですが、足ひっぱりまくりです。
社長がやるとおかしくなりますってスタッフから雰囲気がバリバリです。
少し前まで僕がひとりでやっていた作業なのに、おかしな話だ。

でも本当に頼りになるスタッフに恵まれて本当にありがたいことです。

今後の展開


Amazon輸出って実はゴールではなくて、入口だと思うんですよ。
販売で利益も上げるが、実はリサーチをしている。

僕の場合、価格差のある商品を追いかけていなくて、一定の利益を載せた商品を販売している。
あんまりライバルの価格は気にしていない。
そこで売れた商品は同時に他のプラットホームでも売れる価値はある有益な情報なわけです。

これをebayとネットショップに展開していけるし、問屋やメーカーに大量仕入れの交渉だってできる。
来年はここを展開していく

そしてリアルビジネスも展開していくぞー
ニューヨークに店だすぞー

あとがき

今年はチャレンジの一年でした。
カンファレンスで500名の前で話をしたり、
こうやって不特定多数の人に自分の目標数字を公言して追い込んだり。
挑戦するって本当に怖いけど、本当に生きている実感をしました。

あとね、自分の可能性にブレーキをかけているのは他でもない自分なんですね。
ビジネスってお金儲け以外にも、世界を変えていく面白さがたまんないです。

PS
そうそう、ブログを投稿している本日超大きなミスが発覚し、現在火消しまっただ中です。
これを乗り越えれば年を迎えれる!!

PS2
来年は自分でメルマガ、ブログをはじめます。
カンファレンスでいっしょになった永木くんにも煽られてるし。。。。

PS3
28日に仕事納めです。それから家族で温泉旅行です。
嫁さんには迷惑ばかりかけたんで、ゆっくりしてもらいたい。

PS4
みなさんラストスパートがんばりましょう。
そしてよいお年を

PS5
最後になりましたが、吉田さん
カンファレンスとこの特別プロジェクトに採用して頂き本当にありがとうございます。
応募した動機は今の自分をぶっ壊して次のステージに挑戦していくためでした。
わずか数ヶ月ですが、大きく成長できた実感があります。
本当にチャンスを頂きありがとうございます。

より大きな目標を公言し、追い込んで、やりぬく。
そんな吉田さんの生き様を近くで拝見し、とても刺激的でした。

その生き方も中毒のようにやめられないのもわかる気がします(笑)
そしてそれは伝染するんですね。
本当にありがとうございました。

アマゾン輸出・初心者は無在庫販売 or FBA販売?

FBAやるなら今でしょ!

みなさん、こんにちは!
いよいよ今回が最後の投稿となりました、オーストラリアから投稿させて頂いているフォルコリン香代です。
もうすぐ10カ月になる娘に片腕を噛まれながらも、右腕は商品検索をするという、正に出品中毒になっているこの頃です。
こんな中毒になるのも、Nijuyonツールを使って出品できているおかげなのですが、まだまだ実践中の育児専業主婦、海外販売初心者です。

ところで、冒頭の写真はどこの写真だと思いますか? 
中国のどこかで見るような卸市場にも見えるし、どこかの国のマーケット・・・?と多国籍な感じがしませんか? 

場所は、シドニーのチャイナタウンにある有名なPaddy’s marketというマーケット。この写真をお見せしたかったのにはワケがあります。
このようなマーケットに行かれたことのある方ならわかると思いますが、食料品から衣料品、機械類、なんだって売っているマーケットです。いわば、何でも屋が凝縮された場所。そのためか、毎度このマーケットに足を運ぶたびに、ちょっとしたヒントをもらうことができます。

― お店の種類
― お客さんの客層(年代、性別、国籍まで)
― 商品の値段、種類(流行りのものから、伝統的なもの、定番品まで)
― どういう時にお客さんが多いのか(今はクリスマス前なので連日人ごみ等・・)

そう、ここで、マーケットリサーチの縮小版ができちゃうんですね。狭い区画の中に並べられている商品は、お客さんの買い物履歴から出来上がった需要の高い物ばかり。
お店の前面に掲げられていたら売れる商品もしくはどんどん売って消化したい商品。これって、アパレルの服屋でも同じような陳列方法ですね。

私もまだまだ初心者の視点から分析してみたり、学んでいますが、もしもあなたがどうやってリサーチをしたらいいかわからない!と思っていたら、是非、自分と同じようなことをしている方々を見てみてください。もしかしたら、そこから何を出品してみたら売れるかも!というアイディアがもらえるかもしれませんね。

さて、このプロジェクトメンバーの中では誰よりもド素人で、誰よりも売上がなかった私です。
Amazon輸出、eBay輸出初心者の4か月間の歩みをここで振り返ってみたいと思います。

8月中旬 eBay出品開始。
9月下旬 エグゼクティブクラブ入会。
10月中旬 プロジェクトメンバーの一員として記事を投稿。
10月下旬 Amazon Seller accountを作成(USA-大口出品契約)
11月1日 eBay、リミットアップ交渉成立(10品$500から100品$2500)
11月5日 Amazon初出品開始。
11月中旬 初のAmazon売上。
12月3日 2回目のAmazon売上。

【失敗談】
スタートからの4か月間、育児の合間を使ってAmazon輸出とeBay輸出の両立を試みました。単刀直入に言うと、両立はまだ早い、です。

一日に費やせる時間の量と必要な作業量を増やしたくて、モチベーションが高いうちに睡眠時間を大幅に削っていたのです。すると4か月後には作業が無理な状態が続き、大幅に軌道修正が必要に。その後ツールを使っての出品に大いに助けられたものの、まだまだ売上は伸び悩んでいる状態。初のアマゾン出品から一か月半経過した今でもまだ2回のみの売上です。

3週間に1回の売上だけではツール使用料1か月分でチャラです。収入に対し、まだまだ出費の方が上の状態。 
その分の出費をeBayから稼ぎたくても、売れるのはメーカーから直接安く仕入れた商品よりも不用品。売上は大した足しにはならない程度なので出品作業に時間を取られる方がもったいなくなり、Amazonへの出品作業時間に充てることに。
両立をするには、どちらとも基礎固めがまだまだでした。

この経験から、Amazon輸出でもeBay輸出でも、最初は一本に絞って、集中して時間を注ぎ込むことをオススメします。私の場合は、しばらくAmazon輸出へ集中することを決めました。なぜなら、出品作業が本当に簡単だからなんです。eBayへの出品作業もツールで出来ますが、それでもAmazonの出品所要時間に比べてしまうと大幅に違います。

もしもあなたがAmazonとeBayのどちらかをやろうかと悩んでいるなら、Amazon輸出をトライしてみてはいかがでしょうか。出品の簡単さに驚くとともに、これなら育児をしていようと何をしていようと在宅ビジネスを副業としても始められる、と思うに違いないと思います。

Amazon輸出初心者が無在庫販売で勝つためには

 
そのAmazon輸出でこの一か月半、在庫を持つと言うリスクが欲しくない、資金がない初心者の私は無在庫販売のみに集中して出品を行ってきました。

リサーチが大事、とにかく大事!と思ってひたすらリサ―チに時間をかけた結果、ん?何かやり方を間違っているかも?これでは負け戦になるかも?と感じたことが多々ありました。それは、、、

●価格差を見つけようと、とにかくアマゾン内を徘徊していたけれど、リサーチに時間をかけすぎるよりも出品数の増加に力を入れた方が良いだろうこと。

●出品数が多く、評価も高い、送料無料設定ができているセラーは自分のような一般人ではなく、法人の可能性が高いこと。そういう人たちの値段と競い合うべきではないこと。

私のように、初心者が無在庫販売を実践していくと、どうしても自分では赤字になってしまう計算の商品があります。もちろん、自分よりも安値で提供している方々の商品が売れてしまえば、次は自分の番が回ってくるかもしれないのですが、出品数を膨大に上げない限り、数か月待っても売れないだろうことに気が付きました。売れたとしても他のセラーさんに勝つために利益が極小で、結果お金だけを回していることに。。

最初は評価欲しさにとにかく売れれば利益は少なくてもいい、と考えるのですが、私のように2件売れても一件もレビューをもらえていないケースもあります。(ガックリ・・)

すぐにでも売り上げが欲しいと思うよりも、初心者である私は、『売れ続けるためには何をしたらいいのか』を突き詰めることが大事だと気が付きました。

じゃぁ、初心者が無在庫販売で売れ続けるにはどうすればいいのか?

●送料の部分をどうにか安くする。
●直接仕入れられる相手を見つけて、注文後の発注ができるようにする。
●マニア向けに売れるよう、手に入れにくいレアな物を提供するようにする。(これを見つけるのが一番難しいところですが、好きなものが一つでもあればできるかも?!)
●出品数をとにかく、とにかく増やす!(薄利多売の確率高し&一気に出品してしまうとAmazonにアカウントチェックに遭うので段階を踏んで出品すべきですが)

“送料の部分をどうにか安くする。”

初心者の一般のセラーである自分の場合、SAL便を使うしかないです。 
これまでAmazonでの買い物経験では一度もSAL便での配達を受けたことはないのですが、最安値で提供したい場合、やはりこのような配達方法で提供するのも方法です。
ただし、SAL便での最安値提供はあまりにもリスクが高いように感じます。なぜなら、トラッキング機能がなく、初心者にとっては商品が届くスピードが最初は命なので危険なのです。そうするとやはりお客様からのフィードバックに傷がついてしまい、その後に不利になります。

Amazonのセラーセントラルの中に、パフォーマンス目標というのがあります。
すべてのセラーが↓のパフォーマンス目標をきっちりと満たさないといけないのです。
そのため、発送が遅い、商品に万が一のことがあって届かないなんていうのはもってのほか。

上記の比率は注文に対しての比率となるので、注文件数が少ない場合は高比率となります。例えば、もし運悪く注文が1件しかなく、その商品がクレームや遅延になった場合は比率が100%という事になるので、私のように無在庫販売で駆け出しの初心者が、価格で競争しようとしてSAL便や船便でのオファーをしてしまうと、万が一運が悪くそのケースに当てはまってしまうとその後に傷がつくんですね。これには気をつけないといけないです。
間違いなく、アカウントの健全化を保ってこそ、長く長く売れ続けていくセラーになる。そう思います。

最後はやっぱりFBA(在庫を持つ売り方)

無在庫販売で売れると分かった商品は、やはりFBAに切り替えて在庫を持って売っていく方向にしたいです。なぜなら、やはりFBAの出品オファーと無在庫では明らかなメリットの違いがあるからなんです。すでに出品してある商品を見れば、人気商品はほとんどの商品がFBAによって売られているのがわかります。しかも、FBA出品しているセラーさんは売っている実績もあり、評価も高い人が多い。

例えばこの商品。
ホリディシーズンには制限のあるおもちゃ&ゲームのカテゴリーです。

101人ものセラーが出品していますね。
そして一番下の赤い部分は楽天だと1,980円で購入できることを示しています。

その商品の最安値がAmazon.comでは$47.75(Free Shipping)です。初出品者が提供しています。ただし、FBAではありません。
二番目に安いのを提供しているのもFBA出品ではない人。ただし、クリスマスデリバリーは保証しません、と書いてあります。
その後のセラーはみんなFBA。合計金額もほとんど変わりません。

だとすると、自分が消費者であれば、デリバリーの時間の保証もなく、評価がゼロや少ない人から買うよりはプライム配達により迅速な配達が受けられ、且つ評価実績のあるセラーから買って安心したいと思うはずです。

この商品の最安値からオファーしているセラーさんはJust launchedの初心者さんの可能性があります(もしくは法人でかなり安く仕入れられ、新しくセラー登録した方か)。この商品が売れるには、101人のセラーさんが競い合っているわけですから、なるべくFBAに乗っかって出品しないと、商品が売れるのは何か月後、1年後、、、と果てしないことになりそうです。

私自身、FBA出品したいと考えながらも結局前回の記事投稿から2週間経った今でも商品選定がうまくできず、まだ躊躇している段階です。ですが、失敗を恐れてばかりでは何も得ることはないので、新年と共に挑戦をしたいと思っています。
最初は数万円分、利益が少なくても売れそうな商品を仕入れてみて、FBAで出品してみる。2014年は確実に投資をするという覚悟で挑戦します。

最後に

プロジェクトメンバーに選んで頂いてこの場に記事を書かせて頂いたおかげで、短い間ですがたくさんのことを学びました。
売上目標や結果にはまだまだ到達できていない分、達成できなかった悔しさはあります。ですが、この場に属することがなければ自分で自分の背中を押して毎日毎日寝る間を削って出品作業をすることなどできなかったはずです。
それだけでも、ネットビジネスをやるにあたり、仲間が必要というのは本当なんだなと実感をしました。
吉田師匠の言葉は時には考えの甘い自分には痛く突くときもあり、時にはヒントの欠片だけを置いて行って後は自分で考えるように、自分で行動できるように導いてくれるものでした。きっと、ここで記事を読んでいるあなたも同じようなことを感じているかもしれませんね。
2014年は無在庫販売からFBA販売まで突き詰めて、大いに飛躍する年にしたいと思います。是非、海外販売を始めると言う方は一緒に頂点を目指しましょう!
『やるなら今でしょ!』
この言葉が流行語大賞を取ったのには本当に意味があるのです!やってみよう、と思ったのなら今こそがやる時なのです。
みなさん、これまでの投稿にお付き合い頂き、誠にありがとうございました!来年も一年、良き一年になりますように!