stickyimage

Menu

たった1万円でオリジナル商品を作って世界に売る方法


先日は日本の小さなネットショップから始まって、
ニューヨークのド真ん中にお店を構えるまでになった
人との成功と失敗体験を聞いてきました。

やっぱりビジネスのタイミングって
非常に大事だなとは感じますね。

ライバルがいない状態から始めて、
良い商品を作ると売上が上抜けします。

その人の場合は店舗兼アトリエという形で、
商品在庫場所をそのまま一等地に置いたことで、
ネットだけでなくリアルの集客も成功してました。

その場所に行けば「そこにある」という
存在感が大事だということで、店舗を
構えるべきだという言葉が何度も出てきましたね。

ニューヨークにお店を出した時は
出店費用が3000万円だったとか。

一等地にお店を構えて求人募集を出すと、
優秀な人が集まってきてくれて、
集客のアイディア等も次々と打ち出してくれて
すぐに軌道に乗ったと教えてくれました。

当時はかなりお金がかかったように感じますが、
いまではもっと小予算、小ロットでモノ作りができます。

あなたがモノ作りをしたいと考えたなら、
まず、何を売るかを決めるべきです。

そのためには2つのことを意識しましょう。
1.あなたの痒い所に手が届く商品
2.それを作ることで、生活や仕事が良くなる商品

例えばあなたが「ノート」を
売りたいとします。
ちょっとこだわった感じの商品です。

まずは既存の商品がどのように
売られているかをリサーチします。

まずはアマゾンで探してみましょう。
私は海外向けに売りたいので、アメリカを検索します。

ノートブックで25ドルから
50ドルぐらいの品物一覧がコレ。
goo.gl/Xufrft…

そこから商品を並び替えたりして
面白そうな商品があるかどうかをチェックします。

で、次はAlibabaのサイトでサプライヤーが
同様の商品を取り扱ってないかをチェックします。
goo.gl/CNyVnN…

ユニークな品物がいっぱいありますよね。
しかも価格はかなり安いです。

初心者の人は中国語が話せなくても
こうやってリサーチして販売することが出来ます。

ただ、中国の商品の品質はばらつきが多いので、
レビューをしっかり確認しておくと良いですね。

今ではオリジナル商品が世界中で作れて
しかも数万円で数十個単位で発注できるし、
どこの国でも売ることができるので、
ホントに便利な時代だなあと感じてます。

私の会社でもオリジナル商品を
開発して作ってるんですが、
在庫切れさせないことに必死なので、
やっぱり売れますね~。

ということもあって、日本人の私がアメリカ人と
中国人とフィリピン人と展示会場でミーティング、
みたいなことも考えて、やっぱり英語力は
磨こうと考えてる次第です、はい。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved