stickyimage

Menu

Amazon輸出は守り重視が良い理由とは?


yoshidalogo2

「いやあ、絶対守りですねここは。」

無在庫のAmazon輸出でEMS中心で発送してる人が
SALも使いたいと言ったので辞めたほうがいいよと。
Airは当たり前に使うけど。

SAL便っていうのは日本国内と到着国内では船便として扱い、
両国間は航空輸送するので、船便より早く、航空便より
安いサービスのことを指します。

通常だとお届けまで6日~13日程度なんだけど、
災害があったり繁忙期になると倍以上かかることもある。

飛行機も空きスペースを利用して送るので、
到着時期が安定しないのが特徴ですね。
なんも無い時は結構お得感がある配送手段です。

特に火山の噴火や地震や年末時は大きく遅れるんですが、
それでも買う側はそんなこと知ったこっちゃないので
簡単にクレームをつけてきます。

ハインリッヒの法則ってやつで、
いつかリスクは顕在化するってこと。

アカウントが傷みやすいので、
あまりオススメはできないな。

安い値段でバカバカ売るより、
確実に届く配送方法を選択しよう
というお話しでした。

さて別件ですが、
「あなたの売上を6倍にしますよ。」
なんてお話しをいただきました。

6倍というとですね、上場する規模なので
難しい話しは抜きにして、集客の面で
それが可能かどうかという話しを聞いた。

これがまた頭が良くしかも努力家で、
シンプルなマイルストーンを示してくれた。

確かにこの方法なら6倍はムリでも
3倍か4倍は望めるだろうと思いました。

売上を伸ばすことはもちろん、
関わる全ての人のモチベーションが上がるので
しっかり取り組んでいきたい所ではあるのですが、
クリアしなければならないポイントを
私の中で判断材料として持っています。

1つ目は「リピート率(継続率)」
繰り返して売れるもしくは安定して売れてる
期間が長いビジネスほど大きく伸ばしても大丈夫。

ドカンと伸ばしたその後は
数ヶ月のゴタゴタに耐えられさえすれば
そのまま高く飛び続けることができます。

2つ目は「クレーム率」
どんな商品でも100人を100人とも
満足させることはできません。

ゼロにすることは出来ないけれど理想はゼロです。
もし問合せやクレームが全くなければ
売上を6倍にしてもクレームはゼロ。

クレームではないにせよ1日5件の問合せがあるなら、
6倍になったら1日30件の問合せになる。

だからしっかりクレームの「芽」を
潰しておかなければ大きく展開できないということ。

物販してるあなたならよく分かると思いますが、
売上が伸びている間はお金が足りなくなります。

2倍ですらキツいのに、1発で6倍になると
かなりの準備と覚悟が必要なことと、
そこから急下降すると更にしんどい。

だから、関わる人全ての仕事を守るために、
利益を削ってでも安全を優先する。
ここが最近の私のテーマですね。

だからやらないというワケではなくて、
男なら、やらなきゃいけない時がある。

覚悟はあるのか?自分に問いかける。
何度か同じような経験がある。

発射台から垂直に飛び出し、
強烈なGがかかった宇宙船。
大気圏に突入する瞬間は、
ぐっと歯を食いしばる。

ぐっとこらえた先に、宇宙がある。
無重力の世界だ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved