stickyimage

Menu

Amazon輸出をキャッシュフローで考える


ここしばらくずっと原稿の見直しを行ってました。
以前出版したAmazon輸出の本が増刷になるからです。

差し替え原稿を用意するために、
もう一度本読みからスタート。
うーんもう何百回読んだだろうか。

出版から1年ほど経ち、手直しもたくさん入りました。
ただ、基本のコンセプトは変わりません。

Amazon輸出は相変わらず稼げます。
特にAmazon輸出は資金力がある方が有利なので、
最近はどんどんFBAに資金を投入しています。

無在庫販売と比べて在庫を抱えて販売する場合は
キャッシュフローの概念が必要になってきます。

無在庫の場合は基本、売れてから仕入れるので
入金が先、仕入れが後になります。

なので、長い間キャッシュフローは意識してきませんでした。

ところが、FBAに商品を納品した場合、
先に仕入れが発生するのとAmazonからの入金は
2週間後になるということや、
売れるまでFBAで現金化を待っている商品も出てきます。

利益計算はどのようにすれば
良いでしょうかという質問を受けました。

私の会社は無借金経営なので、
実は完全にオリジナルな計算式で会計をやってます。

しごく単純に「現金が尽きたら即死亡」というルールで、
仕入れが先行した場合、それはそのまま全額マイナスで計上します。

会計のルール上は仕入れをした商品は現物として
お金が資産に代わって資産として計上できるという
ルールがあるんですが、その考え方は採用してません。

私の考え方の根本は
ー100万円仕入 + 売上0万円 = ー100万円です。
最初のマイナスは貯金から捻出します。

この時点で予算ちょーだいとよく尋ねられるし、
予算いくらにしようかなと考えることになります。

会計上は
ー100万円仕入 + 売上0万円 = 資産100万円
という考え方が基本です。
現金が資産になっただけで、収支はトントンという意味です。

どちらを採用するかは仕分けした数字を
どう加工するかのセンスになります。

財務担当者の腕が鳴るところでしょう。
でも、会計ルールってイマイチピンと来ないんですよね。
資産価値って「たられば」じゃないですか。

もし、その商品が売れたらいくらになるという
価値を算出するためのものなので、
やっぱり売れなきゃゴミだなと。

商品ベースの利益率と、入金ベースでの現金増加率を見て、
黒字転換するのは何ヶ月後かな?という見方をしています。

Amazonの場合はリサーチがしっかりできていれば
半年ぐらいで行っちゃうので非常にペースが早いです。

その後はずっと黒字で推移するのでどんどん大きく転がせます。

先行投資する場合は、投資回収期間
3年以内を私は目安にしています。

ということで、数字の見方は人それぞれ自由だけど
この数字の見方が私にとって一番リアリティがありますね。

ということで、Amazon輸出は数字に強い人間が勝つ。
そういう市場です。

71GiGhhQVbL


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved