開始3ヶ月で7000万円稼いだ無在庫ネットショップの成功事例を紹介

ネットビジネス新潮流シリーズ企画、
めちゃくちゃ面白いので是非見てください。

今回は無在庫のネットショップで、しかも商品数はたった1つ、
さらにたった3ヶ月で7214万9493円も稼いだ方法をお伝えします!
youtu.be/6qinDofBNmA…

しかも、これだけの売上を叩き出したのが、
若干21歳の若者だというのが驚きなのと、更に1人ビジネスだということ。

そして驚きの戦略と、シンプルながら
細かいところまで練り込まれているショップの中身。
集客はどうしているのか等、見どころが満載です!

この動画は絶対に見逃さないでください。
youtu.be/6qinDofBNmA…

動画を本日削除します

昨日の動画は見ていただけましたか?

海外で今流行中のドロップシッピングとは?
日本との違いを徹底解説します
youtu.be/O2XRkRZh0cE…

実はこの動画、このあと「削除」します。

以前もお話ししましたが、
11月は断捨離、12月リサーチ、1月仕入れで
春先に爆発という目標を私自身が課しています。

11月の整理が早めについたので、
早めにリサーチに着手しているというワケです。

さて、私はリサーチをどうやってやってるのか。
正直、私自身の新規事業は久しぶりに行うので、
腕がなまってないか心配ですが、
まあ時間をかければなんとかなるはず。
(私が本気を出して稼げなかったことはありません)

リサーチはこの10年、変わっていません。
まずは徹底した業界研究です。

元々は海外販売で大きく成功した経験が
大きいのですが、最初のリサーチの段階では
特に制限は設けません。

儲かるものだったら何でも調べてみて、
自分に合いそうなものを選びます。

選ぶためにはまず母数を増やさないといけないので、
どんどん調べて、深堀りしたり横展開したりと
思考回路を柔軟に広げていきます。

やり方は2つあって、
1つ目はインフルエンサーの動向を探ること。
2つ目は伸びているトレンドに着目することです。

以前と違うところは、今回は
海外の成功事例をどんどん収集できるところです。

英語勉強してて一番やりたくなかったのが
I play tennisとか使うアテのない単語の勉強とか、
映画とか歌詞とかで英語に慣れるということ。

好きな人はもちろんそれでいいんだけど、
私はビジネスが好きだし。

ってことで、この2年間はプログラミングと
ネットビジネスの成功事例をひたすら英語で
だらだらと流し見していました。

で、今回は本格的にビジネスを始めるにあたって、
あなたにシェアをする目的で、自分自身が情報を整理しながら
特に英語を使って情報収集しようと考えたワケです。

私に合わなかったものが、あなたに刺さるかもしれない。
ここしばらくは、選択肢を限りなく多く広げます。

いずれにせよ、世界の成功事例は星の数ほどあるので、
本気でアウトプットしていくつもりです。

ただし、、明日の動画もそうだけど、
ホントに出したくないような情報ばかりなので、
長いこと公開状態にしておくつもりはありません。

特に明日の動画は本当に内容が濃いです。
そして、今回の動画をしっかり見ておかないと、
内容が頭に入ってこないかもしれません。

是非、最初の動画を見てから、
明日の動画も見てくださいね。
youtu.be/O2XRkRZh0cE…

2本目の動画をアップする時に今回の動画は削除します。

新企画始動!世界の最先端事例をコッソリ教えます

さて、色々と落ち着いてきたので、
新企画を始動します!

今回からシリーズ企画、
ネットビジネス新潮流ということで、
まだ世の中で知られていない、最先端の事例や
情報を、私の独自視点で動画で解説をします。

しばらく英語とプログラミングの勉強を中心に
行っていたので海外の情報も収集しています。

その中でもよく登場していたのが、
ドロップシッピングという手法。

日本ではドロップシッピングと言うと、
もしもドロップシッピングに登録して
ネットショップ作って売るというイメージですが、
海外では全く違う使われ方をしています。

また、多くの成功者が出ているのも特徴の1つ。

こういった国内外の最先端事例を研究して、
あなたの物販に活かしてください。

解説は動画をご覧ください。
youtu.be/O2XRkRZh0cE…

まずはリサーチから。
どんどんアウトプットしていきます!

ビジネスは三方よしでなければならない

ここ数日は生活リズムがムッチャクチャ。
今朝は12時間寝て昼に起きたし、
現在日付をまたいで夜中の0時過ぎ。

スケジュールもへったくりもない。
今まで積み重ねてきた習慣が水の泡。

最後の仕組み作りをしています。

簡単にできると思って始めたビジネスが、
あれ実は結構面倒くさいし全然稼げない。
「こんなはずじゃなかった」と思った人も多いでしょう。

つまりは考えが甘かったり、
詰めが甘いのが原因です。

面白そうだから、とか、
とりあえずやってみようだと、
始めた後で引き返すのが難しくなるのを
よく知っているので、今までより
トコトン考え抜いて仕組みを作ります。

ところが、出てくるのは過去の失敗経験ばかり。
どこをどう想定しても、失敗した時のことが
頭をよぎるので、始める前から八方塞がり。

こうやったとしたら、結果はこうなる。
ああやっても、結果はこうなる。
どこをどう考えても途中で詰んでしまうのです。

起業してからずっと、こんなことばっかりだけど、
経験があるだけに今回はことさらにキツいかも。

それで世の中の賢人達の本を読もうと、
論語と算盤を読んでみたり
amzn.to/2CRFifE…

孫子の兵法書を読んでみたり
amzn.to/2XtNLze…

してるのだけれども、示唆に富みすぎてて
頭が混乱しっぱなし。

孫子なら戦わずして勝つ、だとか
渋沢栄一氏の論語と算盤なら、
お金を稼げば良いというものでもないが、
貧乏が良いというワケでもないだとか。

どうもしっくり来ないのです。

ただし、はっきり言って私が会ってきた
尊敬する人たちは全員がこういった考え方。

大体、論語と算盤なんかは本が古すぎて、
自分のことを「余は~」とかいうぐらい大昔の本。

なんだけど、あーあの会長はここを引用してたのかとか
あの社長は絶対これ読んでたなという部分があって、
何かがあるんだろうと頭痛と戦いながら読んでます。

つまりは、ビジネスは三方良しでなければならない。

これは近江商人の言葉で、
売り手によし、買い手によし、世間によし。

短期的に稼ぐだけなら、
全然1つだけでOK。

だけど、売り手も儲かって、お客様も満足して、
世間的にも堂々と誇れる商売なんて、まあ無い。

それでも、その3つの円が交わる部分の、
針の穴に糸を通すような細い細い道を、
妥協しないで通しきらないといけないということ。

特に稼ぐにあたって、世間によしまで成すのは
非常に難しい問題です。

しかし、論語と算盤の渋沢栄一氏は
金銭に溺れるのは卑しいとして道徳教育に偏った
支那の宋という国は潰れちゃったでしょと言ってます。

んでも、自分さえ稼げれば良いという発想ばかりなら、
法律で制御しなけりゃみんな強奪でも
しかねないでしょということも言ってます。

楽して稼げるビジネスはもちろんあるけれど、
大きな声で言えば今は本当に飽和する。

かと言って稼がないでどうやって暮らすんですか?
世の中を良くできるんですか?って話し。

論語と算盤では、
「富みながら、且つ仁義を行い得る例はたくさんある」
と言っています。

あるんだったらもう、とにかく意地でも絶対、
三方よしになるまで考え抜く覚悟です。
どこにあるかを1万回シュミレーションする。

それで例え考えてばかりで行動できなくなっても、
本当に有用だと私が信じることにのみお金を使い、
また稼ぎ方にもこだわりたいなと。

そんなこと、果たして可能なのだろうか。
あると信じれば、あるだろうし、
無いと諦めれば、無いだろう。

ここから、逃げない。

シンガポールAmazonへの出品ってアリ?

我が家は最近、新しくローンチした
Amazon.sgで日用品を買ってます。

日本と違うところはシンガポールはなんでも
携帯で認証するのが当たり前になってるので、
Amazonでサインアップする時にメールアドレスを
登録する場所が一個もなくて、携帯の番号を
入力してSMSで本人確認すること。

日本でもAmazon Flexという
個人事業主が荷物を配達できるようになってて
一部地域では個人で配達を請け負うことができます。
flex.amazon.co.jp/…

割合的には一般の運送会社の方が多くて、
直接受け取るか不在票で再配達っていう
パターンが多いはずですが、シンガポールの場合は
直接配達前に電話が掛かってきて、
「いるなら届けるけど?」みたいに言われます。

とはいえ日用品以外はまだまだ
海外からの配送が多く、過疎ってる感じ。

シンガポールに出品。。
うーん、どうだろねえ。

LAZADAかQoo10を使うことが多いし、
メルカリの海外版ぽいshopeeも使います。
shopee.sg/…

海外でYouTubeを見てると、
シンガポール、タイ、フィリピンでは
必ずCMで流れるのがshoppy。
かなり宣伝広告費掛けてます。

フィリピンに滞在してた時は元ボクサーの
パッキャオがやたら出てました。

その他のアプリ系だとcarousell。
sg.carousell.com…

子供の水泳教室を買ったり、
スタジオをレンタルしたりと、
モノだけじゃなくてサービスも買っています。

シンガポールはなんでも携帯なので、
ローカルの子供は学校を休んだりすると、
なんと政府から親の携帯にSMSで、
「今日は平日なのに休んでるけど大丈夫?」
というメッセージが届くらしいです。

政府から(゜Σ゜)

これは私もびっくりしたけど、
まあなんにせよ、政府の届出関係も
SMSが必須なので、携帯失くすとか
もうホントにありえないので超注意してます。

あとは出前アプリのfoodpandaを
たまに使ってるんですが、最近電動キックボードが
ほぼ禁止になったことを受けて、配達が
めっちゃ遅くなるよという通知が来ました。
www.foodpanda.sg/…

かわいそうに。。

ということで、今日はシンガポール独特の
アプリをご紹介しました。
国が違うと使うアプリも随分変わりますよね。

ちなみに、一番オススメなのが日本人向けの
売ります買います掲示板だったりします。

こちらは駐在の人たちが多くて、
引っ越しも多いので、高級家具を
破格で譲ってくれたりするんですよね。

ありがたやー

今年も残り1ヶ月半。11月は何をするべきか

そろそろ今年も終わり、早い!という
声があちこちで聞かれるようになりました。

まだ1ヶ月半あると考えるか、もう1ヶ月半しかないと
考えるかは人それぞれだけど、翌年に向けた準備を
考える良い時期ではあります。

物販で考えると、もう年末商戦に凸という
タイミングなので今から大掛かりな仕入れはできません。

12月に年末商戦が本格的に到来した後、
1月と2月は消費が冷え込み、春先に向けて
売上が伸びていくのが普通です。

日本は1月28日から1月5日までの9連休、
中国は1月24日から1月30日までの7連休。

そう考えると、仕入れを始めるなら
1月中旬あたりがベターな判断かなと考えます。

そうすると今から2ヶ月後の話しなので、
ダレてしまいがちですが、もちろん今だから
やるべきことがあります。

断捨離ですね。

家の不良品や会社の不良在庫は
この時期に一層してしまえる一番良い
タイミングだと言えるでしょう。

あとは、数字が大きく動きやすいので、
売れる商品をリサーチする時も、
値動きの確認がしやすいです。

ということで、本格的に物販を始めたいなら、
11月は断捨離に当て、
12月はリサーチに当て、
1月は仕入れに当てるといった形で
計画を立てて実行できる人が強いです。

来年はいよいよ2020年。
2020年って統計資料なんかでも
節目としてよく使われていた年です。

ずーっと先のことだと思っていたのに、もう来年。
そろそろ今年も終わり。。早い!

中国最大のセール独身の日が変だった件

11月11日と言えば独身の日。
11回目を迎えた中国の双11が
またまた記録を塗り替えました。

速報を見ると、売上100億元までの
突破時間は去年が2分5秒、今年は
1分36秒で軽々突破。さらに伸びています。

1000億元(1兆6000億円)の突破も
1時間で記録しているので、中国ECの市場規模は
まだまだ成長途上だと言って良いでしょう。

今回私が注目したのは、中国の穏やかさでした。

なんと言っても日本では楽天がようやく2018年の
売上高が昨年1兆円を超えたと発表したばかり。

その楽天の年間売上高をたった1時間で
突破してしまうワケなので、少し前までは
街中が大混乱になっていたワケです。

さらに、街中でも「今年の双11は何買う?」
みたいな話題が結構あって、ちょっと変わった
モバイル機器だとか掃除機だとかを奮発して
購入するとか言った話題がよく出ていました。

ところが今年は記録のワリに、双11の話題は
私が聞かなきゃ出てこないレベルでした。

物流もだいぶと落ち着いたらしく、
大きな混乱は無いだろうということ。

物流のストップは仕入れの計画をする時は
結構大事で、例えば中国の大型連休である
春節や国慶節は7連休なので確実に遅れます。

連休以外だとこの双11も考慮して
おきたいところでしたが、今年はさほど
気にしていないということでした。
(11月11日前の話しなので確実ではないです)

3年前は楽天の年間売上を1日で超える規模だと
書いたのを覚えてるけど、今は1時間で超える規模。

さらに、今回双11が話題になっていないのは、
実は他のプラットフォームの台頭が上げられます。

独身の日は中国の巨大プラットフォーム
Alibabaが企画するイベントなんですが、
もちろん独占企業ではありません。

他にもプラットフォームは存在しています。

今年の注目はマンションや自動車を含めた
高価格帯の商品も売れているということですが、
それ以外にユーザの好みの多様化も挙げられます。

若い人なんかを見てると、既に
別のアプリで買い物してるケースも目立ちました。

あとは久しぶりに会った中国人の女性が、
当時はバリバリ昭和な思考回路を持っていたので、
思わず母親としゃべってるかのような
ノスタルジーを感じたのですが、これも変化がありました。

良い学校を出て、良い就職先を選んで、
一所懸命働いて、家を買う的な
ことを言ってたからですね。

ところが、今回はなんとその下の世代の子が、
平成生まれのゆとり世代的な思考でした。

経済成長が一段落して米国との貿易摩擦もあるし、
仕事よりも自分優先みたいな雰囲気だったからです。

あれっ。たった数年でもう平成!?

以前、オリラジの中田敦彦さんが
YouTubeはテレビの倍速再生みたいなことを
しゃべってましたが、中国でも日本の
倍速再生的な進化を感じました。

中国には日本には無い独特の文化があります。
まず、メンツの国であるということ。

飛行機に乗ったときに
真ん中のシートだったんですが、
ガッツリ両サイドの肘掛けが取られてました。

遠慮とかが無いので、
あー中国だなあという気分になります笑

で、そのままにしとくとホントに肩をすぼめないと
いけないので、しばらくはドカッと座り直して、
肘掛けを奪います。

あとは、やったもん勝ちの文化なのと、
不良品を掴んだとしても、掴ませた方が
賢いという風に捉えられがちで、
不正を止めても、人口が多いので、
後から後から湧いてくるという感じ。

ところが今回「良い品物」を求める人達が
増えてきたという傾向を感じます。

さて、これからは欧米のホリデーシーズン、
日本の年末商戦を含めて、
イベントが目白押しです。

そして来年のオリンピックイヤーに向けて、
ボーナスレベルでガンガンネットの業界は
まだまだ盛り上がっていくでしょう。

いやあ、凄いわ。
年々激しくなる。

中国出張の難易度が劇的に下がった

中国出張する時に一番困るところが、
GoogleやLINE、Facebook等の
私達が日常よく使うアプリが使えないというところ。

移動はGoogleマップ、会話はLINE、
検索はGoogle、動画はYouTube、
メールはGmailをほとんど使っているので、
最初は全部使えないのが悲劇レベルで大変でした。

最初はドコモの携帯をローミングして使ってたんですが、
1ヶ月中国に滞在してた時に10万円以上の
請求が来て涙目。

次に中国のSIMを買ってVPNという
中国の検閲を回避するツールを入れて
ホテルやオフィスはWifiをツール通してたけど、
これも回線を迂回する分、使えるときがあったり
使えない時があったりとストレスが大きかったです。

ただ、最近は香港SIMを買ってローミングする
という手段がかなり使えます。

香港SIMでローミングをすると、中国国内でも
普通にGoogleが使えるようになるんですが、
今は30GBとかの大容量のSIMが売っています。
amzn.to/32ib4wE…

これだと1500円ぐらいで使えてVPNもいらないので
4Gでサクサク繋がってめちゃくちゃ便利です。

日本と同じ環境でネットが使えないのが、
一番のネックだったんですが、これのおかげで
かなり中国出張のハードルが下がりました。

あなたも中国に行く機会があったら
大容量の香港SIMを使うことをオススメします。

これはマジで楽。

Eスクーターが全面禁止

シンガポールに最初に住んでみて感動したのが、
電動キックボード(Eスクーター)の存在でした。

まさしく近未来都市って感じで、
音もなくピューッと進むあのバイクが
すごくカッコよかったんですよね。

Eスクーターってこんなヤツ。
time.com…

あとはラストワンマイルの最終兵器とも呼ばれてた、
シェア自転車の存在。

近くにある自転車をアプリで検索して、
アプリで鍵開けて乗り捨てるっていうサービスで、
最初の頃は超便利と思って何度も乗ってました。

ところが、Eスクーターに関しては
棒っきれみたいな車体でスピード出すのと、
タイヤが小さすぎて滑りまくるので、
すぐに転んで派手に怪我したり。

水溜まりの上を走ったらバッテリーが
やられて壊れたりで何台も買い替えたり。

シェア自転車は、新しい自転車のうちは良かったけど、
だんだん反応が悪かったりタイヤが曲がってたり、
サドルが無かったりする自転車が増えて、
なんとなく使わなくなりました。

そしたら先日政府からお達しがあって、
遂にEスクーターが全面禁止になったとか。
www.lta.gov…

やっぱり事故が多かったみたいですね。
あとは、お弁当の宅配サービスなんかも
シンガポールでは流行ってるんですが、
Eスクーターを使っていたので大打撃。

当面は徒歩圏内のみの配達となりますと
アプリから通知が来て、大変そうだなと・・。

日本はなんで融通利かないんだろうって
当時は思ってたけど、安全基準の厳しい
日本だからこそ、未然に防げたことかもですね。

ちょっと惜しいけど、しょうがない。

あ、ちなみに紹介したリンクは英語の記事ですが、
Google翻訳にかけてみてください。

めっちゃ自然な日本語に変わります。
こういう情報の集め方ができると便利ですよ。
覚えておいてくださいね。

Amazonの秘密のキャンペーンとコッソリ変わったルール変更について

今回はAmazonの出品について色々調べていました。

まずは基本的なおさらいからですが、
Amazonで出品する場合は大口出品と小口出品の
2種類があります。
amzn.to/2NhZnSi…

実はAmazonは出品者を増やすために、
キャンペーンを色々と行っています。

前回は確か大口出品の手数料が
1ヶ月10円とかだったような。

そして今回のプロモーションでは新商品の
FBAを利用した場合の手数料が無料となっています。

具体的には、在庫保管手数料と、
在庫の返送や廃棄手数料が無料。

詳しくはキャンペーンの内容をチェックしてください。
amzn.to/2NhZnSi…

つまり、このことからもAmazonはFBAで
新商品の登録を促したいという意図が見え隠れしますね。

ただ、それと同時にFBAの長期在庫保管手数料も
変更されることになっています。

具体的には在庫パフォーマンスのしきい値が
350から400になります。

在庫パフォーマンス指標はセラーセントラルで
余剰在庫、FBA販売率、有効な出品情報がないFBA在庫、
在庫ありの在庫という4点の指標なんですが、
つまり、売れない在庫を抱えているとパフォーマンスが低下します。

パフォーマンスが低下するとどうなるかというと、
FBAの納品プランの新規作成ができなくなるのと、
パフォーマンスの改善が要求されることになります。

いずれにせよ、不良在庫を抱えたままにしていると、
長期保管手数料等もどんどん高くなっていくので、
(通常時の10倍)早めに処分してしまいましょう。

ちなみに以前、私の会社では自社サイトの運用で、
一定期間過ぎた在庫は廃棄というルールを作って、
システム的にも削除していたのですが、
なぜかバックヤードには無いはずの不良在庫が放置されてたり。

「それを私はもったいない精神のカタマリ」と呼んでました。
不良在庫は倉庫の大きさ分だけ増えます。

片付けてから出すというルールは、
FBAのシステムとしても非常によくできてるなと。

あなたも在庫を整理してから出品する習慣を
しっかりと身につけておいてくださいね。

私はこれで、フェラーリ何台分かの
赤字を出したことがあります苦笑