stickyimage

Menu

Amazon輸出で驚きの利益率。


私「えっ!?利益率が65%も出るの?」

彼「はい。2倍とか3倍で売れることもありますよ。」

昨日はAmazon輸出の新手法について対談を収録したんですが、
かなり驚きの数字を見せてもらったのでびっくりしました。

ビジネスは2つのパターンがあります。

1つ目は、売上重視型。

売上を伸ばせば利益は後からついてくる。
ということで、規模拡大を再優先する方法です。

市場を抑えてしまいたい場合や
スピード重視の場合はこの方法を取ることが多いです。

売上が大きければ借り入れもしやすくなるので
売上を作るという意味では効果的ですね。

2つ目は、利益重視型。

利益を重視する分、数は売れないけれど
商材と利益を確保することで安定した利益を確保します。

ということで、従来のAmazon輸出はどちらかといえば前者。

無在庫輸出の場合はリスクがないので
商品をとにかくたくさん並べて販売をします。

ただ、利益率はさほど大きくならないのが特徴です。
対談を収録した彼も、たくさん出品、発送して
勢いに乗ったと思いきや、あとで計算してみて
利益率5%や、一歩間違えると赤字になりそうだと
気づいた時背筋が凍りついたとか。

この時の戒めとして「仕事をやった気になってないか」を
常に見つめることにしているということ。

それでFBA販売の方に移行をすることにしたそうです。
FBAはAmazonの倉庫に納品する方法なので、
リサーチをしっかりすれば利益は確保できます。

利益率も20%から30%に向上して、
発送に追われることもなくなり、
かなり楽して稼げるようになりました。

無在庫だけをやってた時と比べると
比較にならないぐらい自由になったようですね。
ただ、ここでも価格差は徐々に縮小していきます。

あとはAmazon輸出をしてる人なら経験があると思いますが、
たくさん出してるとなぜか納品した商品に対して
ニセモノの指摘を受けたりすることがあります。

FBA納品しててアカウント止められたら
かなり大きな痛手を被ることになりますよね。

そういう意味でも、最近の傾向として
売上をとにかく追いかけるというよりは、
商品の絞込をする形で稼ぐ人が多くなりました。

そういうワケで、利益を確保できる商品が複数見つかり、
独自ルートの仕入先を確保し、それ以上の規模拡大に
意味が無いと気づいた人達は、やることがなくなります。

それでみんな、旅に出るという(笑)

ただ、その先の展開に失望してる人が多いですね。

そこでこの利益率です。

Amazon輸出らしくロジカルに数字は追いかけますが、
コツを掴めば誰でもノーリスクで稼げるなと。

非常に価値の高い対談になったので、
公開を楽しみにしててくださいね!

DSC02721


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved