stickyimage

Menu

【Amazon】意外と簡単!3ステップでできる、初めてのFBA出品


こんにちは。ジュンです。
Amazon輸出での大きな特徴の一つとしてFBA販売があります。
FBA販売とは、Fulfillment By Amazonの略称で、Amazonが所有している倉庫へ商品を
預けて、商品を販売することです。
そうすることによって、
・発送の手間が大幅に省ける→注文が入ったらAmazonがお客さんのところへ商品を梱包し
て発送してくれます。
・Amazonブランドが使える→アマゾンが持っている倉庫に預けているため、アマゾンも販
売を応援してくれます。
という特徴があります。
言ってみれば、一旦預ければ他のことをしている間でも、寝ている間でも商品を売ってくれ、売り上げ増加に貢献してくれるのです!
ただ、在庫を持って、なおかつ輸出となると、ハードルが高そうに思えるかもしれません。ですが意外と簡単にできるんです。
今回は特別にそのやり方を大好評しちゃいます!
(ちなみにFBAは大口出品でしか利用できません。大口出品登録がまだの方は、先にそちらの登録を済ませてしまいましょう!)

ステップ0 準備するもの

・発送用の商品:商品を発送するんですから当たり前ですよね笑 1回の配送で複数個をおくるのが一般的なので、まとめて仕入れてしまいます。
・発送ラベル(アマゾンのラベル貼りサービスを利用する場合は必要ありません):Amazonの倉庫に到着した時に、現地で商品を見分けられるように商品1つ1つに貼るためのラベルです。A4で24分割されているサイズぐらいのラベルがちょうどいいぐらいの大きさです! → ラベルシール 24面
・発送用段ボール:アマゾンの倉庫へ送る時は、通常はいくつかの荷物をまとめて送ります。その方が送料が安くつくからです。僕の場合は、170サイズの箱で毎回送っています。170サイズの箱もアマゾンでも手に入りますよ! → 170サイズ段ボール
・倉庫一括設定をしておく:何も設定していない状態では、1回の発送でも、勝手に別々の倉庫に送るように登録されて、余計に送料がかかる場合があるので、納品する倉庫を1箇所にまとめる設定をしておきます。Celler central右上の”Setting”→”Fulfillment by Amazon”→”Inbound secttings”→”edit”→”Inventory Placement Service”で設定できます。

余談その1

2

僕は商品を仕入れる際はエクセルでこのような利益計算表を作っています。
1シートに1箱あたりに入れる商品の情報をまとめておけば、事前にその箱から大体どれぐらいの利益がとれるのかも計算できますし、記録に残るので、追加で在庫を補充するときにも便利です!

ステップ1 商品を登録する

4

まずは購入した商品を登録するところから始まります。登録の仕方は簡単!出品したい商品を米国のアマゾンで表示しまして、その画面の右下あたりにある”Sell on Amazon”から商品の販売手続きをします。
すると下の画像のような画面となります。これは出品する商品の値段や管理番号などを記入するための画面です。

6

Item Condition:新品ならNew、中古ならUsedといったように商品の状態を選択します。
Condition note:商品の状態に対する一口メモのようなものです。
Quantity:商品の数です。FBAの場合は、後々の登録の時に入力するのでここでは必要ありません。
Standard Price:商品の値段を記入します。
Tax Code:特に入力する必要はありません
SKU:セラーが商品を管理するときに使用する管理コードのようなもので、自由な文字列で設定できます。空白の場合、自動的に割り振られるので、特に入力する必要はありませんが、せっかくなので自分が管理しやすい内容を入れておくと良いです。僕の場合は「出荷日付_通し番号_売値_原価_個数」というように入力しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これらの項目の入力が終われば、Continueを押して、確認したのちに、登録完了です!

ステップ2 登録した商品をFBA用に切り替える

image00

ステップ1で登録した商品は、まだFBAでの出品とはなっていません。FBA出品用にきりかえるために、まずSeller Central(販売管理の画面)に移り、そこから”Inventory”の項目の中の、”Manage Inventory”を選択して、ステップ1で登録した、FBAで出品したい商品にチェックをつけていきます。

image06

一通りの商品にチェックをつけ終われば、リストの真上の方にある”Action on ◯◯(選択した数)Selected”を押して、そこからChange to Fulfilled by Amazonを選びます。

image08

次に、上のような画面が出てきますので、商品を確認したのちに、右下の”Convert & Send inventory”を押します。まだ追加したい商品がある場合は、”Convert Only”のボタンで構いません。
これで、各商品のFBA出品への切り替えは完了です。

ステップ3 Amazon倉庫への発送手続きを行なう

image02

ステップ2で”Convert & Send inventory”を押すと、上のような画面となります。
(“Convert Only”を選択された方は、”Inventory”から”Manage FBA Inventory”を選択して、そこで商品を選択して、リストのすぐ上の”Send/Replenish Inventory”→”Go”で同様の画面になります。)
ここでは、“Create new shipping plan”を選択します。(すでに作っている箱に商品を追加したい場合のみ、”Add to an existing shipping plan”)
そして住所に間違いないかを確認したのち、その横の項目では、”Individual product”を選びます。(もし1箱に同一の商品だけを複数個入れて送る場合は、”Case-packed product”を選びます。)
選び終わったら、”Continue to shipping plan”をおして次に進みます。

image03

こちらの画面では、商品の個数を入力していきます。
赤枠の部分に送る予定の商品の個数を記入して、終わったら、下にある”contine”のボタンを押して次にいきます。

image01

この画面では、商品が壊れやすいものや包装がされていないなどして、包装が必要な商品を表示していますので、プチプチなどの緩衝材で包むようにしましょう!ちなみにこの作業もAmazonへ委託することもできます。
終わったらContineです。

image10

次はラベル印刷です。自分で商品のラベルを貼る場合は、こちらの画面から印刷します。画面下の部分にある、サイズを選択するところで、ラベルシールのパッケージに書いているサイズを選択します。選択した後は、”Print labels for this page”を選んで、印刷用のデータをダウンロードします。プリンタにラベルシールの台紙を入れて、ダウンロードしたデータを印刷すればラベルシールの出来上がりです。
印刷したラベルは各商品のバーコードの上に貼っていきましょう!
このラベル貼り作業ですが、Amazonに委託することもできます。1商品20セント(約20〜25円)でやってくれます。
登録は以下の2種類の方法で設定できます。
・初めてFBAをするときに出てくる画面から選ぶ(”Sign up for FBA label service”→”Accept Label Service”)
・Seller Centralから、画面右上の”Setting”→”Fulfillment by Amazon”→Optional Service→”Edit”→Who labels?→”Amazon”→”Update”
終わったら画面上の”Contine”を押して次に進みます。

image07

ここまできたらもうすぐです!
この画面では、商品を発送する箱自体の項目を入力していきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Shipping service:Small Parcel Delivery (SPD)→ダンボールで送る場合、Less Than Truckload (LTL)→いくつかの箱をパレットで送る場合、を選択します。通常はSPDなのでそちらを選択します。 Shippin Carrierは利用する運送会社を選択します。
代行会社に依頼される場合は、そちらのやり方を確認してください。個人で発送される場合は、UPS,DHLなどの運送会社をリストから選択します。
ちなみにエグゼクティブクラブでも、個人輸出を進めていかれる方を応援する代行会社、HASSO JAPANを運営しています。非常に使いやすいサービスですので、是非ご利用ください!初めて利用される方は、30日間無料で利用できます! → HASSO JAPAN
Shipment Packing:今回送る箱の数と大きさを記入します。箱の大きさをcmからinchに換算する場合はこちらが便利です! → 単位換算表
Shipping labels → 箱に入れるための納品書のようなものです。Print box labelを押してデータをダウンロードしたものを印刷して箱に入れます。(代行会社によっては、印刷せずにデータをメールで送る、というところもあるので、各社のやり方に合わせてください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上の作業が終われば、画面右下の、Complete shipmentを押して作業完了です!あとは運送会社に回収してもらって、アメリカの倉庫に到着するのを待つのみです!

最後に

いかがでしたでしょうか?
思ったよりも簡単だなと思われた方もいらっしゃるでしょうし、そうでない方もいらっしゃるかもしれません。ですが、慣れない中でもやってみると、最初はわからないことだらけですが、2回目からは要領がある程度つかめているので、サクサク作業を進めることができます!
個人輸出で学べること、出来ることは本当に数多くありますので、いろいろと悩むより、まずは実際にされてみることをオススメします♪
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in アマゾン , 書く人. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved