stickyimage

Menu

Amazon輸出で刃を研ぐことの重要性。


おはようございます!

村上ショーゴ@元ゲームプロデューサーです。

さー早速ですが、前回10/31から18日間の売上の変遷はいくらでしょうか?

30days
3933ドル

となりました!

ここ15日間で3037ドル。

今週は日曜日までに4000ドルを目指していたので、あとは今日、明日の販売に期待!というところですね。

いずれにしろ、前回の30days 858ドルを大きく超える事ができました。

さて、前回の課題からの見直しです。

前回は、

①商品ジャンルの拡大
②売れた商品のリピート戦略
③販売された商品の分析
④ネット仕入れ

を課題として、集中的に力を入れようと考えていましたが、そちらの取り組み結果を書いていきたいと思います。

①商品ジャンルの拡大

私の場合はゲームプロデューサーの前は、キャラクター系の玩具メーカーに携わっていたので、玩具、フィギュア、模型などを中心の販売としています。が、私自身ゲームはもちろん大好きですので、商品ジャンルの拡大ということで、ゲームにも手を出し始めました。

まだテスト販売に近いですが、即売れるゲームとそうでなく足が長いゲームがあるということが分かってきました。ゲームの場合は趣味嗜好の世界でつまらないものは全然売れないものなので、玩具やフィギュアと比べても、基本的には、足が早いものを中心に仕入れていくというのが戦略的にあっているなーと感じています。

こうしてジャンルを調べながらテスト販売を繰り返し、一つ一つ商品ジャンルを拡大していくことで自分の武器を手に入れることができるというのが自分の力になり、意義があることだと感じています。

②売れた商品のリピート戦略

売れたものについての商品補充を始めました。商品補充のポイントは、適正補充!ですね。

チャンスロスはもったいないので、確実に在庫にしておかなければなりませんが、あまりつっこみすぎると今度は多すぎるということになります^^;ここの適正値をまだつかみあぐねているところです。

また、この補充は、FBA倉庫に納品されるスピードともリンクします。私は2週間、場合によってはもっとかかっているので、この発送が課題ですね。この期間をぎゅっと縮めることでチャンスロスを減らす事ができます。とくにもうすぐホリデーシーズンですからね〜。この発送をどうするか次の課題となります。「発送力」。高めたいですね。

③販売された商品の分析

販売された商品分析。販売前、販売後のランキングから分析してみましたが、結論は、「分からない」というのが結論です(苦笑)もちろん、Toys&Gamesカテゴリーですと、100万位代は一ヶ月くらいの販売期間だと、しーーーーーんと沈黙を保ち全く売れる気配がありませんが、4〜50万代ですと売れたら、8万位とか9万位くらいに突如踊りだします。

よって、何位の商品を買えばいいかというのは無いと思っています。ざっくりですが、私は、50万位以内だったら関係なく買っています。利益率が高く、まいうー(古!)な商材は100万位でも買っています。つまり、ざっくりとはランキングを確認しますが、あまりランキングを気にするのはやめようと思った次第です。ここは断捨離。いらないものを捨て、必要なものに集中していきたいと思います。

④ネット仕入れ

こちらが奥深いですね。私はヤフオク仕入れをスタートしました。前回も書きましたが、私は店頭、問屋仕入れ派だったので、ネットでの仕入れがヘタクソだったのですが、だんだんとコツをつかんできました。特にヤフオクは店頭をしのぐ安さで手に入れる事ができます。

ただ、こちらは初心者のときだったらダメだったろーなーと思います。なぜなら調べるべきキーワードが分からず、何を調べて、どのくらいの価格で落とせばいいかが分からないからです。これは力をつけながら調べていくということが大事だろうなーと思います。

まとめ

以上、4つですが、まとめてしまうと、「力をつける」ということが大事だということです。

有名な書籍、「7つの習慣」ですと、第7の習慣「刃を研ぐ」にあたります。私も開始したほんの2ヶ月前だったら、「いい商材なんかねーよー」とふてくされてましたし、最近も「もう店頭で買うものなんかねーよーどーしよー」となっていましたが、こうして、仕入れ力が高まると自然と買うものが目に入りますし、次のステップへいけるものだなーと感じています。なので読んでくださっているみなさんも力はついていくものですし、自然と次のステップへ次のステップへ行けるものですから、継続して共に頑張っていきましょうね。

映画マトリックスでも言っていました。

Trinity:”What is he(Neo) doing?”
Morpheus:”He starts to believe himself.”
トリニティ「(ネオは)何をしているの?」
モーフィアス「自らを信じ始めたんだ」

次回への課題

①発送力を高める。
②梱包時間の短縮をはかる。
③ネット仕入れ効率を高める。
④自らを信じ始める(笑)

11/15の貞義さんの記事を読んで無在庫も気になっている村上ショーゴでした。

さーこの次もハイスコア目指して、サービスサービスぅ!


6年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved